作成者別アーカイブ: cocplus

下呂市役所オーダーメイド型インターンシップ

2020年2月3日から7日の5日間、社会福祉学部3年の荒井拓海さんが下呂市役所のオーダーメイド型インターンシップに参加しました。学生が学びたい要望に応じて受け入れ先にプログラムを作ってもらうこのインターンシップ。行政機関では初めての実施となりました。

今回、荒井さんの希望は福祉課。生活保護ケースワーカーの仕事に関心を持ち、大学で学びを続け、今回はその現場を経験したいと自らインターンシップに申し込みました。

5日間を終えたばかりの荒井さんに話を伺いました。

―5日間お疲れ様でした。いかがでしたか?

5日間毎日とても内容が濃く、正直、疲れましたが、とてもいい経験になりました。今から愛知県に帰るのが不思議で、このまま下呂市にいる方が自然に感じます。学びは想像以上でした。

―具体的にはどんな経験ができましたか?

最初に下呂市や福祉課、ソーシャルワーカーの仕事について説明を受けた後は、初日から支援対象者のご自宅訪問に同行しました。観光地である下呂市ならではの特徴があることを学ぶことができました。

―他にはどうですか?

5日間、毎日どこかには同行していました。ご自宅以外には、ケース会議や社会福祉協議会などの連携先、病院にも伺いました。実際に現場に行くことで、今まで大学の講義で受けてきたことが、「こういうことだったのか」と、頭だけでなく身体で理解できました。

―下呂市のイメージはどうですか?

率直な感想は、こういう所に住んだら楽しそうだと感じました。私の地元は2軒隣にどんな人が住んでいるかが分かりにくい、いわゆる都会です。今回、初めて地方で生活したのですが、近所の人が、お互いに知っていて、助け合いが自然にできることの魅力を感じました。大学の講義で学ぶ地域連携という言葉を実際に肌身で感じることができ、これが本来の「ふくし」の姿なんじゃないかなと思いました。

―地域のつながりも感じたのですね

はい。インターン期間は、地域おこし協力隊で下呂市に住んでいらっしゃる鈴木亘さんのご自宅に民泊させてもらいました。鈴木さんは古民家をボルダリングジムに改装されていて、宿泊中も地域の方がボルダリングに通われている地域の方とお話できました。

 

―どんな関わりがありましたか?

一緒にボルダリングをしたり、たこ焼きパーティーをしたり、地域おこし協力隊の会議にも参加させてもらいました。最初はホテルか民宿に泊まる予定だったのですが、民泊させてもらって本当によかったです。福祉課でのインターンシップ以外でこんなにも学びがあるとは思っていませんでした。

―卒業生とも会われたと聞きましたが、どうでしたか?

はい。公務員の仕事について、率直に包み隠さず感じていることをお話してもらいました。インターネットや説明会では絶対に聞けないような話もしてもらえたので、自分としては貴重でした。実際に働く前に、いろいろな面をできる限り知っておきたいのでよかったです。

―参加する前と後でどんな変化がありましたか?

この仕事をしたいという思いが強まりました。大きかったのは、自分がありたいと思う目指すソーシャルワーカーを実践されている方に出会えたことです。参加前は、ケースワーカーに辛いイメージしかなく、就くことに迷いがありました。でもインターンを終えて、この仕事を目指そうという思いが強くなりました。

―それはどうしてですか?

私は、相手の方としっかり関わっていきたいと思って勉強してきました。ただ、それは良い面も悪い面もあると、今回のインターンで学びました。それでも、それを実践されている地域、ワーカーさんもいると知れて、自分のソーシャルワーカーとしてのあり方が明確になりました。

〜編集後記〜

インタビューから、今回の5日間が荒井さんにとって、とても重要な時間になっていたと感じました。インターンシップでの学びはもちろんですが、地域と関わる、地域を知ることの大切さ。こちらも勉強になりました。

準備段階から運用まで尽力いただいた、下呂市役所、鈴木亘様、関係者の皆様、ありがとうございました。

地域包括ケアシステム現場見学会開催

20年後の社会課題を検討

2020年2月6日(木)、岐阜市にある医療法人社団友愛会で『地域包括ケアシステム現場見学会』を開催しました。岐阜市長良の地で、120年以上ヘルスケアで地域の暮らしを支え続けてこられた友愛会。地域福祉に関心がある学生たちの期待が高まります。

