カテゴリー別アーカイブ: 地域研究PJ-お知らせ

地域研究プロジェクトで「防災・減災キャンプ」を行いました

経済学部では、学生の社会人基礎力を育むことを目標とし、課題に取り組むことで力をつける「課題解決型学習」である地域研究プロジェクトを展開しています。この科目では、大学の外に出て、仲間や地域の人たちとの関わりながら、自ら考え、動くことが求められます。

この科目の導入として、これまでの局地的災害の経験から、地域について学ぶうえで重要なテーマである「防災・減災」について理解を深めること、そしてチームワークを高めることを目的に8月31日から1泊2日で、「防災・減災キャンプ」が企画されました。この合宿形式の授業では、経済学部生14名と教員7名が参加しました。講義だけでなく、フィールドワークやグループワークといった参加型の学びの要素が詰まっていました。

まず、東海市防災危機管理課の防災専門員から、東海市の被害想定や避難所、災害時に想定されること等について話を聞きました。その後は、何年も被災地支援を実践されている山本克彦福祉経営学部准教授と佐藤大介全学教育センター助教によるワークショップが行われました。

話し合いながら地図を製作中!

話し合いながら地図を製作中!

ワークショップでは、4つのグループに分かれて、メンバー各自しか持っていない情報(正しくない情報も含む)を基に地図を作成するワークが行われました。情報を提供する側の伝え方や判断により、作られる地図は大きく変化します。他のグループの地図を見比べてみると、参加者たちから大きなため息や歓声が沸き上がりました。

次に、災害時の食事を知るため、非常食で夕食をとりました。お湯でもどして食べるアルファ米や、パンの缶詰、常温のスープなど、これまでに味わったことのない非常食に、「意外においしい!」「これは苦手」などの感想が出ていました。グループを一つの家族とみなし、配給も自分たちで行いました。

色々な種類の非常食があります

色々な種類の非常食があります

一日目の最後は、緊急避難所となる東海キャンパス内を探索し、備蓄倉庫や体育館、トイレの場所などを確認しました。災害時には、どのような点が問題になり得るか…をシミュレーションしながら、キャンパスウォークが行われました。例えば体育館では、プライベート空間をどう確保するのか、もたれかかることのできる壁際は誰が使うべきかといった避難所運営を想定した意見も出てきました。

棚が倒れそうだね…と厳しい目を向ける学生たち

棚が倒れそうだね…と厳しい目を向ける学生たち

二日目は、避難生活や避難所運営の課題に対して、災害時に自分たちができることは何か、どのような活動が求められているのかを考えました。避難所の閉塞的な雰囲気を和らげるために、交流企画を行いたいという意見や、防災情報を集約し、発信するステーションを構築したいという意見が出されるなど、活発な議論が行われました。

話し合いは真剣そのもの!

話し合いは真剣そのもの!

1泊2日のワークキャンプを終え、修了証を手にした学生たちは、みなとても良い顔をしています。発災時には、緊急避難所の役割を担う可能性がある東海キャンパス―。当然ながら、学生もその運営支援で力を発揮することが期待されています。今回のワークキャンプでは、様々なアクティビティを通じて、チームビルディングをしながら、防災・減災を自分事として考えることができたようです。

【参考サイト】
日本福祉大学 地域研究プロジェクト
日本福祉大学 ふくし・マイスター

【企業との協働】みんなで作ろう、チャリティパン!

昨年度、経済学部が地域研究プロジェクト「はんだプロジェクト」で取り組んだ、地元の食材を使ったチャリティパンの開発-。今年も引き続き、経済学部の鈴木健司先生が率いる学生有志が㈱トラムスコープの「スペイン窯 パンのトラ」とコラボし、美浜の塩を使った4つのパンを開発しています。

完成したパンは、827日~28日(土・日)に開催される24時間テレビの企画として、パンのトラ安城店で販売されるのを始めとして、28日(日)に開催される東海キャンパスのオープンキャンパスでもお披露目をします!
また、一部のパンはその後も安城店や他の店舗で販売される予定です。 

2回目の打合せとなった8月3日は、お楽しみの試食会!トラムスコープ商品開発部長の村瀬さんと総務部の加納さんが、前回の会議で学生が出したアイデアを形にし、試作品を作ってきてくださいました。

試食会の様子―トラムスコープのお二人から説明を聞いています

試食会の様子―トラムスコープのお二人から説明を聞いています

「おいしい!」と思わずこぼれる感想の他に、地元食材である美浜の塩が感じられるか、塩を味わってもらうためにはどうしたらいいかなど意見を出し合いました。

 

よりよい商品を開発するために知恵を絞ります

よりよい商品を開発するために知恵を絞ります

最後は、学生同士で相談した内容を、村瀬さんと加納さんにフィードバック。お二人とも、真剣に学生の提案に耳を傾けてくださいました。

話し合った結果を、トラムスコープのお二人に聞いてもらいます

話し合った結果を、トラムスコープのお二人に聞いてもらいます

学生の意見を真剣に聞いてくれています

学生の意見を真剣に聞いてくれています

みんなの想いがつまったチャリティパン―美浜の塩がどんな風に変身するのでしょうか…。8月27日(土)は、知多半島の香りがするパンを買いに、ぜひパンのトラに足を運んでみてください!

