月別アーカイブ: 2012年1月

Asian Student Exchange Program

昨年末、日本側から100名近くが参加した。
このイベントは台湾孝雄市教育局が主催する国際交流プロジェクトである。今年度で11回目を迎える。日本福祉大学は2000年より継続的に毎年参加している。
現地に一週間滞在し、現地の国立中山大学(世界ランキング163位)の大学と協働プレゼンテーションに挑み完成させる。この大学とは本学で行うワールドユースミーティングでこの間毎年顔をあわせ、ともに活動をしている。今回は両大学の学部長が今後の連携をさらに強固にしていくプロジェクトの検討も行われた。


協働プレゼンテーション作成後それをインドネシア、マレーシア、韓国など含めた参加者の前でプレゼンテーションを行う。
文化の違うもの同士が取り組むとそこに「コンフリクト」衝突(Conflict)がおきる。それは当然である。しかしそれを乗り越えるスキルを身につけるのも、「国際交流ファシリテーション」という科目をもつ日本福祉大学国際福祉学部の本領発揮の時でもある。


英語を活用し意見をすり合わせ、ひとつのプレゼンテーションを作り上げる体験は、国際協調力を身につけるうえで重要であり、就職活動を控えた3年生にとっては自分に磨きをかける重要な体験となる。

このイベントに参加した、鈴木さんがさっそく、帰国後120日の授業で報告をしてくれた。

プレゼンテーション Youtube

これもまた英語プレゼンテーションである。日常的に英語による発信力をたかめる、これが国際福祉開発学部の特徴である。

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”http://www.youtube.com/embed/eNxWPslkSeM” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>