岩砂病院・岩砂マタニティーから見学会はスタート。最初は、産科医で法人の理事長である岩砂先生のお話を伺います。ご自身の仕事観や法人のビジョンなど熱い想いを語っていただく岩砂先生。「誰に、何のために、何を提供していくか。その仕事の本質を考えて欲しい。」との言葉は、今後社会に出て働こうとしている学生たちにとって、とても重要な問いかけでした。

 

お話の後は、地域連携室の職員さんから実際の現場の仕事について説明を伺い、病院内を見学へ。実際のカンファレンスの場に同席させていただくこともでき、法人のビジョンをどのように現場で実現しているのかを体感することができました。

 

後半は、複合型施設『You&Iの森いわのだ』に場所を移し、実際の利用者さんの事例を用いながら、施設と地域について話を伺います。地域の方が、いつまでも住み慣れた土地で暮らし続けられるように、小規模多機能型の施設など設置。多世代が交流できる場所と仕掛けをつくり、その交流の輪を地域の輪に広げ、住みやすい地域をつくるための取り組みを学ぶことができました。

最後は、「20年後の社会資源を考える」をテーマに、職員さんも一緒にワークショップを行いました。昨年4月に入職した本学の卒業生も参加し、現在の「普通」が普通ではなくなり、時代が次のフェーズに移行する中、地域にどんな課題があり、どんな社会資源をつくれば解決できるのかを考えます。

   

過疎の加速や、ニーズ・言語・価値観の多様化、情報・健康格差など、学生たちからは様々な課題が挙がります。今回のワークは、その課題と、新時代のテクノロジーを用いて社会資源のアイデアを検討。コミュニケーションドローンや、ニーズを読み取る全自動バスなど、学生たちの柔軟な発想からたくさんの社会資源が生まれました。

新しい時代、新しい社会で、働き、生きていくことに対して、前向きに取り組む力をいただけた1日になりました。お忙しい中、準備からご対応いただいた友愛会の皆様、ありがとうございました。

〜参加学生の感想〜

・カンファレンスを実際に見ることで、どんなことが話されているのか、他の職種とどう関わっているのかを学ぶことができた。

・理事長先生の話を聞き、考えながら働くこのと必要性を感じた。

・これからの社会を考えるワークはとても勉強になった。

・MSW(医療ソーシャルワーカー)を目指していなかったが、患者さん本人の暮らしだけではなく、その家族の暮らしまで考える大切さを知って、興味がわいた。

・経営理念にとても共感でき、地域をつくっていく手伝いを改めてしたいと感じた。

教員職場見学会開催

活躍の場を知る

2020年2月3日に、岐阜県の特別支援学校教員が活躍する現場を知る「教員職場見学会」を開催し、岐阜県で特別支援学校の教員を目指す学生達が参加しました。見学に伺った先は、岐阜県立岐阜盲学校と、重症心身障害がい児施設すこやか(地方独立行政法人岐阜県総合医療センター内)の2か所です。

まずは、開校126年を迎える岐阜盲学校へ。日本福祉大学の大先輩である林亨校長先生に出迎えていただき、学校の成り立ちや歴史、現状についてのお話を伺いました。地域に開かれた学校を目指し、オープンキャンパスなどは、誰でも参加できる内容に。毎月、地域の方が学校の周辺の掃除を担当するなど、地域との深いつながりが感じられます。

  

後半は、こちらも日本福祉大学のOGである山田秀代教頭先生に学校内を案内いただきました。盲学校ならではの建物設計や生活ルールを伺いながら校内を見学。図書室では、触れる絵本や拡大鏡など、実際に体験しながら理解を深めました。

林先生のお話や現場の見学から、地域や社会に積極的に働きかけていく姿勢や実際の取り組みを学ぶことができ、学生たちの教員の職業理解が深まりました。

午後からは、重症心身障がい児施設すこやかの見学です。この日は、長良特別支援学校の訪問教育が行われていたため、早速その場に同席させてもらいました。皆で一緒にパプリカを合唱し、生徒さんも楽しんでいる様子。1対1で、生徒さんの反応を見ながら丁寧に関わられる授業の様子を間近で見学出来たことは、大変貴重な機会になりました。

