作成者別アーカイブ: repo

三重県尾鷲市までOB訪問に行ってきました

こんにちは。経済学部2年イハラとイワサキです。

12月7日(土)、ゼミOB訪問に行ってきました。今回の訪問相手は、経済学部を2010年度に卒業され、現在は三重県の尾鷲市役所に勤務されている山本竜也さんです。

図2

OBの山本竜也さん(右)から説明を受けるイハラ(左)・イワサキ(中)

OBの方を訪問して何をするのか?
ズバリ、「就職につながるいろいろな話を聞きたい!」(ついでにコネが欲しい)これが目的です。

普段は税務を担当しておられる山本さんですが、市主催の企画も時折兼務されるそうです。税務関係の対処で市内外を飛び回ることもしばしばだそうで・・・実際の仕事は、イメージとずいぶん違いますね。

図3

昼は尾鷲市中心部を一望できるレストランで食事

尾鷲市役所は、『「津波は、逃げるが勝ち!」揺れてから、5分で逃げれば被害者0!』と掲げ、防災に力を入れている自治体です。とはいえ、コンパクトな市ではなく、面積は193.2㎢と、大学のある知多半島(391㎢)の約半分もある広い市です。市内には、多数の集落が山を挟み点在しています。その一部を山本さんに案内して頂いたのですが、一見気づかない場所に漁業を営んでいる(と思う)集落があったり、住民の減少とともに近くの小学校同士を合併した広い集落があったり・・・これだけ広い地域に散らばる住民の安全を守るのですから、分かりやすいキャッチコピーでアピールするのは効果的、と思いました。

Pict5

山間にも住宅地が多数存在

それにしても、まぁ尾鷲市は広い!!!各集落を回って見るだけで一日が終わってしまいそうでした。今回は行けなかったのですが、ユネスコ世界遺産「熊野古道」のコースの一つにもアクセスできるそうです。皆さんも、機会があればぜひ尾鷲市を訪れてみてください。

で、OB訪問の収穫は?というと、公務員試験で問われることや、試験に向けての準備などの情報を教えていただきました。何が必要か?知りたい人はイハラ・イワサキまで。

また、大学時代の思い出や経験についてのお話もうかがいました。女性の話もチラホラと・・・とても楽しい時間を過ごせました!山本さん、どうもありがとうございました!

道産子日福生

経済学部2年の佐藤我久です。
僕がテレビ出演をしました。まずはこれを見て下さい!

僕が一人旅やTV出演をしようと思った一番のキッカケは
「何か新しいことにチャレンジする時のドキドキやワクワク」が大好きだったからです。

その中でも海外一人旅やヒッチハイク旅に出るきっかけとなったのが
一冊の本。大学入学と同時に買った、本田健さんの「10代のうちにしておきたい17のこと」。
この本の中にある10代という知識や情報も少ないうちに、はじめての旅に出ることで物凄い刺激を得られるという一説に、直感でやりたい!と自分の中で何かが震え上がるものを感じ僕は旅に出ました。

海外の旅でも、日本の旅でも一番心に残るのは、どんな感動する世界遺産やどんなに美しい街でもなく「出会い」だと僕は思います。一期一会の出会いがあってこその旅や、人の温かさをリアルに感じられるヒッチハイクに僕はどっぷり嵌りました。
そんな新しい事にチャレンジする中で僕が一番好きな「靴」の知識で何が楽しい、皆を笑わせられる。そして、靴に興味を持ってもらえる何かをしたいと思い、TV局に投稿したところオーディションの機会をいただき、出演させていただくことにもなりました。

僕の周りには数多くの素敵な方が沢山います。日福生の中にもプロマジシャンの先輩、服が大好きでオリジナルブランドを立ち上げた友人、一緒にサークルを作った友人、僕よりも早く旅に出た後輩、将来の夢のためバイトを頑張る友人など学業だけでなく新しいことにチャレンジし楽しんでる方が沢山います。
日本福祉大学創立60周年、スローガン「日福、うごく。」にふさわしい。
「日福らしさ」溢れる学生が多くいるこの大学で、また何か新しいドキドキ、そしてワクワクするチャレンジをしていこうと思います。

