「マボロシの鳥」太田光

2011 年 3 月 23 日

付属図書館での貸出場所をCheck

研究課 職員 増村紘子

 

 

この本は爆笑問題の太田光さんが書いた小説です。
太田さんは、漫才コンビ「爆笑問題」のボケを担当する傍ら、エッセイや『向田邦子全集』の解説を手がけるなど、作家としても注目されている方ですが、彼による初めての小説が、この「マボロシの鳥」です。

年齢は全然違うのですが「うちのおじいちゃんに骨格が似ている!」と、私は勝手にかなりの愛着を持って太田さんの事を応援してきました。彼の、はちゃめちゃな事を言ったりするのにまじめで少し照れ屋なところや、テレビ番組で政治や社会の仕組みについて話しているときの一生懸命なところが好きで、そんな太田さんはどんな小説を書くのだろう、と、とても楽しみにしていました。

この本は短編集になっていて、「戦争」や「テロ」や「魔女狩り」といった、なかなかヘビーなテーマのものが多くあります。これらは生活している中で直面する事はあまりない事柄ですが、誰もが色々と思うところがあるものだと思います。
戦争やテロのニュースを見たときには何だか色々と考えてしまいます。けれど、どうしたらいいのか見当がつかず、テレビで映像を見ても本当の出来事だという実感も持てなくて、あまり悩んでしまうと疲れて「私が考えてもどうしようもないか」と現実逃避してやり過ごしてしまいます。

しかしこの本を読むと、作者がそんな事ひとつひとつを「どうにかしたい!」と真剣に考えている事がとても伝わってきます。深い問題についての話でなくても、普段生活していて感じる矛盾などについて彼が考えている事もたくさん出てきます。全体的にまじめ(?)な感じがするのですが、たまに文章のつなぎ部分などに照れ隠しのように「クルリンパ」などの言葉が入っていたりして、それがまた小説を親しみやすい感じにしていて、さらに、そこで“抜く”感じが作者独特の魅力であると思います。
物語のどれもがとてもおもしろいです。短編集ですので、途中で間が開いてしまっても「話忘れちゃったからまた初めから…」という心配もありません。

テレビでよく知られている芸能人の手掛けた小説なので学生の皆さんにも親しみやすいのではないかということもあり、この作品を少し紹介してみました。自由勝手な振る舞いをあしらわれがちな太田さんですが、この小説を読んで彼の真剣な気持ちを知ればきっと応援したくなると思います。是非たくさんの方にこの本を読んで頂き、ユニークな視点と才能をもった太田光さんの味方が増えたら良いなと思っています。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.



ページ

カテゴリー

アーカイブ

Meta