【公開授業】12/15 影戸教授 最終講義 「WYMとアクティブラーニング」

【日本福祉大学・国際福祉開発学部 公開授業の案内】

161215-%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%a6%8f%e7%a5%89%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%80%8c%e5%bd%b1%e6%88%b8%e5%85%88%e7%94%9f%e6%9c%80%e7%b5%82%e8%ac%9b%e7%be%a9%e3%80%8d

SONY DSC

影戸誠教授 最終講義 「ワールドユースミーティングとアクティブラーニング」

2016年度末で退職を迎える影戸先生が「国際交流ファシリテーション演習Ⅱ」の授業で最終講義を行います。1999年から世界の若者と日本の高校生・大学生をつなぎ続けているワールドユースミーティングの舞台裏にはどのような背景や意図があったのでしょうか? 熱く語ってくれることは間違いない!

日 時: 12月15日(木)2限(11:00~12:30)

会 場: 日本福祉大学 東海キャンパス 3階 S302教室

講 師: 影戸 誠(博士 情報学)
研究分野: 教育工学
キーワード: ICTと言語によるコミュニケーション, 途上国における教育環境改善,
インターネット活用と国際コミュニケーション, 英語・日本語プレゼンテーション,
構成主義

2002年より日本福祉大学赴任
2008年度開設年より国際福祉開発学部教員
2010年から2014年まで国際福祉開発学部長
日本教育工学会 評議員

講義内容:
「学習者中心の学習環境をデザインすること(Learner Centered Paradigm*)は、
アクティブラーニング型の授業を実施する上での重要事項として現在注目されている。
今回の講義では、1999年から18年間、各地の教師とともに取り組んできた
国際協働プロジェクト「ワールドユースミーティング」での主体的な英語コミュニ
ケーション、ICT活用に焦点を当て、その今日的意義について考察する。」
*Reigeluth, 2016 “Instructional-Design Theories and Models, Volume IV: The Learner-Centered Paradigm of Education”

参加手続:
氏名・学籍番号(学外の方はお住まいの地域)・連絡先を以下までお知らせください。
*参加できないが、影戸先生へメッセージを贈りたい場合も連絡をお願いします。

問合せ:
日本福祉大学 東海事務室(国際福祉開発学部担当:沖田一成Issei Okita)
メール kokusai@ml.n-fukushi.ac.jp / Fax 0562-39-3281 / Tel 0562-39-3811
http://www.n-fukushi.ac.jp/gakubu/kokusai/

*学内には駐車場がありません。車でお越しの場合は学外の私営駐車場の利用をお願いします。

1-042-2

dsc09945-2

wym-237-2

SONY DSC

【公開授業】11/28「無関心でいない事」スーダンやアフガニスタンでの活動

【日本福祉大学 国際福祉開発学部 公開授業の案内】

161128%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e4%bf%9d%e5%81%a5%e3%80%8c%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%ab%e3%81%af%e5%87%ba%e6%9d%a5%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%80%8d%e7%94%b0%e4%b8%ad

タイトル:「無関心でいない事 ~自分に出来る事は必ずある~」

日 時: 11月28日(月)3限(12:40~14:10)
*「国際保健」(小川圭子先生)の授業の一部として実施

会 場: 日本福祉大学 東海キャンパス 3階中央 C307教室

講 師: 田中 香子 (フリガナ:タナカ タカコ )

大阪府立大学看護学部卒業後、4年半病院・助産院で助産師として働く。その後、2010年から
青年海外協力隊としてルワンダで2年間活動。保健センターで妊婦健診や乳幼児健診の質の向上
や栄養改善を現地の助産師達と一緒に行う。
帰国後、日本の病院で暫く働くがもう一度海外で働きたい思いが強くなり、NGOロシナンテスに
就職。活動地のスーダンで巡回診療を行うスタッフの管理・村人への健康教育の支援などを担当。
スーダンより帰国後国境なき医師団(MSF)に応募。2016年4月よりアフガニスタンの首都
カブールにある病院で現地助産師さんたちのマネージメント・教育などを行う。
2016年10月に帰国。

参加手続: 氏名・学籍番号(学外の方はお住まいの地域)・連絡先を以下までお知らせください。

問合せ: 日本福祉大学 東海事務室(国際福祉開発学部担当:沖田一成Erick)
メール kokusai@ml.n-fukushi.ac.jp / Fax 0562-39-3281 / Tel 0562-39-3811
http://www.n-fukushi.ac.jp/gakubu/kokusai/

*学内には駐車場がありません。車でお越しの場合は学外の私営駐車場の利用をお願いします。

 

ホストファミリーに英会話レッスン

11月4日(金)に美浜町の協力事業として、

国際福祉開発学部2年の松原さん、畑中さん、亀口さんと平安名さんが

中西ゼミの活動として、シンガポールからの小・中学生の受入を予定している

ホストファミリーに英会話のレッスンを行いました。

*夏には美浜町からシンガポールへ派遣される子供たちのための

レッスンを実施ましたが、今回は逆に受け入れるための内容となりました。

img_2848-2 img_2849-2

 