(記:Cラボ東海 竹内)

【東海キャンパス・コミュニティラウンジ】経済学部1年生のシルクスクリーン作品展 開催中!

経済学部の「芸術創造」の授業で、1年生がシルクスクリーンに挑戦しました。(担当教員:大塚泰子先生)

ラウンジが彩り豊かになりました♪

ラウンジが彩り豊かになりました♪

シルクスクリーンは、20世紀に発展した比較的新しい版画技法です。学生たちは、この印刷方法を学び、“Tシャツ”や“エコバッグ”など身近なものにプリントをしました。学生の個性あふれる作品は、シンプルな素材を、豊かに楽しく彩っています。

見に来てくれた人からは「ほしい!」という声もあがっています

見に来てくれた人からは「ほしい!」という声もあがっています

コミュニティラウンジでは、6月16日から7月19日(火)まで、学生たちの作品を展示しています。ステキな作品を見に、ぜひラウンジに足を運んでみてください。

展示を終えて記念撮影です

展示を終えて記念撮影です

撮影:佐藤章吾(経済学部1年)

【おまけ:作品展の舞台裏ー展示作業の様子】

作品展の裏側です

作品展の裏側です

窓に展示をするアイデアは斬新!

窓に展示をするアイデアは斬新!

今年も名古屋市消費生活フェアに出展しました!②


2日目写真1
2日目は、今年から始まった新たな企画「なごやHAPPYタウン~こどものまち~」です。主に中学生以下の子どもたちを対象にした体験型のイベントで、参加者は、クイズや工作・実験などで暮らしに役立つことを学ぶとともに、学習して獲得した買物券を使って会場内で買物をします。地域研究プロジェクトのなかのフードプロジェクトは、このイベントに果物や野菜、ポン菓子を販売する店として出展しました。参加した子供たちには、農産物や加工食品の表示等について学んでもらい、また学生が収穫した米やその米で作ったポン菓子等を買ってもらいました(写真参照)。

さらにこの企画のルールにより、参加した子供たちに出展者の仕事を手伝ってもらいましたが、学生にとっては、仕事を適切に分担し、その内容を小中学生にわかりやすく伝えるという点で貴重な学習の機会になりました。

この日は雨にもかかわらず開場前から行列ができるほど多くの来場者があり、商品が不足して、一部の購入希望者にはご迷惑をおかけすることになりました。今年初めての企画ということもあり、用意する商品の数や種類、価格の設定など、難しい問題も多く、勉強させられることの多いイベント出展だったと思います。
2日目写真2

今年も名古屋市消費生活フェアに出展しました!①

2015消費生活フェア HP (2) (1)
11月7日(土)、8日(日)名古屋市栄のオアシス21で、名古屋市主催の消費生活フェアが開催されました。今年も第1日目は経済学部近藤ゼミ、第2日目は加茂先生ご担当の地域プロジェクトが出展しました。

第1日目の様子をゼミ生たちの感想で紹介します。

・自分たちが作成したクイズを来場者にやってもらい、それを自分たちが解答・解説しました。子供から高齢者、家族連れが参加してくれていろいろなお話を聞けて楽しく過ごせました。

・自分たちで作った問題を来場者にやってもらい、それを解説するというのは、初めての体験で、間違ったことを教えてしまわないだろうかととても心配でした。でも、実際にやってみると、優しい方が大勢いて、説明を真剣に聞いてくれる人も多かったので、とてもやりがいがありました。

・来場者数は予想していたよりも多く、ブースにも思ったより多くの人が来てくれて、いろいろな人と会話ができてよかったです。中高生の数が少なく高齢者や小学生が多かったので、自分たちの作った問題がわかってもらえるか心配でしたが、割とわかってもらえたので成功したのかなと思いました。高齢者の方には説明を聞き取ってもらえるよう気を遣って対応しました。

・クイズを解いて「知らなかった!」という声を聞いたとき、この問題を出して良かった、と思いました。正解の数よりも、知らなかった事を知ってもらえてよかったです。

・今後、トラブルにあったときやトラブルにあわないために、クイズの知識を少しでも活用してもらえればいいと思いました。

・他の大学や消費者団体が出展しているブースを回り、とても勉強になってよかったです。

・イベントに参加することが楽しいということがわかりました。他のブースの人たちとも交流することができて良かったです。

2015年消費生活フェア HP(1)