   

授業の後は、卒業生で児童発達支援管理責任者をされている中村仁隆さんに、施設の見学と現在の取り組みや課題についてお話を伺いました。障がいがある子どもたちの支援について、現場からの想いを語られる中村さん。学生たちは、将来自分たちが担っていく仕事の意義や意味について、あらためて考えることができました。

今回の見学会を経て、教員の仕事について視野が広がったと同時に、岐阜で活躍する先輩方の働きに触れることで、岐阜県で働くことへの意欲も高まったようです。

お忙しい中ご対応いただいたみなさま、ありがとうございました。

岐阜で活躍するふくしマイスタープラスの姿①

地元住民の生活を支える地域づくりに力を注ぐ

2019年3月。ふくしマイスタープラス第1期生が誕生。社会に出て1年が経とうする彼らが、どのように地域で働いているのか、話を聴きに現場へ伺いました。1人目は、地元中津川市の社会福祉協議会で働く原奏恵さんです。

―どんな仕事をしていますか?

私が担当している仕事の一つが、生活支援体制整備事業の生活支援コーディネーターとして地域に出向くことです。この事業は、生活の中のちょっとした困りごとを、その方が暮らす地域の中で解決できる地域をつくることが目的です。主には、高齢になられて、電球が切れたけど取り替えられないとか、大きなゴミが出たけど一人では運べないなどの困りごとを地域のご近所で助け合える仕組みや意識づくりです。

―具体的にどんなことをするのですか?

例えば、情報の発信です。「生活支援体制整備事業」と言ってもわかりにくいので、この事業の説明や、私のようにつなぐ役割がいることを地域の人たちに知ってもらうために、案内のチラシ作成や、広報誌、ホームページで取り組みを紹介しています。取り組みが地域で共有されて、事業について理解をしてもらい、このような支え合いの必要性が伝わるよう努力しています。

―地域との関わりはどうですか?

地域の集まりに足を運んで、関係づくりをしています。体操を一緒にすることや、お茶を飲みながら会話をする中で、社協の取り組みもお伝えしていきます。でも、困りごとを伺って、「それは大変ですね」で終わってしまうこともありました。今後は、それを地域で解決できるようにつながりづくりに取り組んでいきたいです。

―仕事をする上でどんなことを大切にしていますか?

これまでの先輩たちが築いてきた地域との関係です。私が担当地域のサロンなどに出かけると、「よくきたね!」と言って、みなさん本当に暖かく迎えてくれます。これは、地域の方の人柄もありますが、これまでの職場の先輩方が長年かけて築いてきた信頼なのだと感じます。それを忘れないように、私も地域の方を信頼し、信頼してもらうことを大切にしています。

―1年間働いて印象に残ったエピソードを教えてください。

印象に残っている嬉しかったことは、担当地域の取り組みを広報誌に掲載した時に、普段はあまり広報誌を見ていない方が、お会いした時に記事を持ってきて、掲載してくれてありがとうとおっしゃってくれたことです。自分が発信することで喜んでくれる人がいて、自分が認められたような気がして嬉しかったです。きっと、相手の方も同じ気持ちになっていたのかなと思うと、今後も、いい取り組みをもっと発信していきたいです。

―仕事をしてから自分が変わったと思うことは?

自分が生まれ育った地域なのに、地域ごとの特性まで知らなかったことに気づきました。実際に働いてみて、地域づくりはその地域の特性をよく理解して関わっていく必要があると学びました。例えば、地域の人が集まるサロンが、人がつながるきっかけになる地域もあれば、それが必要ない地域もあります。その特性を理解していないと、うまくいかないなと感じています。

―思っていたことと、やってみて感じたことが違ったのですね

はい。大学の卒業研究で、地域共生社会をテーマに取り組んでいました。そこで感じたことは、少し言葉は乱暴かもしれませんが、国が制度をつくって、地域に丸投げをしている印象でした。でも、実際にこの事業に携わると、地域の資源や状況、課題、地域性が違って、ほかのところでうまくいった事例が当てはまらないこともあるとわかりました。地域の特性に合わせて、専門職だけでなく地域の方と一緒に取り組んでいくことが必要だからこそかなと思うようになりました。

―大学の学びや経験で、今につながっていることはありますか?

