卒業生が次世代の公務員育成に貢献

ふくしマイスターニュースブログより

4月27日(木)、「公務員育成チャレンジプロジェクト+」の活動が行われ、連携する美浜町産業課職員の高橋理紗(本学国際福祉開発学部卒業)さんが美浜キャンパスを訪れ、参加する学生との打ち合わせが行われました。

We are off and running! 新入生オリエンテーションで異文化体験

いよいよ、1年が始まりました!

入学した新入生は4日間のオリエンテーション直後に大学での初めての授業があり、

週末には上級生による交流会も企画され、休む間もなく国際福祉開発学部と一緒に走り始めました。

体験的に学部で目指していることを学べたオリエンテーション④での様子を共有します。

+++

はじめまして。この四月より国際福祉開発学部に赴任しました、近藤有希子と申します。
先週に開催された新入生オリエンテーション、私にとっても初めての出勤となりましたので、もしかしたら、新入生のみなさんと似たような心持ちであったのかもしれません。みなさんも、期待と不安とがないまぜとなった微妙な感覚をひきつれて、初めて「大学生」として校舎に足を踏み入れたのではないでしょうか。

とくに今年、新入生のみなさん一人ひとりの周りには、驚くほどに多様な人たちで溢れています。どのひとりをとってみても、本来なら、「積極的に出会おうとしなければ、出会えない」ような、かけがえのない人ばかりです。でもだからこそ、多くの違いに接して、心もとない気持ちもあるかもしれません。それとも、すでにさまざまな違いを受容して、これからの大学生活が楽しみでしょうがない、という強者もいるでしょうか。いずれにしても、いまこのときにしか感じることのできない、微妙であいまいな感情の機微をやり過ごしたり、それに無視を決め込んだりする必要はないと思います。いまのみなさんは、「違い」にとても敏感な人たちです。そして敏感であることは、「他者」を知ろうとし続けるときに、とても重要な身体感覚となっていきます。

私自身もまた、この新しい土地でどのようなかかわりが生まれていくのだろうと、期待と不安とが入り混じった気持ちでいます。それはちょうど、私が調査地とするアフリカのルワンダの地に、初めて足を踏み入れたときの気持ちとも似ているかもしれません。とはいえ、ゆたかな違いを孕んだみなさんとの出会いの多幸感に日々浸りながら、いまこうして与えられた環境に身を委ねているところです。

↑ 近藤先生

+++

基礎演習Ⅰ&Ⅱと地域福祉論を担当する小木曽です。今年度の国際福祉開発学部は新入生も多く、華やかで活気にあふれていますね!

私が大切にしていることは「エンパワメント」です。人は、どんな人であっても大きな力を持っています。しかし、それらが発揮できない状況や状態に陥ってしまった時、改善していく力を回復・強化するために身近な人の助けが必要となる場合があります。

自分らしい学びを積み重ねながら、進級、進学などで新しく出会う人たちや友人、先輩・後輩たちとも互いに助け合い、素敵な学生生活を送って下さい。

↑ 小木曽先生

+++

国際フィールドワークの体験オンエア

1年生の皆さんが海外で体験したこと、気になっていませんか??

国際福祉開発学部1年の浅野さん、塚本さん、角谷さんと河野さんが

カンボジア、アメリカ、マレーシア、フィリピンでの話しをラジオで放送します。

以下の日程でFM83.4で放送されますので、楽しみにして下さい!

3月14日(木)11時から
3月16日(土)20:30から
3月17日(日)19:30から
https://www.medias.fm/

*アプリをダウンロードすれば、スマフォンから聞けます。
iPhone・iPadの場合
https://itunes.apple.com/jp/app//id881704227

アンドロイドなどの場合
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.smart_engineering.fmplapla.mediasfm

【国際FW】フィリピン研修 Day13

 

今日は、2週間の学びの振り返りとして、各グループによるプレゼンテーションが行われました。

これまで学んできたことを、言葉にして、動きにして、伝え合いました!

その後、フィリピン大学の先生から、プログラムの総括が行われ、また、学生の目線から、プログラム全体の評価を行いました。

午後は、閉会式が行われました。

お世話になった先生方や事務所の方、ホームステイの家族などに感謝状が渡された後、学生が一人ずつ呼ばれ、2週間のプログラムを終えた修了証を頂きました!

 

2週間、みんなよく頑張りました!おめでとう!

この経験を糧に、次のステップに進むみんなの成長が楽しみです!

明日、日本に帰国します。✈

 

 

【国際FW】フィリピン研修 Day12

 

今日は、Break day!「バターン死の行進」として有名なバターン州にある「Mt.Samat」に登りました!

このバターン州は、第二次世界大戦中、米軍(フィリピン人含む)と日本軍が交戦し、多くの犠牲者が出たことから、山の上に慰霊の十字架が建てられています。

ミュージアムでの様子 ↓

お昼は、地元にあるブッフェスタイルのお店でご飯でした。

その後、海に寄り、帰路につきました。

楽しみながら、日比の歴史を学ぶことができた有意義な時間になりました。

明日は、まとめとして各グループから2週間の学びのプレゼン発表や閉会式が行われます。

 

 

 

 

【国際FW】フィリピン研修 Day11

 

今日は、宿舎の近くにあるアテネオ大学で、フィリピンの貧困と再定住についてNPO法人「SALIGAN」から話しを聞きました。

午後は、再定住させられた人々のコミュニティーに訪問し、お話を聞かせてもらいました。また、再定住後の家庭を見学させて頂きました。

国の方針により再定住を余儀なくされた人々の現実を聞いて、見て、知る機会になりました。

明日は、Break day!バターン州にある歴史的山「Mt.Samat」に登ります!

【国際FW】フィリピン研修 Day10

 

今日は、日本や世界で働くフィリピン人の出稼ぎ労働について、当事者や支援を行う組織の方からお話しを聞きました。

夕方には、今日まで学んできた内容の振り返りとして、各グループで絵を用いてプレゼンテーションを行いました。フィリピンの貧困について、様々な角度から学んできた研修ですが、残り三日となりました。