新美南吉生誕100年祭 キャンドルナイト

経済学部2年の市野です。今日は新美南吉のキャンドルナイトの活動紹介をします。
半田市では、新美南吉生誕100年を記念して、さまざなま文化行事が行われています。
今日は、半田青年会議所の方と協力して、南吉記念館や岩滑小学校、矢勝川の周辺で1万本のキャンドルを灯すイベントを行いました。私たちの役割は、矢勝川と南吉記念館のキャンドルに、参加した子どもたちと火を灯していくこと。2キロ近い河岸に等間隔にキャンドルが灯ったときは感無量でした。

★IMG_2723

その後は、子どもだちの夢を託した提灯をもって矢勝川を歩きました。矢勝川には2百万本の彼岸花が咲き、紅と夕陽がマッチして、美しい光景でした。南吉の童話「ごんぎつね」はこの美しい風景の中から生まれたのだと実感しました。

★IMG_2748

新美南吉は大正2年、愛知県半田町(現在の半田市)、岩滑(やなべ)に生まれて、、半田中学校へ入学たのち、童話をつくりはじめました。半田第二尋常小学校の代用教員の時代に「ごんぎつね」などの作品をつくりました。その後、東京外語学校で学問を修め、河和小学校や農場勤務を経て、安城高等女学校で教員となりました。南吉生誕100年では、半田市と共に安城市でも記念行事が行われています。

image (5)

地域研究プロジェクト はんだPJ(鈴木准教授指導)では、「にぎわい」のある街をテーマにイベントを調査、企画、分析することを目的に活動しています。半田市では、昨年、5年に一度の「はんだ山車まつり」が行われ、その余韻も冷めやらぬまま、今年は新美南吉100年祭となり、一年を通して、イベントに参加しています。

★IMG_2734

宮崎駿監督の「風立ちぬ」が公開され、映画の中でカブトビールの看板が出てくるシーンがあり、そのカブトビールを生産していた、半田市赤レンガ建物が注目されています。2013年10月には、「赤レンガ建物見納め公開」があり、赤煉瓦倶楽部の方々と一緒にイベントを行う予定です。10月5・6日に半田市 赤レンガ建物で行いますので、みなさんお出かけください。

半田市ホームページ

22005_487443421332977_903870941_n

赤レンガ建物内の写真より

 

第2回認知症アプリを試行しました

地域研究プロジェクトについてお知らせ第二弾です。

認知症買物支援プロジェクト(斎藤雅茂准教授担当)は、認知症の理解を深める目的で、認知症学習アプリを「認知症の人と家族の会(愛知県支部)」と連携して開発し、9月8日(日)にアピタ鳴海店にて来店者の方々に施行会を実施しました。

その様子が大学のトピックスや地域研究プロジェクトのFacebookに掲載されたので、ここでも紹介させていただきます。

IMG_8437

画像リンク先:大学トピックス 地域研究プロジェクト「認知症買い物支援プロジェクト」第2回認知症アプリを試行しました

認知症買物プロジェクトでは、現在本学で認知症を正しく理解している学生はどの程度いるのか、また企業で行われている認知症理解向けた研修はどの程度効果があるのか、調査研究を進めています。

今回のようなスーパーでの啓発イベントの参加意外にも、介護経験者の講演会参加、ヒアリング調査など大学での座学に加えた様々な活動を通じて認知症とは何か、自分たちに出来ることは何か常日頃から探求しています。

このように家族会やユニーといった地域の方とともに進めているプロジェクトです。

今回地域の方からの貴重なコメントを頂けたことや、学生自身施行会を通じて幅広い年代の方に説明する難しさを感じたことを通じて、今後もさらに認知症学習アプリの完成や一般利用者を対象にした施行会の実施を目指していきます。

皆福米を収穫しました

地域研究プロジェクトについてお知らせです。
経済学部のフードプロジェクト(加茂浩靖准教授担当)は、「皆福米(かいふくまい)」と称した米づくりを行っており、9月9日(月)に稲刈りを実施しました。その様子が大学のトピックスや地域研究プロジェクトのFacebookに掲載されたので、ここでも紹介させていただきます。

