【10周年記念】11/29「日越国際シンポジウム」で日本語教育を考える

11月29(木)に国立ハノイ大学から日本語学部の学部長と副学部長をお招きした

「日越国際シンポジウム」を開催し、記念講演会とパネルディスカッションを予定しています!

8月に協定を締結したハノイ大学は1973年に日本語学部を開設し、今年が45周年の節目であり、

これまで、日越の外交関係の樹立と発展とともに、質の高い日本語教育により多くの研究者、

日本語教師を輩出してきました。

 

パネルディスカッションは「日本にいるベトナム人の現状と課題」のようなテーマを

予定していまして、今日、外国人の移民、労働や共生について注目をされている中、

ベトナムと日本の今後についてや日本語教育について色んな視点から考えるフォーラムに

なれたらと考えています。http://www.n-fukushi.ac.jp/news/18/181102/18110201.html

※11月23日(金)を過ぎても申込は可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
To prove you're a person (not a spam script), type the security word shown in the picture. Click on the picture to hear an audio file of the word.
Anti-spam image