カテゴリー別アーカイブ: 環境ビジネス

【環境ビジネス】これまでの学びの足跡をふりかえる

2014年12月24日(水)、環境ビジネス(担当:後藤順久経済学部教授)では、これまでの活動記事を通して、講義のふりかえりをおこないました。環境ビジネスでの学びと社会人基礎力についての自己評価を通して、次につながるふりかえりの機会となりました。

IMG_7423

環境ビジネスの講義では、「環境とビジネス(経済)の両立」をテーマに、リレー講座方式で毎回、素晴らしい講師の先生方をお招きして、講義と質疑応答、ディスカッションを通して広く、深く学んできました。

9月17日 担当の後藤順久教授よりオリエンテーションが行われました。

9月24日&10月1日は、日本環境取引機構 向井征二氏から、世界の環境問題や環境ビジネスの概論を学びました。

10月8日は、日本福祉大学福祉経営学部1期生でもあるTOTO株式会社の五十嵐拓真氏から、エコプロダクツをテーマに、節水技術を活かした水資源への対応をお話いただきました。

10月15日は、美浜町竹林整備事業化協議会(モリビトの会)の神野悦夫氏と一緒に、愛知県のあいち森と緑の税(平成25年度里山林再生整備事業)を活用した「ふくしの森フィールドスタディ」を行い、その後、竹炭焼き体験を行いました。→コチラ

10月22日は、引き続きモリビトの会の神野悦夫氏と、大府で自然農法の農産物を企画するプラネット農園代表の杉本貴子氏と三浦氏をお招きして、生態系の循環と経済の循環について学びました。→コチラ

10月29日は、テープで有名なニチバン株式会社の高橋一誠氏から、ニチバン製品を事例としてエコプロダクツについて学びました。

11月5日は、トヨタホーム株式会社の伊藤桂一氏から、HEMSを取り入れたスマートハウスを事例に、再生可能エネルギーの効率的な活用について先進的な取り組みを紹介いただきました。→コチラ

11月12日は、株式会社 中西の笠原尚志氏から、「廃棄物とビジネス〜環境とビジネスの両立〜」というテーマでお話をいただきました。中西では、障がい者雇用にも積極的に取り組んでおられています。→コチラ

11月27日は、2コマ分を使いバスツアーが企画され、中部電力武豊火力発電所にあるメガソーラーたけとよに見学をおこないました。→コチラ

12月3日は、愛知製鋼株式会社の村上一郎氏を迎えて、事業活動を通した貢献について学びました。→コチラ

12月10日は、ユニーホールディングス株式会社の百瀬則子氏から、消費行動を通じて、消費者に環境配慮のライフスタイルの提案・すべての人にやさしい買い物の場の提供の取り組みを学ばせていただきました。

12月17日は、株式会社日立製作所の中部支社より西村武氏と、東京本社のCSR環境戦略本部の田島京子氏から、グローバル企業の地球規模の環境問題への課題対応を学びました。→コチラ

受講した学生からは、「環境ビジネスを通して、企業が環境経営に取り組むことで、それが企業自身の利益にもつながり、環境にも良い影響を与えるということを学ぶことができた」「就職を控えているので、社会人になる前に役立つ知識を身に着けることができた。」「今後も、後輩たちにこのような場を与えていただき、将来的には、このような場でお話ができるようになりたい」など、社会の第一線で活躍されている企業の方とのコミュニケーションを通じて、多くのことを学ばせていただきました。

担当の後藤教授からは、「人間のライフスタイルの変化によって環境に大きな影響を与えるようになってきた。企業は、それに対して積極的に見直し、取り組みを行っている。この講義は、そういった現場の人の話を直接できたことでたくさんのことを学ぶことができた。この取り組みは、今年初めて行われたもので、大学からたくさんの援助をいただきながら、講師の先生方の協力で実現できた。感謝したい。」「これからも学生のみなさんは学んでいくと思いますが、是非現場に行って、自分の目で確かめることをしてほしい。自分の感覚を大事にして、第一印象を大切にする。こういったことも学ぶ上では非常に大事だと思う。」と総括がありました。

本講義は、日本福祉大学後援会様から援助金をいただき開講することができました。学生に多くの体験のお機会を与えていただいことに対して、この場をもって厚く御礼申し上げます。

 

 

