高校生講座を開催しました!

日本福祉大学アーチェリー部 高校生講座

日本福祉大学アーチェリー部では、同大学付属高校の生徒さんとの交流の機会として、土曜講座(高校生講座)を開催しています。

アーチェリー競技を幅広く知ってもらうことや競技体験を通した発見や感動を感じてもらうことはもちろん、スポーツ振興の一つとして捉えています。

本年は雨が心配されましたが、無事に開催することができました。

曇りでしたが温かい日となりました

曇りでしたが温かい日となりました

20名近い高校生が参加され、それぞれアーチェリー部員が指導者としてつき、丁寧に弓の持ち方、打ち方を教えていました。

皆さん、触るのも初めてでやや緊張気味です

皆さん、触るのも初めてでやや緊張気味です

はじめて挑戦する競技に緊張した面持ちで参加していた生徒さんも、的に矢が当たるととてもうれしそうに笑顔を見せていました。
講座後半には風船割り企画を実施しましたが、真剣に狙って風船を割る高校生の姿は、すっかりアーチェリーを吸収していました。

丁寧に指導し、楽しくアーチェリーを体験してもらいます

丁寧に指導し、楽しくアーチェリーを体験してもらいます

アーチェリーの細々した道具を説明中…

アーチェリーの細々した道具を説明中…

スポーツは様々ですが、こうした挑戦による達成感や新しいことへの刺激はとても大切だと思います。

最後には、恒例の1年生部員によるデモンストレーションとして「70m風船割り」を披露し、
高校生からの温かい声援を背に、風船を華麗に割る姿に、大きな拍手が送られていました。