岐阜オレンジリボンたすきリレー参加!

子どもたちの笑顔を守りたい

2018年11月28日(日)に岐阜オレンジリボンたすきリレーが開催され、日本福祉大学から学生4名と社会福祉学部の横山由香里准教授が参加しました。

今回で11回目となる、岐阜オレンジリボンたすきリレー。子どもたちの笑顔を守りたいという願いを込めて、岐阜県内の4コースを駅伝方式でそれぞれのたすきをつなぎ、ゴールである岐阜メモリアルセンターを目指します。

日本福祉大学チームは、長良川コースの最終区を務めました。

午前9時30分。快晴の中、各務原市市民公園を長良川コースの第1区がスタート。第2区への中継地点である野一色公園へ向かいます。

第2区、第3区とつながれたたすきを、最終区のスタートである長良公園で受け取った学生たち。岐阜県総合医療センターで活躍している卒業生や、岐阜シティー・タワー診療所の先生や看護師さんたちと一緒に、ゴールを目指して走り出します。

  

笑顔を守る思いをつなぐ以上、笑顔で走ろうということで、スタートから、みんな笑顔で駆け抜けます。

長良公園から金華橋まで川沿いの高橋尚子ロードを走り、岐阜の景色を味わいながら、沿道では地域の方が声をかけてくださる場面もあり、無事にゴールのメモリアルセンターまで到達することができました。

  

ゴールでは、県内各地からスタートした全4コースのランナーが集結。この日は地元FC岐阜の試合が行われるとのことで、大勢の観客に囲まれながら、メモリアルセンターのスタジアム内に設置されたゴールテープを一斉に切りました。

試合のハーフタイムにはスタジアム内をパレードし、児童虐待防止のPRをおこないました。

 

多くの方に、オレンジリボンの周知と共に、児童虐待防止について考えるきっかけをつくることができた1日でした。参加されたランナーのみなさま、実行委員のみなさま、お疲れ様でした。