「キャリア開発Ⅰ―内定学生報告会―」

 経済学部では、2年生の前期から、就職やキャリアデザインについて学ぶ授業があります。
今日は、2年生の「キャリア開発」の内定学生報告会の模様を紹介します。
担当は上田和宏先生で、企業の人事の方や、キャリアアドバイザーの講師がゲストとして登場します。
今日は、内定を多く決めた千賀さん、松原さん、岡本さんの3名の4年生が、2年生に向けて、その努力の成果について報告をしてくれました。

IMG_0413

千賀さんは金融機関やメーカー、流通等に内定。就職活動前に志望する業界について勉強し、興味関心を広げておいた方がいいこと、就職活動中は、オンとオフの切り替えを大事にし、メリハリをつけ、大学の学習も怠らないようにとアドバイスをしていました。
続いて登場した松原さんは食品メーカーに内定。企業が求める人材に対し、どんな風に自分をアピールしていったらいいか、岡本さんは自分が就職したい企業に対し、どのような行動をしたのかなど就職活動の考え方や動きについて経験談を踏まえて話していました。

IMG_0449

岡本さんは、金融・保険を中心に複数内定。就職活動の流れや企業選びのポイント、実際に選考を受けて、成功談と失敗談を紹介しました。ポイントとして他の学生とコミュニケーションをとることや、
自身をなくした際の相談相手(キャリア開発課の方、友達、先輩、両親)を持つことが話されました。
就職活動に対してイメージがしにくい2年生も、こうした先輩の経験を踏まえた話を通して、今後の行動を考えるいい機会になったと思います。

授業をきいた2年生は皆真剣な表情で、質疑応答では積極的に手が挙がる姿も見られました。
後期のキャリア開発では、より実践的な授業が行われます。
(モリタ)