カテゴリー別アーカイブ: 過去の記事

徳吉醸造取材

こんにちは、かわです。
課題やらでまとまった時間が取れなかったために書けずにいた、徳吉醸造様への取材レポートをやっとアップいたします。
遅くなって本当に申し訳ありません。

ということで6月22日(土)に、新しく広報に入ってくれた一年生3人と、二年生3人、そして学事課の木俣さんと、学園広報室の小寺さんという大所帯で徳吉醸造様に取材をしてきました!
徳吉醸造は、私たち広報チームがPRに力を入れている「福だまり」を作っておられるところです。
取材メンバーはみんな取材経験ゼロということで不安しかなかったのですが、社長様がお優しい方で私たちのペースに合わせてくれたので、大きな失敗もせず取材が出来ました。

まず、実際の福だまりが作られる過程を、道具を説明してもらいながら見学しました。
実際に見ると迫力があるうえに、ここで作られてきた醤油たちの存在をいっぱいに感じることが出来ました。

DSCF5150

DSCF5186

福だまりは日福の学生が考案して作られたのですが、何故協力してくれたのですか、と社長様に質問をしたところ「新しい商品を作ろうと思っていたところ、丁度いいお話がやってきて、プロデュースしてもらうことにした」というお答えをもらいました。福だまりは、徳吉醸造様にも日本福祉大学にもメリットの多いもので、必然的に生まれたものだったのですね。
知らなかったことをたくさん教えてもらいました。
そして、私たちに「学生ならではのPR方法で福だまりを広めてほしい」とのお言葉をかけてもらいました。
まさか期待の言葉をかけてもらえるなんて!感激でした!
社長さまにも気を遣わせてしまうような、つたない取材でしたが、私たちは実りの多い一日だったと実感しています。おかげさまで広報プロジェクトが取り組む、これからの課題の土台ができてきました。
それでは、取材初体験の一年生の感想です。

T君
徳吉醸造さんの他の人にもこの味を広めたいという思いを強く感じました。私も少しでも他の人に広められるよう頑張っていきたいです。

H君
醤油を作るのは、予想以上の体力や時間がかかることを知り驚いた。自分も何か作ることに携わりたい。

M君
徳吉醸造のような企業に見学に行く機会はあまりないので、見学は良い勉強になりました。このような経験は将来的に役立つと思うので、次に見学に行く機会があれば、また参加したいです。

一年生の三人は広報に入って間もないにもかかわらず、一生懸命取材に協力してくれました。これからみんなで頑張っていきます。

これから予定しているのは学校の生協で福だまりの試食会を行うことです。
今週も試食会で使うための新しい福だまりレシピを開発して打ちひしがれました!
例を挙げると、福だまりとヨーグルトを混ぜて食べてみたところ、私はイケると思ったのですが、全体的にあまり好評ではありませんでした。
このように、広報プロジェクトなりにPR方法を考えて、実践していくつもりですので、どうかよろしくお願いします。

SPI試験

「SPI試験」
5/8に120教室にて、経済学部2年生がSPI試験をうけました。
写真は試験時の様子です。
SPI蜀咏悄_convert_20130516142347
SPI試験を休んでしまった、という方は追試験があるようなので、受験しましょう。
【日程】
5/22(水):3限
5/23(木):11:30-13:00
5/24(金):11:30-13:00
【場所】
学習支援室(12号館5階)

キャリア開発(株式会社ほほえみ)

こんにちは
今回は、日本福祉大学の経済学部を知ってもらうため、経済学部の講義について紹介しようと思います。
ということで、本日紹介するのは、キャリア開発Ⅰという講義でございます。
キャリア開発Ⅰは、進路選択を目的としており、担当の先生である上田先生をはじめ、ゲスト講師さんから進路についてのお話をうかがい、社会人に求められる力を学び、将来の準備をするという講義です。
5月9日の講義はゲスト講師の人に社会を教えてもらうという回でした。そして、ゲスト講師として来てくださったのは、株式会社ほほえみの鈴木さんと竹内さんです。お二人は、日本福祉大学の卒業生であり、このブログへ授業の様子を載せることを快く引き受けてくださりました。この場を借りてお礼申し上げます。
さて、前置きが長くなりましたね。本題に入りましょう。
株式会社ほほえみは、利用者様の笑顔と感動を第一に考える理念のもと、介護施設などを経営する会社です。詳しいことは、こちらのホームページをご覧ください。
http://www.hohoemi33.co.jp/
そんな会社から来てくださったお二人は、ほほえみグループの紹介を中心に、社会について、自分の体験を織り交ぜながら話してくれました。
授業の様子はこんな感じです。
IMG_0038_convert_20130516141632.jpg
IMG_0034_convert_20130516141531.jpg
会社で働くということは、自分の中では暗いイメージでしたが、お二人は終始笑顔でお話しており、この会社で働くのは楽しい!と伝わってきたので、私も、将来そんな風に思えるようなところに就職できるよう、頑張ろうと思いました。