IMG_8516 (2)

画像リンク先:大学トピックス 地域研究プロジェクト「フードプロジェクト」皆福米を収穫しました

★IMG_1114

画像リンク先:地域研究Facebook「フードPJ皆福米(かいふくまい)の収穫」

フードプロジェクトは地元農家や大学生協、農業共同組合と協力して活動を進めます。
今回自分たちで育て、収穫した皆福米も今後どうしたら買ってもらえるかを
プロジェクトの皆で考えていきます。

このように地域の方と関わりながら米や野菜を作るところから、
商品にして販売するまでを体験できるプロジェクトです。

次回の活動は9月19日(木)に収穫した皆福米の
脱穀作業をする予定です。

素晴らしきパフォーマンス(池田洋介)

お久しぶりです。
経済学部ビジネスマネジメントコース3年のオクハラです。

日本福祉大学には、約100ものクラブ・サークルがありますが、
今回は僕が所属する大道芸サークルBoochi Boxについて紹介します。

大道芸サークルBoochi Boxは、授業の空き時間を利用して集まり、日々技術を磨いています。
今回はプロの技術を見て学ぼうと、大先輩である池田洋介さんをお呼びしました。
池田洋介さんはプロのパフォーマーとして活躍していています。

池田さんにはパフォーマンスを実演していただき、その後僕たちとディスカッションを
してもらいました。
僕はこの日をとても楽しみにしていて、池田さんに見てもらおうとこの日のためにパフォーマンスのネタを作ったほどです。

池田さんのパフォーマンスについては、言葉で説明するよりも、実際の様子を見てみてください。

IMG_0429

パフォーマンス「Rhythm(リズム)」の一コマ。

今回は、リズムというパフォーマンスをして頂きました。音に合わせて動いていくパフォーマンスで、その音と動きが緻密に重なっていて、
まるで池田さんの身体が楽器になったような錯覚をするほどでした。

パフォーマンスの後のディスカッションでは、僕たちと議論をする中で
たくさんの貴重なお話をしてもらえました。

IMG_0448

ディスカッションの最中です。

特に熱心に話をしてくれたのはパフォーマンスとはお客さんの飽きとの戦いで、どんなに素晴らしいパフォーマンスでも、同じことでは3分も持たない。
そのために流れを作り、その流れの予想を変えることで常に安心させないことが必要だということでした。

最初はディスカッションのつもりが、いつの間にか池田さんの話を
聞く会になってしまうほど、僕たち全員聞き入ってしまいました。

このように僕たちBoochi Boxは精力的に日々活動しています。
以上、オクハラでした。

日本福祉大学フェイスブック(大道芸サークルBoochi Box)
https://www.facebook.com/NihonFukushiUniv?hc_location=stream

巨大ドミノに挑戦

DSCF5298

こんにちは!経済学科医療福祉マネジメントコース3年のケンシです。
毎年、日福の夏の風物詩となっている24時間テレビの巨大ドミノ企画に
僕が所属しているヘルパーサークル、「CHANGE」のメンバーが挑戦しています。
「CHANGE」は経済学部だけでなく学部をこえたメンバーで構成されていて、
福祉施設にヘルパーとして活動しています。

DSCF5297

体育館でのドミノの様子

この巨大ドミノは、大学の体育館アリーナ全体を使って行われます。
僕らのようなサークルや、友人同士、学校、地域の方などのチームに
区画が割り当てられ、それを繋ぎ合せて巨大なドミノにします。

DSCF5324

仕掛けを試してみると一番左の言葉だけうまく下りませんでした。

ドミノの仕掛けには、夏休み前から取り組んできました。
僕らは「CHANGE」の理念である、「自分を変える、学校を変える、社会を変える」
という言葉がドミノが倒れるのに合わせて登場する仕組みを作りました。
リハーサルではこの仕掛けがうまくいきませんでしたが、
本番前に簾に改良を加え、成功しました。

DSCF5327

改良するとうまくいきました。彼は社会福祉学部2年のオノヅカくんです。

各チーム様々な工夫、試行錯誤があり、うまくドミノの倒れた時のチームで味わう喜び、うまく倒れなかった時の悔しさ、本当にドラマのあるまさに「青春」の一コマだと思います。
そんな僕も3年生の後期。この冬はスウエーデン研修に参加しようと考えています。
(ケンシ)

