カテゴリー別アーカイブ: 地域研究PJ-お知らせ

「地域社会と共生」〜東海市で地域と共に暮らす⑩〜

4月からスタートした「地域社会と共生」(全15回)も、7月15日で区切りを迎えました。最終回は、これまでの講義を踏まえて「太田川駅周辺を学生の街にするとすれば、どのような地区にしたいか」を検討しました。5~6人のグループで討議した結果をもとに具体的なイメージを地図で表現し、概要をプレゼンテーションする、という流れです。

50分という限られた時間で「コンセプトは何にするか」、「さまざまな地域主体とどのようにかかわるか」などを検討し、地図の作成まで行うのですから、どのグループも速やかな意思決定が求められます。学部長の曲田浩和先生、地域研究のエキスパート・後藤順久先生も加わり、次々とアイデアを出し、集約し、とにかく地図に表現し・・・

★IMG_2179多くのグループが重視したのは、スポーツができる場所やエンターテインメント施設の充実でした。また、トマト料理や自然食(のみ)を提供するレストラン・カフェを配置したグループも多数ありました。東海市様やカゴメ株式会社様などの講義からインスピレーションを頂いたようです。

IMG_2191あるグループは、スポーツによる地域交流をコンセプトとし、大規模なスポーツ施設の設置を企画しました。世代間で楽しめるスポーツイベント開催場所を施設内に設けるほか、飲食店エリアでは、健康管理のできる自然食フードコート(レストラン)を用意することで、地域住民も学生も、健康を増進しながら交流できるというものです。

また、別のグループは大規模な農園を準備し、全世代で無農薬野菜を育てるまちをコンセプトに掲げました。「参加者が、農業経験のある人から栽培・収穫を学ぶことでコミュニケーションを図る」、「別の場所での栽培も促すべく、野菜だけでなく種苗も販売する」、「無農薬野菜だけを扱うカフェを駅付近に設けることで、他地域の人々が訪れるスポットにできる」、などのアイデアが地図上に表現されました。
「コンセプトが不明確」、「地域とのかかわりが見えてこない」など、議論が不調に終わったグループもありましたが、大半の地図が「東海市のめざすまちの姿(6分野)」に関連するコンセプトを掲げたり、テーマ別講義の情報を活用したりと、それぞれの太田川駅周辺地区を模索していました。

今後、より広い視野でまちづくりを捉えるには、さらなる知識の取得や地域社会での様々な経験を通じた学びに加え、個別課題を主体的に検証する研究が欠かせません。今回、講義の進行にご協力頂いた多くの方々に感謝申し上げるとともに、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

「地域社会と共生」〜東海市で地域と共に暮らす⑨〜

★IMG_0877
経済学部講義「地域社会と共生」では、後半から東海市の各方面で活躍されている方々をお招きし、リレー講義をお願いしてきました。リレー最終回・7月8日のテーマは「医療と福祉の地域連携」です。

現在、厚生労働省は「地域包括ケアシステム」の構築とその深化を推進しています。身体機能等に困難を抱える方も、「このまちで暮らしたい」と思う地域で生活を営むために、医療機関や福祉施設をはじめ、地域の各主体が連携してサポートを実施するのがこのシステムの主眼です。

では、なぜ地域包括ケアシステムが必要とされているのでしょうか?これまでも、特定の施設で医療や介護を施す仕組みは提供されてきましたが、それだけでは対応できない問題を現在の日本は抱えているのでしょうか?その問題は、何に起因するのでしょうか?