【環境ビジネス】株式会社日立製作所 社会が直面する課題にイノベーションで応える。

2014年12月17日(水)、環境ビジネス(担当:後藤順久経済学部教授)では、株式会社日立製作所の中部支社支社長代理 西村 武様と東京本社のCSR・環境戦略本部 田島京子様が講演くださいました。

IMGP7918

冒頭、機器のトラブルがある中、西村先生には臨機応変に対応いただき、日立グループの概要についてお話していただきました。先生は、とっても親しみのあるお人柄で、2005年の愛知万博の日立グループ館のご担当もされていたそうです。

また、知多半島の大野町のご出身で、日立製作所に入社して40年を過ごし、感じてきたことを知多半島の地で学ぶ学生に3つの言葉にして届けてくださいました。一つは、「3つの気」でやる気、根気、負けん気。これは目標を定め、地道な努力を惜しまず、プライドを持って頑張ることです。ただ、頑張りすぎてはいけないこと。2つ目は、「目は口ほどに物を言う」。しっかりと相手の目を見て話をすること。3つ目は、「常に気づき、省みる」ということでした。だからこそ、相手の名前を憶え、友人、同僚を大切にすることが大事だと、しっかりと自律した人間になるためは、周りの人との関係を大切にすることを教えていただきました。先生のお話を聴いていると大野の町に育まれている豊かな関係性が想起されました。

 

さて、日立製作所といえば、「この木なんの木きになる木」のCMでおなじみのグローバル企業です。Inspire the Nextのキャッチコピーの通り、次の時代をしっかりと捉え、事業を通して、社会課題の解決に貢献しています。

田島先生の講義の冒頭で、世界の人口は、世界人口白書[1]によると、2050年には、世界で90億人以上に達し、現在と比べエネルギー使用量は80%増加するというデータが示されました。国連では、2030年までの期間に持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)として17の目標を掲げています[2]。その中でも、日立グループでは、地球環境問題を重要な課題のひとつと考え、天然資源の枯渇、水不足の問題、地球温暖化によって引き起こされるといわれている問題に取り組んでいます。

これらの問題に対して、創業明治43年(1910年)より100年以上培ってきた技術を活かして、今では商品の提供とどまるだけでなく、システムとして提供することで地球規模の課題にソリューションを提案していることを紹介いただきました。例えば、モルディブ共和国では、上下水道事業を展開し、島国には不可欠の飲料水を海水淡水化装置によって供給しています。また、ハワイ島嶼域では発送電にITを駆使して効率化するスマートグリットの実証を行っており、2030年には島内の総発電量の40%を再生可能エネルギーにする目標に向けて組んでいます。

このように、持続可能な社会に向けて、事業を通じて、環境負荷を低減する環境経営に取り組んでいます。ただ、企業だけでは、これらの問題は解決できないため、これから製品を消費していく大学生に向けて、コミュニケーションをしっかりと取ることで、未来に環境負荷の少ない商品を選択する消費者を育て、未来の市場をつくりだしていくことが必要だということを学ばせていただきました。まさにInspire the Nextのキャッチコピーにふさわしく、グローバル企業は「価値の共有」の取り組みに先駆的に挑戦しているということを実感しました。IMG_1800

学生からは、「大きな事業を展開されているからこそ、一人ひとりの働く人の意識づけが大事になると考えます。その点について、どのように社員への啓発を行っているのですか?」という質問がなされ、日立では「環境行動計画」を定めて、数値目標を掲げて取り組んでいるということを聞き、グローバル企業の細部に至るマネジメントについて真剣なまなざしで学んでいました。

IMGP7917

担当する後藤教授からは、「グローバル企業だけあり情報の管理をしっかりとされているという印象をうけました。田島先生からは、これまでの環境ビジネスの講義で学んできたことの総集編のような講義をしていただいきました。また、西村先生からは、環境についてのことだけでなく、これから社会人としてやっていく学生に対して人生の先輩として大変あたたかい言葉をいただきました。どうもありがとうございました。」と感想がのべられました。またこの日、白馬での震災のために行われた災害ボランティアセンターの募金活動にもご協力くださいました。本当にありがとうございました。

 

【環境ビジネス】愛知製鋼株式会社〜企業活動を通じて、持続可能な社会に貢献する〜

2014年12月3日(水)、経済学部の環境ビジネス(担当:後藤順久経済学部教授)に、愛知製鋼株式会社の村上一郎執行役員が「環境を配慮した経営」というテーマで講義を展開してくださいました。