命をつなぐプロジェクト

経済学部2年のきのこです。
二年生の授業のVCプロジェクトの活動として今回は11/9に行ってきた愛知県のプロジェクト「命をつなぐプロジェクト」に参加してきたことを紹介します。
このプロジェクトは愛知県主催でどういったものかというと工業地帯と住宅地の間に、騒音など見た目などの問題を和らげるために「グリーンベルト」と呼ばれる森があります。
その森に生物を増やす、というのがこのプロジェクトのテーマです。
そしてこのプロジェクトメンバーが企業同士のネットワーク形成のお手伝いとして実際に新日鉄や大同特殊鋼などに出向き調査をし、フリーペーパーと言って駅などで自由に持って帰ることのできる本を作るという活動をしていました。
メンバーの方々はとても意識の高い方々ばかりでいい刺激になりました。
興味と時間のあるかたは自由に参加できるみたいなので、就職活動のアピールポイントとして取り組みたい人、フリーペーパーづくりに興味がある、環境を守りたい、生き物が好きなどという人がいれば是非とも後藤順久先生のところまで来てみてください。
これがフリーペーパーです。
命をつなぐプロジェクト写真

VCPJ活動見学

こんにちは。 3年の1010です
最近日々寒くなってきて朝起きるのがツライですね~(>_<)
この度地域研究プロジェクトVから各プロジェクトの連携を深めることを目的として、広報担当者の方を決めて頂来ました。
そこで地域研究プロジェクトの紹介です。今回はVCプロジェクトです!!                             
VCプロジェクトは、顧問の後藤先生を中心に4つのグループで構成されています。
僕がお邪魔させてもらったのは、紙芝居を通して防災を考えているグループです。
小学校や保育園での上映までの予定などについて話し合われていました。
お昼休みというのもあり、和気あいあいと話していましたが、議論が始まると皆さん真剣そのもの!!
司会などの役割分担もされていて、こういうところは広報も見習わなくてはと思いました。
学生向けにも紙芝居を上映するとのことだったので機会があればぜひ見に行きたいです
皆さんお忙しい中ありがとうございました。
最後に一枚
DSC00572_convert_20121217004747.jpg