全てつながっていると思うのですが、すぐ出てきません(笑)。でも、一つ挙げるとすると、取り組む姿勢です。大学時代に、卒業生の方の取材に何度か伺った時に、挑戦すること、やってみることの大切さを学びました。それは、就職活動でも、今の仕事でも活きています。例えば、仕事であれば、自分の考えは上司に言葉にして提案するようにしています。

―今後は、どんなことに挑戦していきたいですか?

みんなでこの地域を良くしていく風土というか流れをつくっていきたいです。社協だけとか、住民だけで取り組むのではなく、みんなでどうしていきたいかを今よりも、もっともっと話し合って、共通の方向性を考えて、一緒につくっていけるような関係にしていきたいです。

【編集後記】

終始笑顔で語ってくれた原さん。生まれ育った中津川市への地元愛が伝わってくると同時に、地域の「みんな」で、今後をつくっていきたいという強い想いを感じました。今後もたくさんの経験をしながらさらに活躍の場を広げていく姿が楽しみです。

お忙しい中ご協力いただいた中津川市社会福祉協議会の皆様、ありがとうございました。

2019年COC+成果発表会開催

 体験と学びを発表

2019年12月14日[土]、岐阜COC+事業推進コンソーシアム成果発表会が岐阜大学で行われました。

今年の成果発表会は、本学から、社会福祉学部3年の新井さんと杉岡さん、健康科学部2年の藤原さんの3名が、それぞれの取り組みと学びを発表しました。

第1部は、今年の夏に行われた、サマースクールin飛騨の発表。今年度のサマースクールは、高山、下呂、飛騨、白川の4コースで実施したため、4チームが、それぞれのコースの説明や、サマースクールで検討した地域課題解決への提案について発表しました。

健康科学部の藤原さんは、下呂市コース代表として登壇し、サマースクールで最優秀賞を受賞した提案を発表。下呂市を知ってもらうための取り組みや、若者向けのアイデアなどが提案され、会場にお越しいただいた下呂市役所の職員様からも、あらためて好評を頂けました。

 

後半は、各大学から、代表者がその大学独自の取り組みについて発表します。本学の発表は、今年の8月に、社会福祉法人新生会様と取り組んだ課題解決型インターンシップについて。新生会様のサンビレッジ岐阜で開催されている「小学生のお仕事体験」にスタッフとして参加し、小学生に医療・福祉の仕事の魅力を伝える方法などを考え、提案しました。

今回の発表では、インターンシップの際には発表されなかった、この経験を通じての学びや、今後の目標も語られ、学生たちの学ぶ力の成長に、会場から大きな拍手が送られました。

 

当日の発表の様子は、こちらからご覧いただけます。

サマースクール(藤原さん)|https://youtu.be/XTuBxyuMSC8

課題解決型インターンシップ(新井さん、杉岡さん)|https://youtu.be/ARbZPv_8Lms

共生社会のまちづくりワークショップ開催!

地域をつなげて、地域をつくるを体験

2019年12月21日(土)、岐阜県各務原市のフェニックスグループで、「共生社会のまちづくりワークショップ」を開催し、日本福祉大生8人が参加しました。今回は、フェニックスグループの職員様だけでなく、協力いただいた各務原市からも職員様にお越しいただき、学生たちの学びをお手伝いいただきました。

フェニックスグループは、保健・医療・福祉サービスを通じて、地域づくりを進めているトータルヘルスケア・グループです。今回のワークショップでは、そのフェニックスグループが取り組んでいる地域共生社会モデル『つながる街ゴザーレ計画』の実現に向けて、学生たちが学生視点で提案を考え発表します。

ワークショップは、ドクターズレストラン『GA楽』でのランチからスタート。36種類以上の食材で作られるランチは、毎日売り切れになる人気メニュー。グッドデザイン賞を受賞された建物は、地域の方やデイケアの利用者など、様々な方が利用できる交流スペースにもなっています。

専務理事の長縄直子さんから『GA楽』のコンセプトや、ワークショップのテーマにつながる、今後のフェニックスグループの展望についてお話しいただき、学生たちの意識も高まります。