Exif_JPEG_PICTURE

愛知製鋼株式会社は、1940年、東海市の地で、「トヨタグループの礎を築いた豊田喜一郎氏が、国産車をつくるために『重要部品の素材である特殊鋼を自らつくる』という高い志のもとに創業したメーカー」[i]です。ただ鉄から鋼材をつくる事業は、多くのエネルギーを消費し、環境にも影響を与えてきたと、当初、近隣住民に迷惑をかけてきたという認識に立った上で、現在では積極的に「環境を配慮した経営」を行っています。

環境省の環境配慮経営ポータルサイトによると、「環境配慮経営」とは、「事業活動に伴う資源・エネルギー消費と環境負荷の発生をライフサイクル全体で抑制し、事業エリア内での環境負荷低減だけでなく、グリーン調達や環境配慮製品・サービスの提供等を通じて、持続可能な消費と生産を促進します。」[ii]と説明があり、以下の点が重視されています。

①   経営者の主導的関与

②   環境への戦略的対応

③   組織体制とガバナンス

④   ステークホルダー(利害関係者)への対応

⑤   バリューチェーン志向

⑥   持続可能な資源・エネルギーの利用

 愛知製鋼株式会社では、CSR理念に、「健全な企業活動を通じ、社会・地球の持続可能な発展への貢献をはかる」ことを掲げて、2020年に向けて「世界で選ばれる会社(Company of Choice Globally)」というありたい姿を描いています。そのビジョンを支える「価値」として「世界中で安心」を社会に提供することを目指しています。

Exif_JPEG_PICTURE

そして、理念を掲げるだけでなく、「1S文化」といって「正直」が1番、「清掃」が1番、「安全」が1番、という行動指針を設けて、社員一人ひとりが日常の事業活動の中で考え行動することを徹底しています。また、生産することを地域の人に理解していただけるように、清掃活動を本社の社員も含め社員挙げて取り組むことや、臨界エリアの企業緑地で「カブトムシの住む森づくり」を行うこと、東海市の小学校で「鉄の教室」という出前講座を開催するなど、地域の方との積極的なコミュニケーションを図っています。

Exif_JPEG_PICTURE

今回の講義を受けて、CSR活動は、事業活動の外で行われるだけではなく、事業活動を通して行うことで社会にインパクト与える貢献ができるということ学ばせていただきました。村上先生、どうもありがとうございました。なお、日本福祉大学 国際福祉開発学部の千頭聡教授が愛知製鋼レポート2014に第三者意見を寄せています[iii]


[i] 講義資料より

[ii] 環境省 環境配慮経営ポータルサイト http://www.env.go.jp/policy/keiei_portal/about/index.html

[iii] 愛知製鋼レポート2014  http://www.aichi-steel.co.jp/envi_rep/pdf/14/2014_all.pdf

【環境ビジネス】中部電力 たけとよメガソーラーから日本の電力を考える

IMGP7567 2014年11月27日(木)、経済学部の「環境ビジネス(担当:後藤順久教授)」の講義の中で、中部電力株式会社の武豊火力発電所内にあるメガソーラーたけとよの見学バスツアーを行いました。武豊火力発電所は、約66万㎡(1500m×440m)の敷地面積の中に、4機の発電ユニットを設けています。武豊火力発電所の役割は、ピーク時の需要を補うことであり、常時は稼働していない発電施設です。なぜ、余裕設備が必要かというと、「電力を安定的に供給するためには、気象変動による需要の急増や発電機のトラブル停止などへの対応として、予備の供給力を確保する必要がある」※1からです。

IMGP7568

まず、考えさせられたのが、「電力の質」の問題でした。日本は一件あたりの停電時間が2012年で年間で16分※2ときわめて少なく、かつ電圧と周波数が一定に保たれています。「電力会社は電気を売っている会社ではなく、電力を調整する会社」とお話いただいことに象徴されるように、中部電力では、管内の電力の質を保つことで、経済インフラとしての機能を果たしていることを説明いただきました。

IMGP7569 そんな中で、国際的な経済発展が進む過程で、資源獲得の競争の激化、化石燃料の枯渇の問題や、環境問題への対応などを考え、電力の安定供給のために再生可能エネルギーについても検討をしているそうです。メガソーラーたけとよは、約14万㎡(サッカーコート20面)の敷地面積に約3万9000枚の太陽光パネルを設置して、730万kwh(一般家庭約2000世帯分の年間使用電力量に相当)の想定年間発電量を発電しています。

