月別アーカイブ: 2011年5月

外務省での仕事 目標が明確になった

58日(日)のオープンキャンパスに「仕事体験講座」の講演者として

卒業生の渡邊顕太郎が外務省での仕事の話をしてくれました。国際福祉開発

学部としては大変参考になる話になり、受講した2年生の辻本さんが感想を

書いてくれました。

 

 講師背景:

渡邊 顕太郎(日本福祉大学 社会福祉学部卒業)

 

    在学中にイギリスへ留学し、老人施設でボランティアをした。

    本学が主催した国際会議で海外大学の学長、理事などのアテンドをした。

    卒業後にはボランティアとしてアメリカの日系老人施設へ行き、

    グループホームで職員と同様のレベルで活動をしながら

コミュニティカレッジで英語と老人学を勉強した。

サンフランシスコ州立大学の大学院で修士をとり、帰国後に

ニチイ学館に就職し、今は外務省へ出向している。

 

+++++

 

オープンキャンパスの「仕事体験講座」で外務省で働いている渡邊さんの

話を聞きました。インドネシアやフィリピンから介護師を受け入れる事も含む

経済連携協定(EPA)を結ぶ準備の仕事をしている方です。

 

フィリピンやインドネシアから日本に介護師が来ると、母国での人材が減って

しまったりするなど様々な問題もあり、それらに対して調整や交渉をして

受け入れを実現しています。インドやタイなど他の国とも協定の準備をしていて、

海外によく行って仕事をしていたりもしているそうです。

海外での仕事は、とても大変だと思いました。

 

外務省でも夜中の3時まで仕事をしたりしていて、とても大変な様子を聞きました。

それでも楽しいと言っていました。やはり、たくさんの外国の人と交流をはかれる

仕事ですので私はとても関心を持ちました。

 

このような仕事に就くためには、たくさんの経験と、人間関係を築いていくことが

非常に大切なことだと学びました。これからの大学生活では、たくさんの人と出会い

人間関係を築いていくため、積極的に行動していこうと思います。

 

まずは海外ボランティアをしてみたいと思いました。

 

私は2年生になっても将来何をしたいのか決まっていませんでした。

この体験講座に参加して自分の目標が明確になりましたのでとても良かったです。

ありがとうございました。

 

日本福祉大学 国際福祉開発学部 1年 辻本 鷹洋

【学生活動報告】5/3 All4One チャリティフリーマーケット初日

半田市社会福祉協議会との共催の被災地支援目的のチャリティフリーマーケットの

初日には約2,500人の来場者がきて、818品が売れました。二日目はより多くの来場者が

予測されていますので学生の皆さん、明日も頑張ってください!

日時:201153日(火)、4日(水)

 

時間:10時~16

 

場所:半田赤レンガ建物

   http://www.akarenga-handa.jp/building_index.html

 

主催:All 4 One 東北大地震支援団体

共催:日本福祉大学 災害ボランティアセンター

   半田市社会福祉協議会

 

問合せ先:

 日本福祉大学災害ボランティアセンター 学生事務局長、All 4 One 代表

 日本福祉大学国際福祉開発学部3年 智内健作

 メールアドレス: nw090242@n-fukushi.ac.jp

  All 4 Oneホームページ:http://all4one.tsublog.jp/