名古屋市消費生活センター見学

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年9月15日 近藤ゼミ2年生は、名古屋市消費生活センターに見学に行きました。情報アドバイザーの島田佳江さんから、消費生活センターの概要の説明や、若者に多い消費者トラブルについての講義をしていただきました。また、併設されている商品テスト室では、衣服や家電製品、食品など消費生活相談に持ち込まれた商品等について、トラブルの原因を解明するための実験を行っている様子などの説明を聞き、様々な機器を見せていただきました。

<参加した学生の感想文から・・・>
*消費生活センターについて
・平日の相談体制が11人体制と聞いて、相談が多いのだなと思いました。また、消費生活センターはほとんどの自治体にあり、相談の電話があると相談者の最寄りのセンターに紹介しているということもわかりました。
・講師の方のお話から、スマホ、携帯電話の使い方について気をつけなくてはならないとあらためて思いました。
・消費者被害などについて、自分も常に注意しているけれど、お話を聞いて、あらためて気をつけて、自分だけでなく家族や友人など周りの人にも注意を促していきたいと思います。
・悪質商法にも気をつけようと思いました。
・自分の弱みを知ることは重要だと知りました。講師の方によれば、大学生の弱点は「SKE」とのこと。S=就職、K=金、E=エステ(美容)!

*商品テスト室の見学を通して
・センターに商品テストの部屋があることに驚きました。
・商品テスト室には見たこともない機材などがたくさんあり、見ていて楽しかったし、お話も面白かったです。
・商品テスト室で、普段使っている洋服の汚れの原因や家電製品等の故障の原因を徹底的に追究していることに驚きました。消費生活センターの仕事内容の一部を見ることができてよかったです。
・カセットコンロの危険性を知ることができ、勉強になりました。

*全体を通して
センターの方々は、他人のために役に立てる仕事をしておられ、素晴らしいと思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA