経済学部広報プロジェクト 教員紹介第11弾~吉田直美先生~

広報プロジェクトによる教員紹介のお時間です。今回は、お茶目でチャーミングな吉田直美先生をご紹介します。
吉田先生

~吉田 直美(よしだ なおみ)先生編~

―――本日はよろしくお願いいたします。さて、2015年度に先生が担当されるのは、どんな講義なのですか?二つ教えてください。
まず一つ目は「現代の医療と福祉」です。「現代の医療と福祉」は、医療と福祉の制度についての理解を深めながら、現行制度の問題点とその背景、現場が抱えている課題について考えます。
二つ目は「高齢社会論」です。この講義では、高齢者の生活実態や制度面を学ぶとともに、高齢社会ゆえに発生する社会問題を、単に「高齢者の問題」としてではなく、高齢社会に生きる私たち全体の問題として考え、あるべき方向性について模索していきます。

―――「現代の医療と福祉」の問題点や課題で、こんなことを学生に強く伝えたいということはあるのでしょうか?
まず、それぞれにとっての「医療とは、福祉とは何か」について考えてみてほしいですね。教員と学生、学生間でも「医療」「福祉」のイメージは一人ひとり、そして時代によっても、捉え方が違うことを知ってほしいです。例えば、十年前の学生の多くは「福祉」というと「貧しい人、障害者」などを思い浮かべていたようだけど、最近では「介護」と答える学生が多いです。年代によって意味が違ってくるのですが、そういうのは、面白いですね。

―――「高齢社会論」を受講すると、親が高齢になった時、自分が高齢になった時、どんな社会が必要だろうかと考えさせられます。先生自身、高齢社会が今後どのようになっていくのが理想だと考えますか?
ただ長生きするのではなく、「自分も他者もここで生きていていい、ここに居ていい」と思える社会がいいと思いますね。人間は必ず衰えます。そして長生きするほど色々なもの(健康・経済・社会的役割等)を失うものが増え、その結果、孤独感や寂しさが募っていくことが多いです。そのような色々な意味での生きづらさを補うために制度やサービスがあると思います。人それぞれ「こうしたい」という社会の考えがあっていいのです。しかし、安心して暮らしていくための制度づくりやサービス提供をするためには財源が必要で、それを誰がどうやって負担するかという問題があります。介護等をはじめとする高齢者へのサービスを与えるばかりでは、サービスを貰う側はハッピーだけど、提供する側は不公平を感じ、不満もたまっちゃいますよね。win-winの関係を築けるのが一番です。救われるだけが「福祉」ではないですからね。

―――先生が今一番関心を持っている研究を教えてください。
防災・減災のために地域住民ができることは何かを住民自らが考え、一人でも多くの命を守ることが大切です。特に災害時要援護者の命を守れるようにしようという視点からの「住民が積極的にかかわる仕組み」づくりと、それを実現するための地区防災計画の立案について、関心があります。
災害弱者は高齢者と障害者だけではなく、子ども、外国人、妊婦、病人、土地勘のない旅行者なども挙げられます。つまり、誰でも災害弱者となる可能性があるということです。弱い人たちが助かる方法を自分たちで考えることが大切です。地域のことを知っているのはそこに住んでいる自分たちですから。自分の命は自分で守る。そんな仕組みを作りたいと考えています。

―――先生のことを教えて!のコーナーです。自分の性格を一言で表すと?
グータラしているのが好きだけど、実は極度の心配性。
お尻に火がつかないと動かないタイプです。

―――それでは、先生から見た日本福祉大学の魅力はなんですか。
ハード面からみると、立地条件。東海キャンパスは、駅に近くて通学に便利で校舎はきれいです。
ソフト面からみると、教職員と学生の距離感がわりと近いです。気軽に研究室に行けて、あれやこれやと話せますから。
経済学部では、学生を型にはめようとするよりは、いろんな経験することを応援する教員が多いことや、ほんのちょっとしたことをきっかけに、「大化けする」というか、ぐんと成長・変化できる学生さんがたくさん存在していることです。

―――最後に、受験生へメッセージをお願いします。
長い人生、成功することも失敗することもあります。大学受験は通過点の一つにしか過ぎません。でも、いろんなことに挑戦して積んでいく経験や、コツコツ努力してきたという事実は、誰にも奪われない財産です。チャレンジ精神と地道な努力の継続のどれか最低一つ(両方あれば最強ですが)があれば、きっと道は拓かれると思います。

―――以上で質問は終了です。ありがとうございました!

