日別アーカイブ: 2017 年 6 月 7 日

本日からグローバルラウンジにSTEPHEN先生!

Stephenと書いて、Stevenと読んでほしいです。

どんな人でしょうか?

どこの国の出身でしょうか?

大学ではどのような勉強をしたのでしょうか?

いつから日本に来ているのでしょうか?

趣味はどのようなことがあるのでしょうか?

休みの日はどのようなことをするのが好きでしょうか?

日本での生活で気に入っていることはあるのでしょうか?

日本と母国での文化での違いはあるのでしょうか?

 

毎週、水曜日にグローバルラウンジに来ますので、色んな質問を(英語で)してみましょう!

【公開授業】6/19「住みやすいムラは私たちがつくる!」

日本福祉大学 国際福祉開発学部 公開授業の案内

テーマ「住みやすいムラは私たちがつくる!」

~バングラデシュの障害者グループからのメッセージ~

途上国の障害者はどんな暮らしをしているの?そんな疑問から訪ねたバングラデシュで、

障害者の自助グループに出会いました。自助グループの人たちが、自らの課題だけでなく、

地域の課題にも取り組んで、社会を変えるアクターになっていく様子をご紹介し、

それを支援するためのNGOワーカーの役割を考えたいと思います。

日 時: 6月19日(月)3・4限(12:40~15:50)
*「国際開発と障害学」(石本馨先生)の授業の一部として実施

会 場: 日本福祉大学 東海キャンパス 3階中央 C307教室

講 師: 清水香子(しみずきょうこ)

愛知県日進市にあるNGO「公益財団法人アジア保健研修所(AHI)」職員。

毎年アジア各国の農山村で活動する研修生を受け入れ、日々の暮らしの課題を

村人自身が解決し、心身ともに健康で暮らすために必要なリーダーシップを育成する

「国際研修」を担当。研修生それぞれが持つ、村づくりの経験や課題をシェアし

学び合う参加型の研修を行っている。

参加手続: 件名に「住みやすいムラ」と記入し、氏名・学籍番号(学外の方はお住まいの地域)・連絡先を以下までお知らせください。

問合せ: 日本福祉大学 東海事務室(国際福祉開発学部担当:沖田一成Erick)
メール kokusai@ml.n-fukushi.ac.jp / Fax 0562-39-3281 / Tel 0562-39-3811
http://www.n-fukushi.ac.jp/gakubu/kokusai/

*学内には駐車場がありません。車でお越しの場合は学外の私営駐車場の利用をお願いします。

【公開授業】6/12「障害のリアル ~ボクと君が出会う意味~」

日本福祉大学 国際福祉開発学部 公開授業の案内

テーマ「障害のリアル 〜ボクと君が出会う意味〜」

日 時: 6月12日(月)3・4限(12:40~15:50)
*「国際開発と障害学」(石本馨先生)の授業の一部として実施

会 場: 日本福祉大学 東海キャンパス 3階中央 C307教室

講 師: 山田隆司 作業療法士/CMT友の会代表
作業療法士(OT)×シャルコー・マリー・トゥース(CMT)病。4歳頃から

下肢の麻痺が現れ、手術や入院・リハビリを繰り返す。「自身の疾病・障害

体験がリハビリに生かせないだろうか」と作業療法士を目指していった。

精神科病院に勤務しながら、CMT患者会『CMT友の会』の代表やCMT

研究班の研究協力者として活動。『当事者×セラピスト』という自身の存在を

武器に、現在はフリーランスのOTとして講演や執筆活動にも積極的に取り組んでいる。

愛妻と娘2人(9歳・6歳)を持つ37歳。趣味は、アウトドアや旅行、創作活動。

いつかはユニバーサルなキャンプ場のオーナーになりたい。
参加手続: 件名に「障害のリアル」と記入し、氏名・学籍番号(学外の方はお住まいの地域)・

連絡先を以下までお知らせください。

問合せ: 日本福祉大学 東海事務室(国際福祉開発学部担当:沖田一成Erick)
メール kokusai@ml.n-fukushi.ac.jp / Fax 0562-39-3281 / Tel 0562-39-3811
http://www.n-fukushi.ac.jp/gakubu/kokusai/

*学内には駐車場がありません。車でお越しの場合は学外の私営駐車場の利用をお願いします。