DSCF5336

ドミノ企画に参加した「CHANGE」のメンバー。終盤の会場はカメラが曇るほどの熱気でした。

夏のオープンキャンパス

DSCF5258
経済学部1年のウメダです
香川県出身です!
オープンキャンパスのスタッフとして参加しています。
今年はとても暑い1日ですが、たくさんの方が来てくれています。

DSCF5207

オープンキャンパス受付での様子


経済学部の先輩が、写真を使って活動内容について話していました。
地域の人と積極的に関わって活動をしている姿もそうですが、
こうして人前で堂々と話している先輩がなんだかとても頼もしく見えました。
DSCF5270

経済学部の先輩による地域研究プロジェクトの活動報告


遠藤秀紀先生による経済学部の模擬講義。
DSCF5276

遠藤秀紀先生による模擬授業の様子


経済学と経営学を学んで2年生から4つのコースに分かれる。
そのコースの違いや授業の雰囲気などを
ていねいに説明されていました。
在学生の自分も改めて勉強になりました。
すこし緊張されていたのか「あの~」がよく出ていました。

他にも載せきれない盛大な企画があるので、それは次回載せます。

以上ウメダでした。

「キャリア開発Ⅰ―内定学生報告会―」

 経済学部では、2年生の前期から、就職やキャリアデザインについて学ぶ授業があります。
今日は、2年生の「キャリア開発」の内定学生報告会の模様を紹介します。
担当は上田和宏先生で、企業の人事の方や、キャリアアドバイザーの講師がゲストとして登場します。
今日は、内定を多く決めた千賀さん、松原さん、岡本さんの3名の4年生が、2年生に向けて、その努力の成果について報告をしてくれました。

IMG_0413

千賀さんは金融機関やメーカー、流通等に内定。就職活動前に志望する業界について勉強し、興味関心を広げておいた方がいいこと、就職活動中は、オンとオフの切り替えを大事にし、メリハリをつけ、大学の学習も怠らないようにとアドバイスをしていました。
続いて登場した松原さんは食品メーカーに内定。企業が求める人材に対し、どんな風に自分をアピールしていったらいいか、岡本さんは自分が就職したい企業に対し、どのような行動をしたのかなど就職活動の考え方や動きについて経験談を踏まえて話していました。

IMG_0449

岡本さんは、金融・保険を中心に複数内定。就職活動の流れや企業選びのポイント、実際に選考を受けて、成功談と失敗談を紹介しました。ポイントとして他の学生とコミュニケーションをとることや、
自身をなくした際の相談相手(キャリア開発課の方、友達、先輩、両親)を持つことが話されました。
就職活動に対してイメージがしにくい2年生も、こうした先輩の経験を踏まえた話を通して、今後の行動を考えるいい機会になったと思います。

授業をきいた2年生は皆真剣な表情で、質疑応答では積極的に手が挙がる姿も見られました。
後期のキャリア開発では、より実践的な授業が行われます。
(モリタ)

はんだにぎわいプロジェクト「南吉童話ひろば」

IMG_3965

半田PJの活動シリーズ第2弾です。

2013年7月~10月にかけて「キッズワークショップフェスティバル2013~in 南吉のふるさと半田~」が開催されます。「はんだにぎわいプロジェクト」では7月27日(土)、28日(日)に新美南吉記念館の広場にて開催された「南吉童話ひろば」イベントのスタッフとして参加しました。

イベントでは、新美南吉の童話をテーマにした5つのブースがあり、それぞれ体験しながら南吉の童話にもっと親しむことができます。このイベントは、半田市商工会議所「南吉プロジェクト」が主催し、市内の諸団体の若手メンバーが企画運営をしました。両日とも、晴天に恵まれて厳しい日差しでしたが、子供たちは元気に体験していました。

次回は10月27日(土)、28日(日)に開催予定です。皆様のお越しをお待ちしております。(K.S)

IMG_3940当日の企画

 IMG_3954企画のひとつ、ストラックアウトの様子