月別アーカイブ: 2011年11月

【公開授業の参加申込締め切りました。】12/19「大手製薬企業と国連による 」

国際福祉開発学部 公開授業の案内です。

テーマ:「大手製薬企業と国連(WHO)による世界的ワクチンキャンペーンの実態」

日 時: 2011年12月19日(月)15:05~16:35
※「国際保健(小川圭子)」の公開授業

会 場: 日本福祉大学 美浜キャンパス 1232教室

講 師: 鶴田 ナオキ 氏
1970年生。名古屋在住のフリーライター。
市民グループ「THINKER」(www.thinker-japan.com)代表として、マスコミが伝えない情報を伝える活動をしている。著書は『マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている』徳間書店5次元文庫刊。

内 容:
『イギリスBBCが報道したWHOによるHCG入りワクチンを使用した避妊プログラム。ビル・ゲイツによるワクチンを使用した人口統制発言。ロシアのTVニュースが取り上げた世界支配層による「ビルダーバーグ会議」とそこに名を連ねる大手製薬企業の重役と人口統計学者など。日本でもさらに増え続けるワクチン接種プログラム。その真の意図は何か?』

参加費: 無料
*会場準備のために氏名・学籍番号(学外の方は地域)・
連絡先・行事名を以下の問い合わせ先まで事前に
お知らせください。

問合せ: 日本福祉大学 学事課(国際福祉開発学部担当 沖田)
メール wym-jim@ml.n-fukushi.ac.jp

【公開授業の案内】12/12「福島での自然農法の実践と脱原発 – 持続可能な「生」を創るために」

国際福祉開発学部 公開授業の案内です。

テーマ:「福島での自然農法の実践と脱原発 -持続可能な「生」を創るために」

日 時: 2011年12月12日(月)15:05~16:35
※「国際保健(小川圭子)」の公開授業

会 場: 日本福祉大学 美浜キャンパス 1232教室

講 師: 村上 真平(むらかみ しんぺい)氏

講師プロフィール:
1959年、福島県田村市生れ。70年から有機農業を始めた農家の後継者であったが、82年、インドに渡りガンジー・アシュラムに一年間滞在したのをきっかけに海外協力の道に入る。85年からバングラデシュに6年間、96年からタイに5年間、民間海外協力団体(NGO)を通して自然農業の普及と持続可能な農村開発の活動に関わる。2002年、日本に帰国し、福島県飯館村に入植、「自然を収奪しない農の在り方と、第三世界の人々を搾取しない生活の在り方」の探求、持続可能な生き方を目指し、自然農業、自給自足をベースにしたエコビレッジづくりを始める。2011年3月11日深夜、福島原発1号機のメルトダウンを知り、12日早朝、飯舘村から避難。現在、三重県伊賀市に在住。

参加費: 無料
会場準備のために氏名・学籍番号(学外の方は地域)・
連絡先・行事名を以下の問い合わせ先まで事前に
お知らせください。

問合せ: 日本福祉大学 学事課(国際福祉開発学部担当 沖田)
メール wym-jim@ml.n-fukushi.ac.jp

小雨の中で地域での障害者支援団体の祭り

本日、美浜町の公民館でNPO法人チャレンジドの秋祭りが開催されました。

国際福祉開発学部4年のHikaru

子供発達学部の鳥居君と一緒に歌うおばあちゃんたち

ガラガラを担当していた国際福祉開発学部1年のNorie

バザールを手伝う国際福祉開発学部2年のRyu