経済学部広報プロジェクト 教員紹介第10弾~藤井啓之先生~

随分ご無沙汰しておりました。待ちに待った広報プロジェクトによる教員紹介のお時間です。
今回は、今年から日本福祉大学で教鞭を執っている、チャレンジ精神旺盛な藤井啓之先生をご紹介いたします。

★IMG_3153

~藤井 啓之(ふじい ひろゆき)先生編~

―――藤井先生、インタビューにご協力ありがとうございます。早速ですが、2015年度に先生が担当されるのは、どんな講義なのですか?2つ教えてください。
「道徳教育の指導法B」と「特別活動方法論B」を担当しています。
「道徳教育の指導法B」は、教育免許を取得する学生向けの授業です。明治時代から現代までの道徳教育の歴史を概観するとともに、道徳の授業方法についての世界的な研究の発展を踏まえて、子どもの道徳性の育て方について考察します。

―――どのようなことを学べるのか全く想像ができないです…。
要するに、「道徳の時間」にどのように指導するかを学ぶ講義です。道徳の時間は明治時代からあって、どのような流れで変化してきたのかを知り、また、世界での道徳の授業方法なども学びながら、道徳について考えます。
二つ目の「特別活動方法論B」も、教育免許を取得する学生向けの授業です。教科指導とは別に学級担任として教科外領域で必要になる指導力を育てるため、特別活動(学級活動、文化祭・体育祭行事、生徒会等)の具体的な教育実践を取り上げながら、指導の在り方について学びます。

―――教員を目指している友人がとても大変そうなのですが、受講している学生の様子はどうですか?
初めて学級担任になって、「何をしたいか」「何をするのか」、自分の過去を振り返ってもらいながら指導を学んでもらっています。教えていると、回数を重ねていくうちに指導の視点が洗練されていくのを感じ、心に響いているのを実感しますね。

―――教員を目指す人に向けてメッセージをいただけませんか?
教員は大変な職業です。教員になるために、色んなことに積極的に挑戦し、出かけた先で色々な人と話してコミュニケーション力を磨くことが大切だと思います。公務員だから安定しているとして目指すと本当に大変です。相手は中高生で多感な時期ですからね。そして、生徒に教えるということは相当な知識が必要になります。たとえ教員になってもならなくてもその知識は人生の糧になりますから、「すごい教師になってやろう」という心意気で取り組んでほしいと思います。

―――先生が今一番関心を持っている研究を教えてください。
民主主義教育についてです。18歳選挙権の導入が決まり、原発問題や安保法制など、若者の間に政治への関心が高まっている現在、子ども・若者を民主主義社会の担い手に育てていくのに、どのような知識や能力が必要なのか、それはどのような教育内容や方法で育てることができるのかを明らかにすることです。

―――若者が政治に関わることができるということに非常に賛成です。しかし、高齢者数が若者数より多い今、若者の意見が反映されない可能性もあるのではないでしょうか?
必ずしも中高年世代が中高年に有利な政策に投票をしているわけではありません。それに、「どうせ自分たちの意見は反映されないから」と考えて行動しない人がいますが、若者全員が票を入れれば状況は変わると考えます。つまり、何もしないのが問題なのです。
そして、日本は、国民の権利などを学ぶにしても、それは受験のための知識でしかありません。「アルバイトでも有給休暇がとれる」と言うと、皆一様に「えー!?」と言うでしょう?権利を知ることは民主主義社会に必要なことだと思います。

