2015年度経済学部優秀学生表彰

★★伊藤・安井

経済学部では毎年学業成績が優秀であった学生および、到達度試験の成績上位者、
ゼミナール、プロジェクトにおいて顕著な活動をおこなった学生に対し、学部長より表彰を行っています。

今年も6月17日(木)に優秀学生表彰が東海キャンパスで行われました。
今年の対象は昨年度の成績評価GPAの学年上位5名、および学部から推薦された特別表彰で、2年生5名、3年生5名、4年生12名、計22名が成績優秀者として認定されました。

はじめに、曲田経済学部長より「努力し結果を出したことに自信を持って、東海キャンパスでもがんばってほしい。4年生は就活にこの表彰を積極的に活用してほしい」とお祝いと激励の言葉をいただき、一人一人に表彰状が渡されました。

IMG_1574

その後の歓談において、受賞学生一人一人が思いや決意を述べました。

★

2,3年生の受賞学生は、「部活動をしているから、という言い訳をせずに、両立を頑張った」「専門分野を深めたい。取得が困難な資格でもチャレンジしたい」「将来、進みたい進路が定まってきて、今後もさらに学習を頑張っていきたい」「来年も絶対この場にいたい!」と、これまでの苦労や今後の展望について述べてくれました。

★★岡部・長谷川・谷川原

4年生の受賞学生は、後輩に向けて就職活動や教育実習の経験をふまえ「資格を取得するなら、目的意識を持って取り組むこと、就職活動では、なぜその資格を取得したかが求められる」「努力というのは、必ず結果となってついてくることを実感した。思いを強く持つことが大切です」「支えてくれる人がいることを忘れないでほしい」「新聞をよく読むこと。世の中で起きていることを理解すること」と熱く暖かいメッセージを送りました。

最後に、表彰式に出席された教員全員から、受賞者にお祝いの言葉を送り、非常になごやかな雰囲気で表彰式を終えました。

人より努力をして、結果を出すというのはとても難しいことですが、受賞学生の皆さんは本当に素晴らしい業績を残したと思います。おめでとうございます!