経済学部ニュース(2018年11月)

こんにちは!
日本福祉大学経済学部です(^^)
2018年も残すところあと1ヶ月を切りましたね!

経済学部での11月の活動をご紹介します。

———-

■ 第4回東海キャンパス祭が開催されました!
11月3日(土)に第4回目となる日本福祉大学東海キャンパス祭が、穏やかな秋晴れのもと開催されました!
東海キャンパス祭を主催した学生組織の「東海イベントオフィス」は経済学部の学生が中心メンバーとなっており、1年近く前から企画・準備を重ねてきました。今年度は、学生や教職員が地域の発展に向けて、開拓者としての気持ちを持ち貢献していきたいという気持ち、ご来場いただいた方との新しい関係を開拓し切り開いていきたいという気持ちが込めてドイツ語で「開拓者」を意味する「Vorreiter」をテーマとして開催しました。
これまで、天候に恵まれなかったことの多かった東海キャンパス祭でしたが、今年度は天候に恵まれたことや、東海キャンパス祭が地域に馴染んできたことなどから、とても多くの方のご来場をいただきました。経済学部からの近藤ゼミが「消費戦隊『負けレンジャー』」として消費について考える子ども向けブースを出展したり、吉田ゼミが駄菓子屋&子ども向けゲームブースを出店したり、地域研究プロジェクトの遠藤クラスが東海市デジタルマップ成果発表&来場者の声を集めるブースを出展したりと、経済学部も盛り上げにとても貢献しました!

———-

■ 御嶽山噴火復興支援のために長野県インターンシップ参加学生が大学祭で出店しました。
8月に長野県木曽地域のインターンシップに参加した3年生の大江捷矢さんと野村和馬さんが長野県人会の学生と協力し、11月3日(土)に美浜キャンンパスで開催された大学祭でブースを出店し、長野県の特産品を使った豚汁やリンゴなどを販売しました。売り上げの一部は長野県名古屋事務所を通して、2014年に発生した御嶽山噴火の影響で観光客数が低迷する木曽地域の復興を支援するため、木曽広域連合へ寄付されました。
大江さんと野村さんの2人は、「(インターンシップに参加して)町役場の人から観光客が減っていると聞いた。学習の機会をいただいたので、力になりたいと思った。」と話し、インターンシップ時にお世話になった人の温かさや自然の美しさに魅了されたことから、企画への参加を決めたとのことです。
当日は大勢のお客さんにブースに来ていただき、長野県の魅力をしっかりと伝えることができました。なお、この企画は、中日新聞と信濃毎日新聞にも写真付き記事として掲載されました!

———-

■ インターンシップ報告会が開催されました!
夏季休暇期間中にインターンシップに参加した学生の報告会が11月15日(木)に実施されました。
「インターンシップⅠ・Ⅱ」は前期科目として開講され、前期期間中に研修前の講義が行われ、夏季休暇期間中に学生がそれぞれの研修先でインターンシップに臨みます。今年度は経済学部と国際福祉開発学部から80名以上の学生が授業を履修し、授業の関係で出席ができなかった学生もいましたが、インターンシップ報告会には62名の学生が出席しました。また、当日はインターンシップで学生を受け入れてくださった企業等から約30名の方にご参加いただきました。
報告をした学生は研修内容や学んだこと、感じたことなどを緊張しながらもしっかりとプレゼンを行いました。5日間または10日間の短期間でのインターンシップでしたが、「他者への気配りや相手の気持ちになって考えることが大切だと感じた。」「一つ一つの行動に対する『責任』について社会人と学生での重みの違いを実感した。」「町役場でのインターンシップでは経済学部の授業で学んでいる事柄の重要性を認識した。」など、インターンシップに参加した学生はそれぞれが様々な学びや感想を抱いていました。インターンシップは学生にとって机上では学びきれないことを学び、感じ取ることができるとても貴重な機会になったようです。

———-

■ 業界研究セミナーで卒業生の方から「働くこと」について学びました!
11月17日(土)に経済学部業界研究セミナーを開催しました。業界研究セミナーでは経済学部を卒業したOB・OGの講師17名のほか、同日に開催された経済学部及び福祉経営学部同窓会役員会にもご参加をいただき、当日参加した経済学部の現役学生約180名に対し、働くことや、活躍している業界について座談会形式で話をしていただきました。業界によっては立ち見が出る教室もあるなど大盛況となり、出席した学生達は、身近な「ロールモデル」となる先輩方の話に頷きながら耳を傾け、時折質問をしながら聞いていました。時折笑い声も溢れるなど、和気あいあいとした雰囲気で進行されました。
【分科会実施業界: 金融業界、公務員、医療・福祉、鉄道・空港、保険業、メーカー、教員】
また、当日は業界研究セミナーに先立って愛知製鋼元取締役会長・本学後援会会長の安川彰吉様による講演会も実施されました。「地域を見据え、世界で活躍するために」というテーマで、「人づくり、リーダーづくり」を主題としてご講演をいただきました。学生にとっては企業の最前線で活躍された方の話を聞く大変貴重な機会となり、やや難しい内容もありましたが、熱心にメモを取りながら講演を聞く姿が印象的でした。

———-

12月になり、東海キャンパスには今年もクリスマスツリーが登場しました。
また今年は東海キャンパス前の大田公園もライトアップされ、とてもきれいです。
良かったら見に来てくださいね。

それでは、また来月(^^)/