【公開授業】12/15 影戸教授 最終講義 「WYMとアクティブラーニング」

【日本福祉大学・国際福祉開発学部 公開授業の案内】

161215-%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%a6%8f%e7%a5%89%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%80%8c%e5%bd%b1%e6%88%b8%e5%85%88%e7%94%9f%e6%9c%80%e7%b5%82%e8%ac%9b%e7%be%a9%e3%80%8d

SONY DSC

影戸誠教授 最終講義 「ワールドユースミーティングとアクティブラーニング」

2016年度末で退職を迎える影戸先生が「国際交流ファシリテーション演習Ⅱ」の授業で最終講義を行います。1999年から世界の若者と日本の高校生・大学生をつなぎ続けているワールドユースミーティングの舞台裏にはどのような背景や意図があったのでしょうか? 熱く語ってくれることは間違いない!

日 時: 12月15日(木)2限(11:00~12:30)

会 場: 日本福祉大学 東海キャンパス 3階 S302教室

講 師: 影戸 誠(博士 情報学)
研究分野: 教育工学
キーワード: ICTと言語によるコミュニケーション, 途上国における教育環境改善,
インターネット活用と国際コミュニケーション, 英語・日本語プレゼンテーション,
構成主義

2002年より日本福祉大学赴任
2008年度開設年より国際福祉開発学部教員
2010年から2014年まで国際福祉開発学部長
日本教育工学会 評議員

講義内容:
「学習者中心の学習環境をデザインすること(Learner Centered Paradigm*)は、
アクティブラーニング型の授業を実施する上での重要事項として現在注目されている。
今回の講義では、1999年から18年間、各地の教師とともに取り組んできた
国際協働プロジェクト「ワールドユースミーティング」での主体的な英語コミュニ
ケーション、ICT活用に焦点を当て、その今日的意義について考察する。」
*Reigeluth, 2016 “Instructional-Design Theories and Models, Volume IV: The Learner-Centered Paradigm of Education”

参加手続:
氏名・学籍番号(学外の方はお住まいの地域)・連絡先を以下までお知らせください。
*参加できないが、影戸先生へメッセージを贈りたい場合も連絡をお願いします。

問合せ:
日本福祉大学 東海事務室(国際福祉開発学部担当:沖田一成Issei Okita)
メール kokusai@ml.n-fukushi.ac.jp / Fax 0562-39-3281 / Tel 0562-39-3811
http://www.n-fukushi.ac.jp/gakubu/kokusai/

*学内には駐車場がありません。車でお越しの場合は学外の私営駐車場の利用をお願いします。

1-042-2

dsc09945-2

wym-237-2

SONY DSC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
To prove you're a person (not a spam script), type the security word shown in the picture. Click on the picture to hear an audio file of the word.
Anti-spam image