【企業との協働】みんなで作ろう、チャリティパン!

昨年度、経済学部が地域研究プロジェクト「はんだプロジェクト」で取り組んだ、地元の食材を使ったチャリティパンの開発-。今年も引き続き、経済学部の鈴木健司先生が率いる学生有志が㈱トラムスコープの「スペイン窯 パンのトラ」とコラボし、美浜の塩を使った4つのパンを開発しています。

完成したパンは、827日~28日(土・日)に開催される24時間テレビの企画として、パンのトラ安城店で販売されるのを始めとして、28日(日)に開催される東海キャンパスのオープンキャンパスでもお披露目をします!
また、一部のパンはその後も安城店や他の店舗で販売される予定です。 

2回目の打合せとなった8月3日は、お楽しみの試食会!トラムスコープ商品開発部長の村瀬さんと総務部の加納さんが、前回の会議で学生が出したアイデアを形にし、試作品を作ってきてくださいました。

試食会の様子―トラムスコープのお二人から説明を聞いています

試食会の様子―トラムスコープのお二人から説明を聞いています

「おいしい!」と思わずこぼれる感想の他に、地元食材である美浜の塩が感じられるか、塩を味わってもらうためにはどうしたらいいかなど意見を出し合いました。

 

よりよい商品を開発するために知恵を絞ります

よりよい商品を開発するために知恵を絞ります

最後は、学生同士で相談した内容を、村瀬さんと加納さんにフィードバック。お二人とも、真剣に学生の提案に耳を傾けてくださいました。

話し合った結果を、トラムスコープのお二人に聞いてもらいます

話し合った結果を、トラムスコープのお二人に聞いてもらいます

学生の意見を真剣に聞いてくれています

学生の意見を真剣に聞いてくれています

みんなの想いがつまったチャリティパン―美浜の塩がどんな風に変身するのでしょうか…。8月27日(土)は、知多半島の香りがするパンを買いに、ぜひパンのトラに足を運んでみてください!

(記:Cラボ東海 竹内)