 

美味しいランチをいただいた後は、室長の吉田理さんに案内いただき、施設見学へ。フェニックス総合クリニックでは、地域包括支援センターやデイケアセンター、リハビリガーデンを回りました。ほとんどの部屋の壁は、入院される患者さんや各種サービスの利用者さんが、地域で生活する意欲が高まるようにと、外が見える大きなガラス張りになっていることが、学生たちも印象的だったようです。

次は、特別養護老人ホーム『メゾンペイネ』へ移動します。メゾンペイネでは、事業所内託児所や児童クラブが併設されており、利用する子どもたちとの交流もされているとのこと。また、入所されている方とデイサービスの利用者が一緒に活動するなど、交流の仕掛けが様々されていると、施設長の汐見康さんから伺いました。

 

最後は、ワークショップの会場でもある特別養護老人ホーム『DANKE』へ。本学の卒業生であり、12月1日からスタートした障がい者就労移行支援事業『VIVAローゼ』責任者の山田美穂さんから、フェニックスグループの取り組みや、各務原市の特徴についてお話を伺い、ワークショップが始まりました。

まずは、各務原市の地域課題が書かれたカードから、各チームで取り組む課題を検討。Aチームは、認知症と孤立・孤独、Bチームは、移動難民と孤立・孤独を選びました。ここからは、フェニックスグループの職員様や、市役所の職員様もグループに入り、学生たちと一緒に、課題の解決案を考えていきます。

   

ただアイデア考えるのではなく、地域資源を「つなげて」新しい取り組みを考えます。学生たちは、地域資源カードをヒントに、そこにない資源も付箋で追加しながら、複数の資源を活用した取り組みのアイデアを捻出しました。最初は、一般的な意見しか出ませんでしたが、徐々に頭もほぐれてきて、学生ならではの斬新な意見も。

最後の発表では、孤立する家庭に訪問し開催する「移動式子ども食堂」や、子どもたちが各家庭に食材を届け、交流を図る「子ども配達」、商業施設や学校内にデイサービスをつくるなど、たくさんのアイデアを提案しました。

 

職員の皆様からは、新しい視点での意見が聞けて勉強になった。今日考えたことをぜひ社会に出て実現させてほしい。とエールをいただきました。

今日のワークショップは、学生たちにとって、共生社会を考える貴重な経験となりました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

〜参加学生の感想〜

・地域共生社の実現に向けたプロセスを知ることができ、実際に現場で仕事をしていく時に、どう考えていくのかイメージができた。

・大学では学ばないことを、具体的に考える良い機会だった。様々な分野が全部つながっていく共生社会のあり方を考えることができた。

・大学では、制度や事例を学んでいるが、その現場に行くことが少なかったため、有意義だった。

・施設の見学から、ワークショップでの職員の方達との意見交換まで、とても貴重な時間だった。もっと柔軟な発想ができるように、様々な場所に足を運んで行きたい。

【参加者募集】共生社会のまちづくりワークショップ

地域が抱える課題を「つなげる」で考える

岐阜県各務原市に本拠地をおくフェニックスグループは、保健・医療・福祉サービスを通じて、健康で活気がある地域づくりを進めているトータルヘルスケア・グループです。

今回は、その地域づくりの現場に触れながら、地域が抱えている様々な課題について、どうしたら解決していけるのかをまちづくりの視点から考えていきます。

地域づくりやまちづくりに関心がある学生はもちろん、高齢や障がい者、児童など多分野支援に関心がある学生さんにはおすすめの企画!

これからの地域貢献の在り方について、一緒に学びましょう。

◆日時|2019年12月21日(土)
◆場所|フェニックスグループ
◆定員|先着20名
◆参加費|無料
◆服装|自由

当日は、美浜キャンパスから現地までバスが出ます。
スケジュールや法人の概要など、詳細はチラシをご覧ください。

>>チラシ

申込は、こちらのフォームからおこなっていただけます。

>>申込フォーム

地元就職活動体験報告会2019開催!