辰野町紅葉まつり

辰野町の紹介
10月27日、28日に長野県の北部に位置する辰野町に行ってきました。そこは高齢者が多く住んでいて、主に農業が盛んに行われています。総面積の85%が森林なので緑に囲まれた自然豊かな町です。そのため、春は約780本の満開の桜を満喫し、夏はゲンジボタルの乱舞が見ることができ、秋は風光明媚な紅葉を一望し、冬はすごく寒いですがセツブン草という小さくて白い花が咲きます。辰野町は四季でいろんな情景を見せてくれます。
それだけではなく、辰野町には天然記念物や名所も多くあります。例えば、私たちは今回辰野町で「紅葉祭」が行われるため、そのお手伝いをしに行きました。その「紅葉祭り」が行われた場所が日本一大きなかやぶきが建っているところでした。かやぶきとは、カヤ(ススキやチガヤなど)を材料にして葺く家屋の屋根の構造の家のことで、とても立派な建物でした。また、蛇石という天然記念物に指定された、蛇のような石もあります。そこは夏にキャンプができるようなキャンプ施設があります。
特産品はまつたけやリンゴ、はちみつがあります。名物として「ほたる丼」という物がありますがこれは地鶏の照り焼きとゆで卵をのせた丼で、名前の由来は辰野町はゲンジボタルの里で有名なためつけられたそうです。
このように辰野町は目や舌を楽しませるところが多くある名所です。しかし、シャッターが閉まっている商店街や、医者が少ない病院、高齢者人口率の高さなどといった課題があります。こうしたことをどうやって解決するのか、今後VCプロジェクトで話し合っていきたいと考えています。
003_convert_20121204114430.jpg
↑川島小学校人形劇
そこで参加した人の感想を紹介します。
人々のふれあいを通して
N・K
10月27日と28日に辰野町川島地区の紅葉まつりの準備と当日の手伝いに参加しました。そこで感じたのは高齢化が進んでいることです。
川島振興会の方たちはみんな60代、70代の方が多く、若者はほとんどいません。それでも皆さんはこの辰野町川島地区のことを愛しているんだなと思いました。振興会の方のと交流会の場では、外から来た私たちを歓迎し、この時期旬の松茸御飯やしし鍋、辰野の地酒「夜明け前」を振舞ってくれました。そしてその一つ一つの料理について、「この松茸はあそこの山から取ってきたものだよ。」「その野菜はね、うちの畑で取ったものだよ。地産地消さ。」と説明してくれました。今の時代は自分の故郷や住んでいるところに愛着を持っていない人が多いと聞きますが、交流会の場で皆さん愛着を持っていることが分かり、うらやましいと感じました。
縺歙convert_20121204112121
↑振興会の方との交流会
紅葉まつりは大正琴の演奏や手打ちそば・うどんなどのたくさんのコーナーがあり、大変賑わっていました。中には売り切れたところもあったそうです。私は案内と振る舞い酒を担当しました。お酒をコップに入れて来てくれた人に振舞うので会話は少なかったのですが、飲んで陽気になってもらえたかな(車で来た人にはダメですが)と感じました。この祭りはこの町の特産品や芸能、自然を外部にPRする絶好の機会だと思います。またこの他ほたるまつりや どろんこバレーボール、御柱祭などなど辰野町を代表とするイベントや祭りがあります。それら行事から人々のふれあいを大事にしつつ、これからも続けてほしいと思いました。
辰野町の紅葉祭りに参加して… M・Y
今回、辰野町に初めて行かせていただきました。私の辰野町を高齢者ばかりが住む集落をイメージしていて、「交通が不便だ」や「介護が必要な方が多い」など、暮らしや身体に課題が多いところだと思っていました。しかし実際に行ってみると、高齢者は活発に動いていて、交通も細い山道を慣れているように車を運転していました。見ている限りだと辰野町の皆さんは楽しそうに暮らしていて、私が思っているよりも課題はあまり深刻ではないのかもしれないと思えてきました。町のPR活動もパンフレットやホームページを作って宣伝していて、辰野町に住む人は活動的なのだという印象を持つようになりました。
縺溘▽_convert_20121204112954
↑紅葉祭りの手伝いの様子
そんな辰野町の課題とはなんだろうかと思い話を聞いてみると、医療のことと収入源のことについて課題があるのではないかと考えるようになりました。まず医療のことというのは、辰野町には病院があるのですがそこの科と医師が少ないということです。もうひとつ収入源についてというのは、辰野町の山は松茸がよく取れるのですが今年は不作だったらしくあまり売ることはできませんでした。松茸のほかにそばの実などがあるのでほかで収入を得られると思いますが、そうした売るものが天候などの関係で売れなくなってしまった場合どうするのか、以上が私の思う課題です。しかし、実際にどういう課題やニーズがあるのかわからないため、今後辰野町の活動に参加して課題を発見し解決に至れたらいいなと考えます。

福祉大学祭

こんにちは
久々ブログの3年1010です!!
11月の17,18日に第60回日本福祉大学祭が今年も盛大に行われました
1日目は去年と同じくあいにくの雨(-_-;)
外で売店をしてた人たちはなかなか大変そうでした・・・
しかし皆さん雨ニモマケズ頑張っていました!!
DSC00570_convert_20121122221924.jpg
上の写真は経済学部の渡邉ゼミ3年生の皆さんです
「たません」の模擬店を出してました
たませんにはあの経済学部考案の「福だまり」を使用するこだわりっぷり( ・´ー・`)どや
僕も取材を兼ねて買わせてもらいました、ボリュームもあって美味しかったです>
2日目は天候にも恵まれなかなかの大祭日和
大勢の人たちで賑わってました
121118_123641_convert_20121122224418.jpg
こちらは経済学部の有志達によるたこ焼きの模擬店です
強風の中皆さん頑張ってました!!
この日はあの「家入レオ」さんのライブがあったんです、今年は当日までに完売するほどの大人気
行きたかったなー(*´Д`)
何はともあれ皆さん2日間お疲れ様でした~