この問題を紐解くことは容易ではありませんが、ケアシステムの理解には極めて重要です。そこで、東海市市民福祉部高齢者支援課の阿部吉晋課長に、ケアシステムの整備が求められる背景について包括的に解説して頂きました。

医療施設や福祉施設のマネジメントに関する学習・研究を希望する学生や、自治体などに就職し、地域の各主体の連携構築に関わりたいと考える学生から「問題の全体像をつかむことができて、関心が深まった」等の感想が寄せられました。

「地域社会と共生」〜東海市で地域と共に暮らす⑧〜

★IMG_6351
経済学部講義「地域社会と共生」では、1年生全員が愛知県東海市をフィールドとして地域社会の持つ強みと課題を知り、「将来、地域社会とどう向き合うか」を主体的に考える力を養います。

6月24日は、「くらしと安全」、「まちづくりと新たなコミュニティを理解する」をテーマに、「契約学習ネットワーク」の方をお招きしました。
「契約学習ネットワーク」は、行政書士によるボランティア団体で、東海3県の高校・大学・企業などで消費者問題や契約知識について講演しています。今年で活動13年目になるそうです。

講演では主にブランド品を格安で販売するサイトをはじめとするインターネット販売のトラブルや、万が一契約してしまった時のためのクーリングオフ制度など、大学生にとってより身近な事例が扱われました。

しかし、身近な事例でも意外とトラブルの避け方については知られていないようで、例えば自動車販売のクーリングオフは可能なのか、英会話教室の契約の時はどうかなどクーリングオフ制度の適用される範囲について2択クイズを行いましたが、全問正解者はいませんでした。

syukusyou★IMG_1774

最後にデート商法という、女性が男性を騙して高額商品を買わせる手口を寸劇で行い、男子学生はその上手なやり方に驚愕していました。

講義後、学生のレポートには「消費者契約、消費者と事業者など、最初は聞き慣れない言葉が多かったけれど、とても身近な事例が多く、被害者・加害者にならないように知識が必要だと思った」「このような団体があるのを初めて知った。一人暮らしだが時々訪問販売が来るので、話を聞けてよかった。祖母にも教えてあげたい。」など学生一人一人が、安全やコミュニティのあり方について考える大きなきっかけになったと思います。

「地域社会と共生」〜東海市で地域と共に暮らす⑦〜

2015-07-01_東海市企画政策課

「地域社会と共生」のリレー講義も終盤です。今回のテーマは「税と地域社会」。
「税金は何に使われているか」は、知っているようでなかなか知らない問題の一つです。知らないが故に、税金を「取られる」という感覚にも・・・
この点について、東海市企画部企画政策課の芦原伸幸様より、重要な使途である「まちを創り、維持するための経費」という観点からご説明頂きました。公共施設や道路の整備維持だけでなく、健康づくりや子育て支援など、少子高齢化に伴う社会構造の変化に応じた公的サポートの提供も「にぎわいのあるまちづくり」には欠かせません。

【圧縮】★IMG_1794

ところで、まちづくりを含む公共サービスの原資である税の種類は何種類あるのでしょうか?買い物の際、間接的に支払う消費税は知っていても、社会人としてどのような納税義務が生じるのでしょうか?「実体がなかなかつかめない」のが税かもしれません。
多くの学生が抱いたこの疑問に、総務部税務課の磯部和幸様が「アルバイトを始めたり就職したりすると「所得税」との関係が深まりますよ」と、所得税の仕組みを明快に教えてくださいました。

税金は、まちづくりをはじめとする生活基盤の形成に必要な原資として使われます。生活基盤の形成に資する施設やサービスを利用するのは市民ですから、税に関する知識やその使途への注視は、公務員を志望する学生だけでなく、他の仕事に就こうと考える学生にも、一市民として重要であることを学びました。

「地域社会と共生」〜東海市で地域と共に暮らす⑥〜

★IMG_1539
経済学部講義「地域社会と共生」では、1年生全員が愛知県東海市をフィールドとして地域社会の持つ強みと課題を知り、「将来、地域社会とどう向き合うか」を主体的に考える力を養います。

6月17日は、「特定非営利活動法人まち・ネット・みんなの広場」理事長の加藤龍子様をお招きし、まちづくりにおける地域コミュニティの役割、一人一人と地域との関わりから生み出される新しい地域コミュニティの形についてご講演頂きました。

