月別アーカイブ: 2010年3月

新入生の皆さん、楽しみにしてよー!! 【国際の春季セミナー】

今日、雨のなか春季セミナー実行委員(2年生)の鈴木、疋田、勝又と森田が下見をしてきました。

新しく入ってくる1年生が他の学生と仲良くなり、この学部での雰囲気をわかるように色んな工夫をしています。

まだまだ準備することがいっぱいですが、 たのしみ たのしみ。

毎日 カレー【インド研修報告】

斎藤千宏 国際福祉開発学部学部 教授

 

219日から12日間にわたってインド南部のケララ州で国際フィールドワークIIが実施され、2年生9名が参加、インド人学生との密な交流に強い印象を受けて帰国しました。今回はそのレポートです。

 

現地ではSacred Heart Collegeという大学が研修プログラムを提供してくれました。同大学は地元では名門のミッション系大学で、日本語に訳せば「聖心大学」です。6日間にわたって、5回の講義の他、農村部への一日遠足、ホームステイ等、盛りだくさんのプログラムが用意されていました。とりわけインド人学生10数名が積極的に関わってくれたおかげで、日本人学生にとって得がたい経験となりました。閉会式では校長先生から「言葉のハンデを超えて、よく頑張りました」と励ましの言葉とともに修了証もいただき、涙・涙のSee you again!となりました。

 

後半はバスで移動しながら、バンガロールまで3日間の旅でした。その途上では高原列車に乗ったり、象に乗ってのサファリ体験もしました。大神のりえさんご夫婦にもお世話になりました。大神さんは20年前にインド人夫氏とともに「インド国際子ども村ハッピーバリー」を立ち上げ、デカン高原の原野で植林を続けながら、そこで日本の子どもとインドの子どもたちのキャンプ交流を実施している方です。ご夫婦が語るその経験談には、心を揺さぶる強烈なインパクトがありました。最終日には、世界のICT(情報通信技術)の中心都市として有名なバンガロールにおいてマザーテレサ施設を訪問し、そこに入所している子どもたちを前にして日本の歌を歌う機会もありました。

 

毎日のカレー食にようやく慣れてきたころ、インドを去る日が来てしまったという12日間の研修でした。以上、レポートは引率教員の斎藤千宏でした。

 

 

 

 http://www.youtube.com/watch?v=EJL4SXGbdrA

Solidarity Night 文化交流 【フィリピン研修】

フィリピン研修中に行われた文化交流会の様子です。

フィリピン大学 社会福祉・地域開発学部の学生と本学部の学生から

歌、ダンス、詩、劇など様々な形での発表がありました。

 

 

http://www.youtube.com/watch#!v=aFURiYgZUhk

      フィリピン研修引率職員 沖田