専門演習オリエンテーション

専門演習オリエンテーション
いわゆる、ゼミナールが10月25日にありました!
IMG_0127_convert_20121115134606[1]
みなさん知っていますか?
経済学部は四年生までゼミが持ち上がりなんですよ!
だから、慎重に選ばないといけないですね。
IMG_0142_convert_20121115134902[1]
IMG_0151_convert_20121115135312[1]
IMG_0167_convert_20121115135518[1]
IMG_0176_convert_20121115135807[1]
IMG_0183_convert_20121115140017[1]
IMG_0187_convert_20121115140156[1]
IMG_0195_convert_20121115140757[1]
IMG_0200_convert_20121115140948[1]
IMG_0209_convert_20121115141132[1]
IMG_0216_convert_20121115141458[1]
IMG_0223_convert_20121115141627[1]
IMG_0226_convert_20121115141755[1]
上田先生、遠藤先生、楠田先生、近藤先生、西村先生、野口先生、橋口先生、曲田先生、丸山先生、谷地先生、山上先生、柳先生。
それぞれのゼミがどれも個性的で、先輩たちも個性的だったような……?
そして、ゼミではありませんが、教職研究会の人たちも説明してくださいました!
IMG_0220_convert_20121115141948[1]
第一次募集は10月26日?11月16日です。
それまでに、自分が所属したいゼミの先生に自分を売り込みにいきましょう!

知多半島映画祭

こんにちは。11月になりました!
もう上着が手放せない海です(((´゚ω゚`)))ガタガタ
11月3日にアイプラザ半田で知多半島映画祭が行われました
今年で2回目の開催です
スタッフとして学生が大勢参加しました。中には高校生もいましたよ!日本福祉大学からは経済学部から5人、子ども発達学部から2人、社会福祉学部から1人参加しました。その中に広報PJが3人も!ブログをもっと頻繁にあげられるように1歩前進?(^~^)
当日上映されたのは古波津陽監督のWAYA!宇宙一のおせっかい大作戦と短編映画6本、新海岳人監督の「かよえ!チュー学」です。1日に8本も映画が見られるなんて贅沢!ほかにもインドネシアの民族楽器アンクロンの演奏やグルメ販売車の集結と盛りだくさんでした。
古波津監督とパチリ☆
知多半島映画祭
さて、スタッフとして参加した広報PJですが、いくら会議で役割や進行を徹底したとしても本番は予想外の事態が起こるのがお約束です。まだ2回目の開催というのもあり、裏方はだいぶバタバタとしたものになりました。今まで、私は舞台やイベントに慣れていると思っていた節があるのですが、それは何回も開催されたことでシステムが完成されたものにばかり関わっていたからだと痛感しました。ですが、自分たちで意見を出し合いイベントを進行していくことで「イベントをつくっている」ことをはっきりと感じ取ることができ、非常にやりがいがありました!
「今回の反省を活かして来年に繋げたい、もっと良いものにしたい」と思った知多半島映画祭でした!!

消費者講座

消費者講座
10月23日、毎年恒例らしい消費者講座が行われました。
3限という1番眠くなる時間。
でもそんな眠さも吹き飛ばしてくれるような、クイズや寸劇などがありました。
そしてなんと、ここ日本福祉大学のOBの方もいらっしゃいました。
母校への愛が強いようです。
くぇrty
講座では私たちがあまり身近に感じないことが多いと思いきや、これから気を付けるべき様々なことが!?
例えば、契約のこと、携帯ゲームのこと、クーリングオフのこと。
クーリングオフなんかは聞いていてとてもためになりました。
これは何でもかんでも適応されないようです。自主的に行った行為は適応されません。
気を付けましょう。
クイズでは全問正解した人に素敵なプレゼントが!!
残念ながらたった一人しかいませんでした(笑)
それだけ知らないことが多いのだと改めて感じさせられました。
くぇrt
寸劇では女の人が男の人を上手く騙すという内容で・・・(だいぶ略しましたw)
騙されていた男の人がかわいそうで・・・
あんなに人は簡単に騙されるんですね。怖い~。
皆さん、知らない人から電話がかかってきたら気を付けてください。
gt
最初は寝てしまうかもと思った消費者講座ですが、知らない話が多く聞き入っていました。
他の学生も一生懸命聞いているように思えました。(えっ!?笑)
講師の方々、ありがとうございました。