岐阜県への就職が決定した4年生に、就職活動や大学生活をどのように過ごしてきたかを語ってもらう「地元就職活動体験報告会」を今年も開催しました。

今回登壇した4年生は、公務員、社会福祉協議会、企業と様々な分野での就職が決定しています。

最初に、それぞれ自己紹介をしてから、早速、どのように就職活動を進めてきたかをテーマに後輩に向けて話しをしていきます。

5人とも、自分が志望する先に内定しているなか、受験数は、1または2事業所のみ。10事業所位は受けるものだと思っていた後輩たちは、その数を聞いて驚いている様子。

しかし、受ける以前に、応募先を理解していることや、自分が目指す以外の分野にも触れて、視野を広げたうえで、志望先を選んでおり、準備にはしっかり時間をかけて取り組んでいたとのこと。

 

特に、インターンシップや実習で、職業理解を深めて就職につながった先輩が多く、後輩たちも現場に触れることの重要性に気付いたようです。

後半は、小グループに分かれての座談会です。お菓子を囲んで、聞きたいことを自由に話し合いながら、後輩たちは、先輩たちのこれまでを参考に、自分たちの今後を考えます。

終了後、就職活動への不安が減り、色々と取り組みたいことを口にする後輩学生たち。その様子を見て、先輩たちも刺激を受けたようです。

 

岐阜キャリア相談コーナーでは、岐阜県内の法人や社会福祉協議会、企業でのインターンシップや見学のコーディネートを行っています。

年明けの春休みに活動を考えている学生さんは、是非、一度お越しください。

「わたしがGifuで働く理由Ⅱ」発行!

凝縮された、卒業生のはたらく想いが冊子に!

学生と共に取り組んでいた岐阜県で活躍する卒業生のインタビュー冊子が完成しました。前回の冊子が好評であったため、第2弾の企画が動き出し、約半年。ブログでもその様子をお伝えしてまいりましたが、岐阜県内14事業所計16名の先輩の職場を訪問しました。

公務員、教員、企業、医療福祉現場と、幅広い分野・地域で活躍する先輩との交流は、取材をした学生たちにとって、それぞれが目指す「はたらく」を考えるきっかけに。岐阜県で育ち、愛知県で学んだ先輩たちのいい刺激をたくさんいただけました。

先輩たちの岐阜県への想いが詰まった冊子は、各キャンパスの岐阜キャリア相談コーナー等に設置していますので、ご自由にお持ちください。

オンライン版は、こちらからご覧いただけます。

オンライン版

ご協力いただいた皆様、お忙しい中ありがとうございました。

郡上企業見学会2019

郡上の観光産業を体感

2019年10月19日に、COC+参加大学共通プログラムの郡上市企業見学会が開催されました。今年で4回目となる郡上での企業見学会。昨年に続いて、郡上の観光産業を代表する2つの企業を訪問しました。

最初に伺った企業は、観光農園「ひるがの高原牧歌の里」を運営する、株式会社牧歌コーポレーションです。

農業公園をテーマとして1996年に創業。観賞用の花の栽培や、動物の飼育施設を中心に運営されている牧歌の里には、年間25万人の観光客が訪れています。

 

見学会は、会社の説明からスタート。牧歌コーポレーションの取り組みについて、近年の社会情勢や郡上市を状況に沿ってお話いただきました。

全体像を伺ったあとは、園内を自由散策。あいにくの雨でしたが、観光者目線と、企業目線の両方から見ていくことで、学生たちの視野が広がります。

続いての見学は、標高日本一のサービスエリア「ひるがの高原サービスエリア」を運営する株式会社スクラムです。

「笑顔で迎え、笑顔で帰す」を理念に、観光客へのサービスを提供するほか、雇用創出や事業連携をすることで、郡上市高鷲地域で生活する人々の生活を守る役割も担われています。

会社の説明では、今の大学生が今後社会に出ていくときに必要になることを交えてお話しいただいたことで、学生たちの今の学びと将来の就労が近づきました。

 

後半の質疑応答では、増加する外国人観光客への対応の取り組みや、通常の小売店との違いについて、また、集客や労働職確保の工夫について学生たちから質問がされました。

岐阜県の優良事業所を訪問する企業見学会。現場を自分で見て、直接話を伺い、企業を知ることで、より、働くイメージが描きやすくなります。参加した学生たちは、またひとつ、貴重な経験を得ることができました。

次回は11月9日に西濃地域で開催されます。