IMGP7573

IMGP7572 参加した学生たちは、敷地一面に整然と敷き詰められたパネルから発電される電力に思いを駆け巡らせて、説明いただいた小田さんに積極的に質問をしていました。

IMGP7574 IMGP7575

その後、火力発電所に移動をして、火力発電のタービンや普段入ることができない制御室を見学させていただきました。制御室は、昭和47年に稼働した当時の面影をそのまま残しており、たくさんの計器類が並んでいました。また、火力発電所を稼働させるには、ピーク時の電力量を予め想定したうえで、半日以上前から稼働の準備を進めるということを説明いただき、いかに電力の調整が難しいかということを理解することができました。

IMGP7571

担当する後藤順久経済学部教授は、「今までの講義でトヨタホームさんから太陽光発電などの知識を教えてもらった分、今日は多くの気づきがあったと思う。『百聞は一見に如かず』だった。これからも現場に行って、考える機会をつくっていけたら、いい学びにつながると思う。」と感想を話してくれました。

もし興味をもたれた方は、是非、個人でも見学ツアーに行くこともできます。詳しくは、中部電力ホームページをご覧ください。

中部電力ホームページ PR展示施設 メガソーラーたけとよ

http://www.chuden.co.jp/corporate/company/officelist/prs/prs_megasolar_take/

※1 見学ツアー配布資料より

※2 電気事業連合会ホームページ http://www.fepc.or.jp/enterprise/supply/antei/sw_index_01/

 

 

 

 

【環境ビジネス】中西 廃棄物事業をソーシャル・ビジネスへ

IMGP7360

2014年11月12日(水)、経済学部「環境ビジネス」の第9講が行われました。この講義は、リレー講義形式で展開されており、毎回、環境と持続可能性をテーマにした企業の方をゲスト講師にお招きして、取り組みについてや、学生に対するメッセージを届けていただいています。

今回の講師は株式会社 中西の代表取締役社長の笠原尚志様で、「廃棄物とビジネス〜環境とビジネスの両立〜」というテーマでお話をしてくださいました。

IMGP7365

笠原先生は、大学時代に第一次オイルショックを経験され、ガソリンスタンドに長蛇の列ができたり、石油関連の物資がスーパーから消えてなくったという衝撃的な体験を通して、「日本は資源がない国だ」ということを学生ながらに学んだそうです。その経験があったからこそ、当時から節約や代替エネルギーに注目をして、それが現在の事業につながっているそうです。

今日の講義では、時代の流れの中で、「大量生産・大量消費」へと産業構造が変わっていき、それに伴って包装も瓶から紙の包装にかわるなど、江戸時代に世界でもっとも高度化していたといわれる「循環サイクル」が崩れ、「生産-消費-廃棄」の直線的な消費スタイルとなってしまったと時代の変遷を省みていました。そんな中で、株式会社中西では、リユース、リサイクル事業に取りくんでいます。

「これからはすべての企業がなんらかのCSR(corporate social responsibility )に取り組んでいかないといけない」と事業を通して、経済的な価値(Economic Value)だけでなく、社会的な価値(Social Value)の創出を行うことで、付加価値をつけていくことがミッションだと語ってくださいました。株式会社中西では、社員の半数がなんらかの障害を抱えている人で構成されていて、それぞれの個性に合わせた仕事をつくることで、「障がい者の見過ごされがちな能力」の開発にも取り組んでいます。

IMGP7364学生からの質問では、産業廃棄物の業者を選択する際に、「信頼をどう担保しているのか」という質問では、「マニフェストという、書類を処理をした業者がサインをして、それを次に送っていき、最終処理までいったらその書類が手元にかえって来る」という制度があることを教えていただきました。「売上高はどれほどか」、といった経済学部ならではの質問もでて、大変刺激のある講義になったようでした。

IMGP7361

 

最後に、「好きなこと、興味がわくことを就職先でできると本当に幸せ。学ばせてもらいながら、お金もいただける。そんな環境を与えてくれた上司には、今でも感謝している。」と笠原先生から、学生に向けてこれから就職活動を行っていく学生に対して、メッセージを届けていただきました。

(参考資料)

環境省 2012年 「日本の廃棄物処理」

https://www.env.go.jp/recycle/waste_tech/ippan/h21/data/disposal.doc

 

