タグ別アーカイブ: 東海キャンパス

【東海 経済学部】チャリティパン「パンのトラ」とコラボ

8月26日(日)、東海オープンキャンパスにて、「スペイン窯 パンのトラ」と共同して作ったパンの試食会を行いました。

この企画は、経済学部の鈴木健司准教授が率いる学生有志が、株式会社トラムスコープ「パンのトラ」と一緒に24時間テレビ「愛は地球を救う」のチャリティパンとして、商品企画を行っています。
今年で4回目となる今回は、初めてのオール女子学生メンバーでコラボ企画に取り組み、「地元」や、「人生を変えたパン」(今年の24時間テレビのテーマは「人生を変えてくれた人」!)をキーワードとして、4種類のパンをコラボパンとして作り、26日のオープンキャンパスでは、3種類のパンの試食を140食用意しました。
■しらマヨおむすび■
南知多産のしらすと美浜町野間漁業協同組合の海苔を使用し、おむすび型に包んだパン。
■こんこん栗~むパン■
半田市出身の児童文学者・新美南吉の代表作である「ごんぎつね」をイメージして、キツネ型
のパンに栗のペーストクリーム詰めたミニサイズの菓子パン。
■みかんパン■
みかんの果汁をクリームに使用し、皮はみかんの断面をイメージした
ン。愛知県産の食材を
使用し、インスタ映えを意識したパン。

 

 

 

 

 

今回の試食会では、昨年このプロジェクトに参加した先輩学生も手伝いで参加してくれました。学生たちは、自分たちが企画したパンを楽しそうに来場者に案内していました。
試食をした高校生は、「見た目可愛くて、食べたら美味しかったから驚いた。おもしろい取り組みをして興味持った。」と話してくれました。

プロジェクト参加学生の1人で経済学部2年の下堂薗麻友さんは「最初はみんなの意見がバラバラで、どんなパンを作るか考えることが大変でした。その中で、今年の24時間テレビのテーマである『人生を変えてくれた人』というストーリー性があり、作りやすくて、自分達が食べたいと思うパンを選びました。この経験から、ゼロからものを作る大変さと同時に、達成感を感じました。将来の進路はまだ検討中ですが、ものづくり企業も視野に入れて行きたいと思います。」と感想を話しました。