―――先生のことを教えて!のコーナーです。自分の性格を一言で表すと?
そそっかしい。多趣味。
先日、宿をとる必要があって予約をしていたのですが、宿に行ってみるとその予約が別の日になっていて。これが最近のそそっかしい話です。
趣味はドラム、スキー、スノーボード、トライアスロンと色々あります。

―――それでは、先生から見た日本福祉大学の魅力はなんですか。
教育熱心な先生がそろっていることです。学生のための議論がされているんですよ。
また、今年から日福に勤務して、美浜キャンパスにも行っているのですが、やはり東海キャンパスは施設が良く美しいです。

―――最後に、受験生へメッセージをお願いします。
高校時代に身につけておくべき多様な力(基礎学力、社会性、社会に対する問題意識等)をしっかり身につけておいてください。今やるべき事をしっかりやれる人が、大学にはいってからも多くのことを吸収し、成長できるのだと思います。
大学に入ったらやろうと思っていては大学でも実行できません。今できることをやることが大切です。

―――以上で質問は終了です。ありがとうございました!

先生の多趣味には驚かされました。スキーを5年で習得して、さらにはスノーボードもできる。そこに痺れる憧れる!緊張でガチガチの私でしたが、最後は笑ってお話を聞けました。ご協力ありがとうございました!

今年も名古屋市消費生活フェアに出展しました!②


2日目写真1
2日目は、今年から始まった新たな企画「なごやHAPPYタウン~こどものまち~」です。主に中学生以下の子どもたちを対象にした体験型のイベントで、参加者は、クイズや工作・実験などで暮らしに役立つことを学ぶとともに、学習して獲得した買物券を使って会場内で買物をします。地域研究プロジェクトのなかのフードプロジェクトは、このイベントに果物や野菜、ポン菓子を販売する店として出展しました。参加した子供たちには、農産物や加工食品の表示等について学んでもらい、また学生が収穫した米やその米で作ったポン菓子等を買ってもらいました(写真参照)。

さらにこの企画のルールにより、参加した子供たちに出展者の仕事を手伝ってもらいましたが、学生にとっては、仕事を適切に分担し、その内容を小中学生にわかりやすく伝えるという点で貴重な学習の機会になりました。

この日は雨にもかかわらず開場前から行列ができるほど多くの来場者があり、商品が不足して、一部の購入希望者にはご迷惑をおかけすることになりました。今年初めての企画ということもあり、用意する商品の数や種類、価格の設定など、難しい問題も多く、勉強させられることの多いイベント出展だったと思います。
2日目写真2

今年も名古屋市消費生活フェアに出展しました!①

2015消費生活フェア HP (2) (1)
11月7日(土)、8日(日)名古屋市栄のオアシス21で、名古屋市主催の消費生活フェアが開催されました。今年も第1日目は経済学部近藤ゼミ、第2日目は加茂先生ご担当の地域プロジェクトが出展しました。

第1日目の様子をゼミ生たちの感想で紹介します。

・自分たちが作成したクイズを来場者にやってもらい、それを自分たちが解答・解説しました。子供から高齢者、家族連れが参加してくれていろいろなお話を聞けて楽しく過ごせました。

・自分たちで作った問題を来場者にやってもらい、それを解説するというのは、初めての体験で、間違ったことを教えてしまわないだろうかととても心配でした。でも、実際にやってみると、優しい方が大勢いて、説明を真剣に聞いてくれる人も多かったので、とてもやりがいがありました。

・来場者数は予想していたよりも多く、ブースにも思ったより多くの人が来てくれて、いろいろな人と会話ができてよかったです。中高生の数が少なく高齢者や小学生が多かったので、自分たちの作った問題がわかってもらえるか心配でしたが、割とわかってもらえたので成功したのかなと思いました。高齢者の方には説明を聞き取ってもらえるよう気を遣って対応しました。