10/27 高校生向け授業「日本の若者の貧困」

10月27日(木)に中津高等学校1年生の「秋季研修」として

東海キャンパスで授業を行い、中西先生、影戸先生、岡本先生、Gary先生、

そして2年松原さん・熊谷さん・町野さん・チェ君が発表をしました。

14568103_685821764915091_6413180158512925327_n 14523289_685821874915080_1695473677506415371_n 14908384_685821871581747_7023455788658948255_n 14906839_685821868248414_8252578822578146362_n 14590350_685821804915087_4670302658826366424_n-2

全体の企画を担当をした中西准教授から

On Oct. 27th, we welcomed 19 students and two English teachers from Nakatsu Senior High School. We listened to their presentations about poverty issues. Thank you, Prof. Okamoto for giving them clear and to-the-point comments with words of encouragement. Their presentations were amazing and Ms. Machino and I were very much impressed. Prof. Kageto inspired all the students to further study English and all the other subjects. He provided them an opportunity to talk with a student in the Philippines live on Skype. Ms. Machino, Ms. Kumagai, Ms. Matsubara and Mr. Choi, who are sophomores majoring in International Welfare Development, gave them interesting lectures on what they have learned so far as a college student. The one day special study was concluded with Prof. Gary Kirkpatrick’s closing lecture, which was brief but very impressive. Thank you for coming to our campus all the way from Nakatsu.

講義を担当した岡本教授から

まず、「貧困」の定義にあたることを取り上げ、物質的貧困だけではなく自己肯定感の度合いまでいれて、深くとらえようとしていたこと、日本でも無縁ではなく世界共通の問題としていたことはとてもよかった。
次に取り上げられた「子供の貧困」については、子供がどこに生まれても安心して成長できることの大切さが認識されており、そのために地域や行政による支援にも目を向けて調べていた。ただ、現在の行政の支援策は保護者への金銭的支援に偏りがちだが、もっと国や社会全体として子供を守り育てるという考え方への転換が必要であることを指摘した。
第3グループは日本の「若者の貧困」を取り上げ、年収が年々低下しており、貧困率が高くなっていることや、その要因として、かつての終身雇用や年功序列がくずれて正規雇用が低下していることが理解されていた。ただ、物価も年々低下していることも計算に入れて比較したほうがよいことや、日本的雇用慣行を復活させることは難しくても、正社員かどうかより結果として何が保障されているか(同等賃金など)に目を向ける必要があることを助言した。
そして最後に、発展途上国の貧困事例研究としてフィリピンの経済成長や教室・教員の不足といった教育の現状、貧富の格差などが報告された。それらの背景を見ていくためには、タイやマレーシアなど近隣諸国との長期的な比較や、国全体の社会・経済の構造的問題にも目をむけるとよいことを助言した。

「問題意識をもって何かについて調べる」「なぜだろうと考える」「その結果を報告する」ことの面白さを知った生徒さん達には将来に期待が持てました。このような学生にはぜひ本学に来てほしいものです。

英語プレゼンテーションと交流を担当したGary助教から

I think from what I saw of the program, the day long program provided the visiting students with a good overview of the IWD program on the one hand and English studies on the other hand. They could receive firsthand feedback on their presentations, interact with an overseas student during the skype session, chat with me and then learn about not only the fieldwork program but also our students’ experiences and perspectives of the countries they visited. I hope that they could also get some ideas from me on how to motivate themselves as well as improve their long range study goals.

 

第2回目 東海キャンパス祭 おつかれさまでした!

お店を出した皆さん、スタッフとして手伝った皆さん、災害ボランティアセンターの皆さん、

カンボジアの子どものために民芸品を売っていた皆さん、子供企画をした皆さん、

献血を手伝った皆さん、のりのりじゃんじゃんステージを盛り上げたみなさん、

第2回キャンパス祭、お疲れ様でしたあ~

<前日の夜から様子を少しお伝えします>

aimg_20161028_203612 aimg_20161028_202414 aimg_20161028_202746 aimg_20161028_202705 aimg_20161028_202619 aimg_20161028_203212 aimg_20161028_203024 aimg_20161028_202955

<ここからが当日>

aimg_20161029_113732a

SONY DSC

aimg_20161029_113810

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

10/29 NFU Tokai Campus Festival 東海キャンパス祭

This Saturday, we will be having a campus festival here from 10:00 to 17:00!
今度の土曜日の10時から17時に東海キャンパス祭が開催されます!

It’s a small festival, but please come and enjoy the food and entertainment.
小さい学祭ですが、是非とも食べ物や出し物を楽しみにきてください。

The kokusai students will be involved in two booths and three stage performances
as well as part of the staff running the event.
国際の学生は二つのブース、三つのステージ出演と全体運営にかかわっています。