愛知県東海市のまちづくりの大きな特徴のひとつは、「市民参加型のまちづくり」を目指している点に求められます。一方で、まちづくりへの住民の関心はさまざまです。構成員の高齢化などに伴う課題に直面する地域も多く、まちづくりへの市民参加は一筋縄では行きません。
これに関して、既存の枠にとらわれない「新たな」コミュニティ活動は要注目です。たとえば、東海市内のある地域コミュニティでは、高齢の方々の様子を見守りに回りつつ、電球の交換など「ちょっとした困りごと」のサポートを通して親密なコミュニケーションを図っています。サポートをする側とお願いする方々とを円滑に結び付ける仲介役となったのは、意外なことに「サービス利用料金」の設定だったとか・・・
講義後、学生のレポートには「○○コミュニティの活動に関心を持った」、「△△コミュニティの取り組みは、ほかの地域などでも応用できる事例だったのでは」という記載が多くみられ、関心の高まりが感じられました。

多くの学生にとって、地域コミュニティとは「なかなか接点のない、未知の存在」、あるいは「恒例行事やボランティア活動をする集まり」というイメージが強いかもしれません。それだけに、「共助の姿勢から各地域の課題に取り組むのが新たなコミュニティの形であり、そのようなコミュニティの発展が市民参加型のまちづくりを進める要点になるのでは」とのお話は、学生一人一人が地域との関わり方を考える大きなきっかけとなりました。

「地域社会と共生」〜東海市で地域と共に暮らす⑤〜

20150613_小原君
6月13日(土)の「地域社会と共生」では、「障害」をキーワードに「共生と支援」について学び、そのあり方を討論しました。
現在、特に不自由のない生活を送っていても、一つの病気が自身の生活に長期的な不自由をもたらしたり、次に生まれてくる世代にその影響が現れる可能性も指摘されたりします。そこで、まず抗体検査の結果を通して自分が抱える感染症のリスクを学びました。

次に、藤井克美先生(前・障害学生支援センター長)より個々の障害の特徴について説明がなされました。特に視覚障害については、経済学部4年のコハラさんより、自身の障害特性とそれに伴う負荷等についての具体的な説明と、東海キャンパスにおける施設面での対応の紹介がありました。

普段、まちやキャンパスで何気なくすれ違う人々の中にはさまざまな心身機能を持つ人々がおられます。多様性への理解と自らの生活とのかかわりを考えることが、共生への重要な第一歩であることを学びました。

20150613_藤井先生

「地域社会と共生」〜東海市で地域と共に暮らす④〜



経済学部1年生の全員履修科目「地域社会と共生」は、愛知県東海市をフィールドとして地域社会の持つ強みと課題を知り、「将来、地域社会とどう向き合うか」を考える力を養う科目です。

本日のテーマは「くらしと安全」。
ゲスト講師として東海警察署生活安全課の方をお招きし、愛知県や東海市の状況や現在の防犯活動について講和をしていただきました。

講和の中では、この春に本学が東海市にキャンパスを開設したことや、受講者が1年生であることから、学生自らが気をつけなければいけない実践的なことも丁寧に教えていただきました。

特に女子学生向けの防犯講和では、犯罪に巻き込まれないよう、夜の独り歩きやドア施錠方法・管理など日常生活で注意すべきポイントについて、データを含めわかりやすく教えていただきました。
スマホのながら歩きやヘッドフォンは注意力が散漫になるので要注意とのことです。

「自分は被害にあわない」という意識が一番危険。
「危険な場所に行かない」「逃げる」「大声を出す」の3つを頭にいれておくこと!
もし、危険な目にあったら・・・の護身術も学びました。こんな防衛方法があるのか!と男子学生は驚いていました・・・

★ (2)

はんだプロジェクト〜地域の企業と連携をしてチャリティパンを企画〜

【はんだプロジェクト】

こんにちは。
はんだプロジェクトです。

2015年7月6日(月)、19時からクラシティはんだの会議室で、半田市の岩滑にある「パンのトラ」を経営されている株式会社トラムスコープの村瀬さんと加納さんを交えてプロジェクトを行いました。