・クイズを解いて「知らなかった!」という声を聞いたとき、この問題を出して良かった、と思いました。正解の数よりも、知らなかった事を知ってもらえてよかったです。

・今後、トラブルにあったときやトラブルにあわないために、クイズの知識を少しでも活用してもらえればいいと思いました。

・他の大学や消費者団体が出展しているブースを回り、とても勉強になってよかったです。

・イベントに参加することが楽しいということがわかりました。他のブースの人たちとも交流することができて良かったです。

2015年消費生活フェア HP(1)

「多種多様な民族が集まるバンクーバーへ留学」②

②
留学した理由は旅をすることが大好きで日本だけではなく、外国の文化にも他の人の経験談や本からだけではなく自分の身で体験してみたいと思ったからです。バンクーバーは外国からの移民(特に中国)がとても多く、街中は様々な人種の人々であふれています。ここでよく聞かれることが「移民?留学生?」という質問です。一番驚いたことは、バンクーバーの南に位置しているリッチモンド市というところでは市における総人口の半数以上がアジア系住民で特に中国人が大多数を占めているため、中国語で書かれている看板が街中に溢れていることです。このように、カナダ人が多数を占めているわけではないので、たまにカナダにいることを忘れてしまいます。食事も様々な国のレストランがあって美味しいですし、人々はフレンドリーで親切、夜中に歩いても安全な街(危険地帯除く)でとても過ごしやすい街だと思います。私自身も白人、黒人、アジア系、アフリカ系、カリブ系と様々な国の友人が出来ました。ただ、良く関わる友人はアジア系で固まっているのでこれは偶然なのかそれとも同じ人種同士で固まってしまうのか気になっているところです。様々な人種の人々が集まっているため、彼らの文化を知る機会も多く、日本では当たり前だったことがここでは当たり前じゃない、そういう衝撃を何回も受けたのと同時に、数多くの新しい発見があるのでとても楽しい日々を過ごしています。

更なる経験を積み重ねるために、今後は現地の会社でインターンシッププログラムを受ける予定です。聴覚障害を有しているため、どうなるのかという不安もありますが、バンクーバーでの経験を糧にして障害を言い訳にせず、どんどんとチャレンジしていきたいと思います。冬はイエローナイフのオーロラを見に行くことを考えています。日本に帰国したら、バンクーバーでの経験を活かして就職活動、卒業論文に集中して時間があれば旅をすることが大好きなので何らかの手段で日本一周をしたいです。
最後に、留学することを障害を理由にして「厳しいのではないか」と悩んでいた時期もありましたが、慣れてしまえばなんてことはありません。これからもチャレンジ精神を大切にして、日本に帰国して「やはり、留学して良かった」と思えるように残りの留学期間を頑張りたいです。

④

「多種多様な民族が集まるバンクーバーへ留学」①

①

こんにちは。

経済学部4年のヤマサワと申します。

現在、4年次を休学して、2015年5月からカナダのバンクーバーというところに留学しています。私は聴覚障害を有しているので、一般の語学学校で健常者と同様に学ぶということはコミュニケーションの面から難しく、先生と生徒のマンツーマンレッスンを行っている留学エージェントと渡航する事前に相談した結果、レッスンを筆談で受けることになりました。先生も快く、受け入れてくださり、毎回楽しくレッスンを受けています。

また、私はASL(American Sign Language)というアメリカ手話をバンクーバー市内にあるカレッジで学んでいます。ASLは日本の手話と表現方法や文法が全く異なり、初めはコミュニケーションに苦労しましたが、日常的に会話を繰り返したことで今は日常会話程度なら流暢に会話することが出来るようになりました。ご縁もあって多くの聴覚障害者と知り合い、こちらで出会った友人とカナダでは有名な観光地、バンフ、ジャスパーとアメリカのアリゾナ州を中心にそれぞれ、一週間ほど旅行にも行きました。日本では経験できない数々の雄大な自然を体験することが出来て一生の思い出になりました。夏頃まではヨーロッパ系の白人の家庭に約3ヶ月間、ホームステイをしました。バンクーバーの生活が不安だったところを快く迎え入れてくれ、生活面で多大なサポートをしてくださったのでとても感謝しています。