「多種多様な民族が集まるバンクーバーへ留学」②

②
留学した理由は旅をすることが大好きで日本だけではなく、外国の文化にも他の人の経験談や本からだけではなく自分の身で体験してみたいと思ったからです。バンクーバーは外国からの移民(特に中国)がとても多く、街中は様々な人種の人々であふれています。ここでよく聞かれることが「移民?留学生?」という質問です。一番驚いたことは、バンクーバーの南に位置しているリッチモンド市というところでは市における総人口の半数以上がアジア系住民で特に中国人が大多数を占めているため、中国語で書かれている看板が街中に溢れていることです。このように、カナダ人が多数を占めているわけではないので、たまにカナダにいることを忘れてしまいます。食事も様々な国のレストランがあって美味しいですし、人々はフレンドリーで親切、夜中に歩いても安全な街(危険地帯除く)でとても過ごしやすい街だと思います。私自身も白人、黒人、アジア系、アフリカ系、カリブ系と様々な国の友人が出来ました。ただ、良く関わる友人はアジア系で固まっているのでこれは偶然なのかそれとも同じ人種同士で固まってしまうのか気になっているところです。様々な人種の人々が集まっているため、彼らの文化を知る機会も多く、日本では当たり前だったことがここでは当たり前じゃない、そういう衝撃を何回も受けたのと同時に、数多くの新しい発見があるのでとても楽しい日々を過ごしています。

更なる経験を積み重ねるために、今後は現地の会社でインターンシッププログラムを受ける予定です。聴覚障害を有しているため、どうなるのかという不安もありますが、バンクーバーでの経験を糧にして障害を言い訳にせず、どんどんとチャレンジしていきたいと思います。冬はイエローナイフのオーロラを見に行くことを考えています。日本に帰国したら、バンクーバーでの経験を活かして就職活動、卒業論文に集中して時間があれば旅をすることが大好きなので何らかの手段で日本一周をしたいです。
最後に、留学することを障害を理由にして「厳しいのではないか」と悩んでいた時期もありましたが、慣れてしまえばなんてことはありません。これからもチャレンジ精神を大切にして、日本に帰国して「やはり、留学して良かった」と思えるように残りの留学期間を頑張りたいです。

④

「多種多様な民族が集まるバンクーバーへ留学」①

①

こんにちは。

経済学部4年のヤマサワと申します。

現在、4年次を休学して、2015年5月からカナダのバンクーバーというところに留学しています。私は聴覚障害を有しているので、一般の語学学校で健常者と同様に学ぶということはコミュニケーションの面から難しく、先生と生徒のマンツーマンレッスンを行っている留学エージェントと渡航する事前に相談した結果、レッスンを筆談で受けることになりました。先生も快く、受け入れてくださり、毎回楽しくレッスンを受けています。

また、私はASL(American Sign Language)というアメリカ手話をバンクーバー市内にあるカレッジで学んでいます。ASLは日本の手話と表現方法や文法が全く異なり、初めはコミュニケーションに苦労しましたが、日常的に会話を繰り返したことで今は日常会話程度なら流暢に会話することが出来るようになりました。ご縁もあって多くの聴覚障害者と知り合い、こちらで出会った友人とカナダでは有名な観光地、バンフ、ジャスパーとアメリカのアリゾナ州を中心にそれぞれ、一週間ほど旅行にも行きました。日本では経験できない数々の雄大な自然を体験することが出来て一生の思い出になりました。夏頃まではヨーロッパ系の白人の家庭に約3ヶ月間、ホームステイをしました。バンクーバーの生活が不安だったところを快く迎え入れてくれ、生活面で多大なサポートをしてくださったのでとても感謝しています。

(続く)

⑤③

名古屋市消費生活センター見学

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年9月15日 近藤ゼミ2年生は、名古屋市消費生活センターに見学に行きました。情報アドバイザーの島田佳江さんから、消費生活センターの概要の説明や、若者に多い消費者トラブルについての講義をしていただきました。また、併設されている商品テスト室では、衣服や家電製品、食品など消費生活相談に持ち込まれた商品等について、トラブルの原因を解明するための実験を行っている様子などの説明を聞き、様々な機器を見せていただきました。

<参加した学生の感想文から・・・>
*消費生活センターについて
・平日の相談体制が11人体制と聞いて、相談が多いのだなと思いました。また、消費生活センターはほとんどの自治体にあり、相談の電話があると相談者の最寄りのセンターに紹介しているということもわかりました。
・講師の方のお話から、スマホ、携帯電話の使い方について気をつけなくてはならないとあらためて思いました。
・消費者被害などについて、自分も常に注意しているけれど、お話を聞いて、あらためて気をつけて、自分だけでなく家族や友人など周りの人にも注意を促していきたいと思います。
・悪質商法にも気をつけようと思いました。
・自分の弱みを知ることは重要だと知りました。講師の方によれば、大学生の弱点は「SKE」とのこと。S=就職、K=金、E=エステ(美容)!