IMG_7752現在、はんだプロジェクトは、チャリティ・パンの企画をトラムスコープさんと連携して行っています。

株式会社トラムスコープの加藤社長は、日本福祉大学の経済学部の卒業生にあたり、「今だからできる貢献を」という思いから後輩にあたる学生たちに学びの機会を創ってくださり、今回はんだプロジェクトとの連携がスタートしました。

この日は、プロジェクトメンバーで考えてきたアイディアを、試作してくださいました。
みんなで試食をした後に、4つのパンについて、意見交換をおこないました。

IMG_7733

学生ならではの率直な意見交換の他、アイディアを出した学生からは、「自分たちが考えたアイディアをカタチにしてくださって本当にうれしい。」「とってもおいしい」と、素直な感想を話してくれました。

今後、地域の食材を扱う方との連携も視野に、にぎわいを創出できるように取り組んでいきます。

2015年度経済学部優秀学生表彰

★★伊藤・安井

経済学部では毎年学業成績が優秀であった学生および、到達度試験の成績上位者、
ゼミナール、プロジェクトにおいて顕著な活動をおこなった学生に対し、学部長より表彰を行っています。

今年も6月17日(木)に優秀学生表彰が東海キャンパスで行われました。
今年の対象は昨年度の成績評価GPAの学年上位5名、および学部から推薦された特別表彰で、2年生5名、3年生5名、4年生12名、計22名が成績優秀者として認定されました。

はじめに、曲田経済学部長より「努力し結果を出したことに自信を持って、東海キャンパスでもがんばってほしい。4年生は就活にこの表彰を積極的に活用してほしい」とお祝いと激励の言葉をいただき、一人一人に表彰状が渡されました。

IMG_1574

その後の歓談において、受賞学生一人一人が思いや決意を述べました。

★

2,3年生の受賞学生は、「部活動をしているから、という言い訳をせずに、両立を頑張った」「専門分野を深めたい。取得が困難な資格でもチャレンジしたい」「将来、進みたい進路が定まってきて、今後もさらに学習を頑張っていきたい」「来年も絶対この場にいたい!」と、これまでの苦労や今後の展望について述べてくれました。

★★岡部・長谷川・谷川原

4年生の受賞学生は、後輩に向けて就職活動や教育実習の経験をふまえ「資格を取得するなら、目的意識を持って取り組むこと、就職活動では、なぜその資格を取得したかが求められる」「努力というのは、必ず結果となってついてくることを実感した。思いを強く持つことが大切です」「支えてくれる人がいることを忘れないでほしい」「新聞をよく読むこと。世の中で起きていることを理解すること」と熱く暖かいメッセージを送りました。

最後に、表彰式に出席された教員全員から、受賞者にお祝いの言葉を送り、非常になごやかな雰囲気で表彰式を終えました。

人より努力をして、結果を出すというのはとても難しいことですが、受賞学生の皆さんは本当に素晴らしい業績を残したと思います。おめでとうございます!

写真展開催中〜芸術創造で磨いた腕をちょっとだけ披露〜

コミュニティ・ラウンジのディスプレイ・スペースを活用して、写真展を開催しています。

経済学部の講義科目「芸術創造」の講義(担当:坂倉守先生)では、常滑フィールドトリップを企画されている坂倉守先生からこれまでカメラを通した自己表現の手法を学んできました。

今日は、これまでの講義で撮影してきた作品を展示するために、学生たちが準備をしています。

光を活かした撮影、普段と違う構図での撮影などなど、表現したいテーマをそれぞれの学生がカメラで切り抜きました。

今日から、一か月ほど東海キャンパスのコミュニティ・ラウンジに展示しています。ラウンジをお立ち寄りの際は、是非ご覧ください!!

Exif_JPEG_PICTURE

常滑フィールド・トリップ