(続く)

⑤③

名古屋市消費生活センター見学

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年9月15日 近藤ゼミ2年生は、名古屋市消費生活センターに見学に行きました。情報アドバイザーの島田佳江さんから、消費生活センターの概要の説明や、若者に多い消費者トラブルについての講義をしていただきました。また、併設されている商品テスト室では、衣服や家電製品、食品など消費生活相談に持ち込まれた商品等について、トラブルの原因を解明するための実験を行っている様子などの説明を聞き、様々な機器を見せていただきました。

<参加した学生の感想文から・・・>
*消費生活センターについて
・平日の相談体制が11人体制と聞いて、相談が多いのだなと思いました。また、消費生活センターはほとんどの自治体にあり、相談の電話があると相談者の最寄りのセンターに紹介しているということもわかりました。
・講師の方のお話から、スマホ、携帯電話の使い方について気をつけなくてはならないとあらためて思いました。
・消費者被害などについて、自分も常に注意しているけれど、お話を聞いて、あらためて気をつけて、自分だけでなく家族や友人など周りの人にも注意を促していきたいと思います。
・悪質商法にも気をつけようと思いました。
・自分の弱みを知ることは重要だと知りました。講師の方によれば、大学生の弱点は「SKE」とのこと。S=就職、K=金、E=エステ(美容)!

*商品テスト室の見学を通して
・センターに商品テストの部屋があることに驚きました。
・商品テスト室には見たこともない機材などがたくさんあり、見ていて楽しかったし、お話も面白かったです。
・商品テスト室で、普段使っている洋服の汚れの原因や家電製品等の故障の原因を徹底的に追究していることに驚きました。消費生活センターの仕事内容の一部を見ることができてよかったです。
・カセットコンロの危険性を知ることができ、勉強になりました。

*全体を通して
センターの方々は、他人のために役に立てる仕事をしておられ、素晴らしいと思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラジオ番組でプロジェクトの学びをふりかえる

【はんだプロジェクト】

2015年9月28日(月)@FM80.7(旧:FM愛知)の出演にむけて、地域研究プロジェクトはんだプロジェクトの鈴木健司経済学部准教授と学生が取材をうけています。

はんだプロジェクトは、地域のにぎわいを創出するというテーマのもとで、半田市岩滑にお店を構えるパンのトラを経営する株式会社トラムスコープさんと連携をして5月〜8月下旬にかけて、地域の特産物を活かした24時間TVで販売したチャリティパンの企画に取り組んできました。

夜通しパンの販売に協力した経済学部2年の杉浦くんは、「プロジェクトのプロセスを通して1つのものをつくり出すためには、こんなにも多くの方が関わっていることをしることができた。普段知ることのできない仕事の裏舞台をしることができて本当に勉強になった。また、限定商品が何故うれるのか、広報の力など現場で実際に体験することで、普段学んでいる内容を理解することができた。」とプロジェクトの経験を通した学びをふりかえっていました。

プロジェクトを担当する鈴木先生からは、「企業と連携することで、売れる商品をつくるためには学生の視点だけなく様々な要素を調整していくことが必要だということを身をもって学べた。」とふりかえりの言葉がありました。

半年間の短いプロジェクトの中で、学生が自らの体験を言葉で振り返ることができたのは、大きな成長の証だとおもいます。

本番の収録は、2015年10月28日(水)14:00〜@FM80.7から行われ、そのまま生放送にて流れます。みなさん、本番でもうまく話せることを祈りながら番組を視聴ください。

 

