カテゴリー別アーカイブ: 未分類

第53回女子王座決定戦結果を報告しました。

先日、学校法人日本福祉大学理事長、日本福祉大学学長へ2018年6月16・17日と静岡県掛川市 つま恋リゾートで行なわれた「第53回全日本学生アーチェリー女子王座決定戦」の結果報告を行ないました。

冒頭、アーチェリー部 小林典広主将(社会福祉学部 3年)より、王座位出場校決定戦で準優勝し、全国大会へ進んだこと。全国大会では、昨年度優勝校の長崎国際大学と対戦し、惜しくも敗れてしまったが、全国9位という成績が残したことを報告しました。

続いて出場選手の松浦由真(子ども発達学部 3年)、伊藤和子(スポーツ科学部 2年)、荻原紗良(子ども発達学部 2年)が自己紹介の後、当日の様子や心境、アーチェリー競技について理事長、学長に説明・報告をしました。

報告の終わりに、理事長、学長からは「全国大会に出場できるということは素晴らしいこと、貴重な経験、誇りになる経験と思います。今後もアーチェリー部の活躍を期待しています」と激励の言葉を頂き、小林主将をはじめ選手一同、次年度は男子・女子揃っての王座戦出場を目指し、決意を新たにすることができました。

既にアーチェリー部では、8月に開催される東海学生アーチェリー個人選手権大会にむけ、部員各自が練習に励んでいます。

今後の活躍にご期待ください。

児玉学長とアーチェリー部員

第29回全日本学生アーチェリー東日本大会が開催されました

5月12日(土)・13日(日)宮城県秋保リゾートホテルクレセント 森林スポーツ公園内 総合グラウンドにて東日本大会が開催されました。
この大会には、先般行われた東海学生アーチェリー王座出場校決定戦(予選)における成績上位者が出場でき、日本福祉大学からは、男子1名、女子3名が参加しました。

70mWW(70mラウンドを2回*2日間)を行い、合計144射の合計得点で順位が決まります。

以下、結果となります。

【全国】全日本学生アーチェリー東日本大会

【男子】 51位/1063点

【女子】 24位/1071点 30位/1032点 31位/1014点

太陽がこれでもかとばかりに輝き、少々暑い気候での競技となりましたが、集中力を切らすことなく打ち切ることができました。
全日本クラスの大会に出場し、上位選手からの刺激や試合全体の雰囲気から、アーチェリーの技術だけでなく、学ぶことの多い機会となったと思います。
また、昨年度も出場した学生で成績を伸ばした学生もおり、日々の練習や気持ちが結果に現れていると感じます。