【現地からの報告】シンポジウム参加を通じて日韓の累がりを学ぶ

韓国でのシンポジウムに参加し、国際フィールドワークをで行っている

2年生の河口大稀と松田聖生からの中間報告を送ります。

+++++

11月26日に日本を発ち、韓国に到着した。

仁川空港で電車に乗り、ソウル市内のゲストハウスへ向かい、宿泊チェックインした。

2日目(11月27日)は、景福宮と世界遺産の宗廟を見学した。

3日目(11月28日)は、西大門刑務所歴史館を訪れ、日本植民地時代に独立運動家らを収監し、

第二次大戦後は韓国政府が使った獄舎などを見学した。施設内では撮影禁止であったが、

外からの写真はいくつか撮影することが出来た。明日からゼミ担当教員の佐藤先生達と合流し、

これまでの活動内容の報告を行い、全南大学の生徒との交流や、シンポジウムへの準備などを

行っていく予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
To prove you're a person (not a spam script), type the security word shown in the picture. Click on the picture to hear an audio file of the word.
Anti-spam image