@FMの冨田次長から取り組みのヒアリングをうけるはんだプロジェクト

@FMの冨田次長から取り組みのヒアリングをうけるはんだプロジェクト

「地域社会と共生」〜東海市で地域と共に暮らす⑩〜

4月からスタートした「地域社会と共生」(全15回)も、7月15日で区切りを迎えました。最終回は、これまでの講義を踏まえて「太田川駅周辺を学生の街にするとすれば、どのような地区にしたいか」を検討しました。5~6人のグループで討議した結果をもとに具体的なイメージを地図で表現し、概要をプレゼンテーションする、という流れです。

50分という限られた時間で「コンセプトは何にするか」、「さまざまな地域主体とどのようにかかわるか」などを検討し、地図の作成まで行うのですから、どのグループも速やかな意思決定が求められます。学部長の曲田浩和先生、地域研究のエキスパート・後藤順久先生も加わり、次々とアイデアを出し、集約し、とにかく地図に表現し・・・

★IMG_2179多くのグループが重視したのは、スポーツができる場所やエンターテインメント施設の充実でした。また、トマト料理や自然食(のみ)を提供するレストラン・カフェを配置したグループも多数ありました。東海市様やカゴメ株式会社様などの講義からインスピレーションを頂いたようです。

IMG_2191あるグループは、スポーツによる地域交流をコンセプトとし、大規模なスポーツ施設の設置を企画しました。世代間で楽しめるスポーツイベント開催場所を施設内に設けるほか、飲食店エリアでは、健康管理のできる自然食フードコート(レストラン)を用意することで、地域住民も学生も、健康を増進しながら交流できるというものです。

また、別のグループは大規模な農園を準備し、全世代で無農薬野菜を育てるまちをコンセプトに掲げました。「参加者が、農業経験のある人から栽培・収穫を学ぶことでコミュニケーションを図る」、「別の場所での栽培も促すべく、野菜だけでなく種苗も販売する」、「無農薬野菜だけを扱うカフェを駅付近に設けることで、他地域の人々が訪れるスポットにできる」、などのアイデアが地図上に表現されました。
「コンセプトが不明確」、「地域とのかかわりが見えてこない」など、議論が不調に終わったグループもありましたが、大半の地図が「東海市のめざすまちの姿(6分野)」に関連するコンセプトを掲げたり、テーマ別講義の情報を活用したりと、それぞれの太田川駅周辺地区を模索していました。

今後、より広い視野でまちづくりを捉えるには、さらなる知識の取得や地域社会での様々な経験を通じた学びに加え、個別課題を主体的に検証する研究が欠かせません。今回、講義の進行にご協力頂いた多くの方々に感謝申し上げるとともに、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

「地域社会と共生」〜東海市で地域と共に暮らす⑨〜

★IMG_0877
経済学部講義「地域社会と共生」では、後半から東海市の各方面で活躍されている方々をお招きし、リレー講義をお願いしてきました。リレー最終回・7月8日のテーマは「医療と福祉の地域連携」です。

現在、厚生労働省は「地域包括ケアシステム」の構築とその深化を推進しています。身体機能等に困難を抱える方も、「このまちで暮らしたい」と思う地域で生活を営むために、医療機関や福祉施設をはじめ、地域の各主体が連携してサポートを実施するのがこのシステムの主眼です。

では、なぜ地域包括ケアシステムが必要とされているのでしょうか?これまでも、特定の施設で医療や介護を施す仕組みは提供されてきましたが、それだけでは対応できない問題を現在の日本は抱えているのでしょうか?その問題は、何に起因するのでしょうか?

この問題を紐解くことは容易ではありませんが、ケアシステムの理解には極めて重要です。そこで、東海市市民福祉部高齢者支援課の阿部吉晋課長に、ケアシステムの整備が求められる背景について包括的に解説して頂きました。

医療施設や福祉施設のマネジメントに関する学習・研究を希望する学生や、自治体などに就職し、地域の各主体の連携構築に関わりたいと考える学生から「問題の全体像をつかむことができて、関心が深まった」等の感想が寄せられました。