日別アーカイブ: 2018 年 2 月 27 日

ラオスでの「ユネスコ世界文化遺産の影響がもたらす雇用の場」(中間報告)

ラオスにフィールドワークをしている2年の生路さんの中間報告を共有します。

+++

ラオス初日12日~15日の朝まではルアンパバーンで若者の仕事の現状について

ゲストハウスや観光情報センターなどに行き、聞き込み調査をしました。

15日の昼~17日本日までは農村部の中高一貫校のボランティアとして先生をしている女性や、

千頭先生の知り合いの方に話を聞いたりして、田舎の若者は都市に出て大学へ通ったり

仕事をしたいと思うのかなどの聞き込みをしました。

明日からはまたルアンパバーンに戻り、引き続き調査をします。

+++

生路さん、引き続き、頑張ってください!

ラオスでの「自然環境と経済的プラス効果を両立させる観光」(中間報告)

ラオスにフィールドワークへ行っている2年の丸形さんから中間報告を共有します。

+++

今回のフィールドワークのテーマである、「自然環境と経済的プラス効果を両立させる観光」に

ついて、ユネスコ世界遺産に登録され、多くの観光客が訪れるラオスの観光地のルアンパバンを

はじめ、ンゴイ群、ナムバック群の3つの地域を訪問しました。観光地であるルアンパバンだけ

でなく、それぞれの地域で行われている観光やツアーについてや、ユネスコ世界遺産に登録され、

毎年増え続ける観光客についてどう思っているのか、観光客がルアンパバンにどのような影響を

もたらしているのかなど、ヒアリング調査や資料収集を続けています。

+++

丸形さん、引き続き、頑張ってください!