*商品テスト室の見学を通して
・センターに商品テストの部屋があることに驚きました。
・商品テスト室には見たこともない機材などがたくさんあり、見ていて楽しかったし、お話も面白かったです。
・商品テスト室で、普段使っている洋服の汚れの原因や家電製品等の故障の原因を徹底的に追究していることに驚きました。消費生活センターの仕事内容の一部を見ることができてよかったです。
・カセットコンロの危険性を知ることができ、勉強になりました。

*全体を通して
センターの方々は、他人のために役に立てる仕事をしておられ、素晴らしいと思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「地域社会と共生」〜東海市で地域と共に暮らす⑩〜

4月からスタートした「地域社会と共生」(全15回)も、7月15日で区切りを迎えました。最終回は、これまでの講義を踏まえて「太田川駅周辺を学生の街にするとすれば、どのような地区にしたいか」を検討しました。5~6人のグループで討議した結果をもとに具体的なイメージを地図で表現し、概要をプレゼンテーションする、という流れです。

50分という限られた時間で「コンセプトは何にするか」、「さまざまな地域主体とどのようにかかわるか」などを検討し、地図の作成まで行うのですから、どのグループも速やかな意思決定が求められます。学部長の曲田浩和先生、地域研究のエキスパート・後藤順久先生も加わり、次々とアイデアを出し、集約し、とにかく地図に表現し・・・

★IMG_2179多くのグループが重視したのは、スポーツができる場所やエンターテインメント施設の充実でした。また、トマト料理や自然食(のみ)を提供するレストラン・カフェを配置したグループも多数ありました。東海市様やカゴメ株式会社様などの講義からインスピレーションを頂いたようです。

IMG_2191あるグループは、スポーツによる地域交流をコンセプトとし、大規模なスポーツ施設の設置を企画しました。世代間で楽しめるスポーツイベント開催場所を施設内に設けるほか、飲食店エリアでは、健康管理のできる自然食フードコート(レストラン)を用意することで、地域住民も学生も、健康を増進しながら交流できるというものです。

また、別のグループは大規模な農園を準備し、全世代で無農薬野菜を育てるまちをコンセプトに掲げました。「参加者が、農業経験のある人から栽培・収穫を学ぶことでコミュニケーションを図る」、「別の場所での栽培も促すべく、野菜だけでなく種苗も販売する」、「無農薬野菜だけを扱うカフェを駅付近に設けることで、他地域の人々が訪れるスポットにできる」、などのアイデアが地図上に表現されました。
「コンセプトが不明確」、「地域とのかかわりが見えてこない」など、議論が不調に終わったグループもありましたが、大半の地図が「東海市のめざすまちの姿(6分野)」に関連するコンセプトを掲げたり、テーマ別講義の情報を活用したりと、それぞれの太田川駅周辺地区を模索していました。

今後、より広い視野でまちづくりを捉えるには、さらなる知識の取得や地域社会での様々な経験を通じた学びに加え、個別課題を主体的に検証する研究が欠かせません。今回、講義の進行にご協力頂いた多くの方々に感謝申し上げるとともに、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

「地域社会と共生」〜東海市で地域と共に暮らす⑨〜

★IMG_0877
経済学部講義「地域社会と共生」では、後半から東海市の各方面で活躍されている方々をお招きし、リレー講義をお願いしてきました。リレー最終回・7月8日のテーマは「医療と福祉の地域連携」です。

現在、厚生労働省は「地域包括ケアシステム」の構築とその深化を推進しています。身体機能等に困難を抱える方も、「このまちで暮らしたい」と思う地域で生活を営むために、医療機関や福祉施設をはじめ、地域の各主体が連携してサポートを実施するのがこのシステムの主眼です。

では、なぜ地域包括ケアシステムが必要とされているのでしょうか?これまでも、特定の施設で医療や介護を施す仕組みは提供されてきましたが、それだけでは対応できない問題を現在の日本は抱えているのでしょうか?その問題は、何に起因するのでしょうか?

この問題を紐解くことは容易ではありませんが、ケアシステムの理解には極めて重要です。そこで、東海市市民福祉部高齢者支援課の阿部吉晋課長に、ケアシステムの整備が求められる背景について包括的に解説して頂きました。

医療施設や福祉施設のマネジメントに関する学習・研究を希望する学生や、自治体などに就職し、地域の各主体の連携構築に関わりたいと考える学生から「問題の全体像をつかむことができて、関心が深まった」等の感想が寄せられました。