【環境ビジネス】トヨタホーム スマートホームから再生可能エネルギーの未来を学ぶ

2014年11月5日(水)2限、経済学部の「環境ビジネス」(担当:後藤順久教授)の8講目の会に、トヨタホーム株式会社より、技術部の伊藤桂一様を迎えて、環境配慮型住宅〜スマートハウスについて〜という題目で、再生可能エネルギーを効率的に活用する仕組みについて説明いただきました。

IMGP2184 IMGP2183

国の政策では、「今後、安定供給の確保や電気料金の最大限抑制、需要家の選択肢や事業者の事業機会拡大等を目的とした電力システム改革を推し進めることとしており(平成25年4月閣議決定)、その中で、家庭などへの小売事業について、平成28年(2016年)を目途に自由化することとしています(小売全面自由化)」※1と、2016年4月より、電力関連法制が規制緩和され、電力小売り事業に異業種から多くの参入が見込まれると予測されます。そんな中、トヨタホームでは、高まる小売りの電気料金や、再生可能エネルギー買取制度の政策的インセンティブを活用して、参入の機会を見出しているようです。

伊藤先生は、経済産業省が描くスマートグリットの姿は、「電力の流れを、供給・需要の両方から制御し、最適化する送電網のポイントは、「再生可能エネルギー導入拡大・分散型送電」と電力の不安定化解消のための「スマートメーター」「蓄電池」「IT技術」の導入」だとお話いただきました。

IMGP2179

トヨタホームのスマートハウスの構想は、HEMS(HOME ENERGY MANEGEMENT SYSTEM)とよばれるエネルギーの見える化とエネルギー制御によって省エネ、創エネ、蓄エネ、調エネによる電力の最適化を目指しています。講義だけではすべて理解できない素晴らしい情報を与えていただきました。

その後、質疑応答があり、3、4年生を中心に質問がだされました。最後に後藤先生からも「ライフサイクルコストを考えると環境負荷が多いのではないか」と質問があり、伊藤氏からは「最近は製造現場でもかなり省エネが行われていたり、かなりの期間の耐久性があるので、昔よりは低くなってきている」といった、踏み込んだやり取りが行われていました。

IMGP2182 IMGP2180

日本の未来像が鮮明に浮かび上がる素晴らしい講義をどうもありがとうございました。

※1 出典:経 済 産 業 省 資源エネルギー庁電力・ガス事業部電力市場整備課、2013年「電力小売市場の自由化について」

【環境ビジネス】生態系の循環から経済の循環を学ぶ

2014年10月22日(水)2限に、環境ビジネス(担当:後藤順久経済学部教授)の講義が行われました。この講義は、リレー講義方式で行われており、毎回学外から講師を招いて環境や持続可能な開発のための教育を展開しています。

後藤教授

今回の講義は、前回に引き続き、美浜町で竹林を活かした循環型地域社会の構築を目指して取り組む、美浜町竹林整備事業化協議会(モリビトの会)代表の神野悦夫さんと、大府市で無農薬・無肥料の自然栽培とできた農作物の販売企画をされている有限会社プラネットの代表取締役の杉本貴子さんと、三浦さんに講義をしていただきました。

「自然農法って聞いたことある人いますか?」

杉本代表からは、土壌生態系を豊かにすることにより、植物を健康に育てることができるというお話をしていただきました。プラネットの畑は、愛知県大府市内の耕作放棄地を借りて耕作しており、現在30種類の野菜を栽培しているそうです。

 

全体の様子

 

杉山さん2

続いて、モリビトの会の神野さんからは、放置竹林を活用した循環型トータル農業の事業プランが説明されました。放置された竹林を間伐・伐採するだけでなく、伐採した資材をチップ化・炭化することで、バイオエタノールをつくりだし自然エネルギーへ転換したり、土壌改良材として活用する構想が話されました。学生たちは、里山を保全することで、環境負荷を減らすだけでなく、経済も循環させるという発想に、たくさんのことを学んでいました。

神野さん

その後、プラネット農園で朝収穫された、完熟ピーマンとホウレンソウなどを、同じくプラネットさんの無添加ドレッシングをかけて試食が行われました。野菜嫌いの学生も、「甘くておいしい」「これなら食べられる」と、感想を述べていました。

試食

対談

最後に、後藤教授から、まとめとそれぞれの講師の方に対談の時間がもたれて、ふりかえりが行われました。次回からは、エコプロダクトについて学んでいきます。