作成者別アーカイブ: kokusai

1年生のセミナーがセントレアで!

2018年4月21日(土)に1年生のために2年生実行委員が企画した

新入生セミナーが中部国際空港で開催されました。セントレアと日本福祉大学の関係、

空港での仕事についてや学部でのことを学び、1年生同士、先生方や卒業した先輩方との

交流がたくさん出来た一日でした。参加された皆さんの今後を大いに期待しています!

【公開授業】5/14「障害のリアル – ボクと君が出会う意味 – 」山田隆司

【日本福祉大学 国際福祉開発学部 公開授業】

テーマ:「障害のリアル 〜ボクと君が出会う意味〜」

日時: 5月14日(月)2限(11:00~12:30)
*「国際開発と障害学」(石本馨先生)の授業の一部として実施

会場: 日本福祉大学 東海キャンパス 3階中央 C307教室

講師: 山田隆司 作業療法士/CMT友の会代表
フリーランス 作業療法士/Charcot-Marie-Tooth病患者会 CMT友の会(代表)
シャルコー・マリー・トゥース(CMT)病×作業療法士(OT)。4歳頃から下肢の麻痺が現れ、手術や入院・リハビリを繰り返す。「自身の疾病・障害体験がリハビリに生かせないだろうか」と作業療法士を目指していった。

精神科病院に勤務しながら、CMT患者会『CMT友の会』の代表やCMT研究班の研究協力者として活動してきた。現在はフリーランスのOTとして『当事者×セラピスト』という自身の存在を武器に、『当事者体験×専門知識』を相互活用した講演・セミナーや執筆活動をしている。

愛妻と娘2人(10歳・7歳)を持つ38歳。趣味は、アウトドアや旅行、創作活動。いつかはユニバーサルでバリチョイなキャンプ場のオーナーになりたい。

参加手続: 件名に「障害のリアル」と記入し、氏名・学籍番号(学外の方はお住まいの地域)・連絡先を以下までお知らせください。

問合せ: 日本福祉大学 東海事務室(国際福祉開発学部担当:沖田一成Erick)
メール kokusai@ml.n-fukushi.ac.jp / Fax 0562-39-3281 / Tel 0562-39-3811
http://www.n-fukushi.ac.jp/gakubu/kokusai/
*学内には駐車場がありません。車でお越しの場合は学外の私営駐車場の利用をお願いします。

★2018年は学部の10周年となります!★

日本福祉大学国際福祉開発学部は今年度10周年を迎えます。

7月のオープンキャンパスでJICA関係のイベント、8月には「ふくし」関係のイベント、

そして10月28日(日)にメインの記念行事として、記念講演を原田さとみさんに

お願いしています。これを縁に、いろいろなことをご一緒していきたいなあと。

単なる妄想ではなくて、具体的なアクションをおこしていきたいと思っています。

卒業生のみなさん、是非とも東海キャンパスへ。

吉村輝彦(国際福祉開発学部長)

【国際FW】Malaysia Fieldwork 2018 – Overcoming Obstacles

Active Learning – IWD students enjoyed their Malaysia Fieldwork experience learning about Malaysian culture and making memories that will last a lifetime. Thirteen International Welfare Development faculty students and one caregiver enjoyed a two-week program at the Universiti Sains Malaysia located in Penang city, Malaysia from February 11th to the 26th. Students enjoyed a variety of lectures given by USM professors and took part in culture classes. They also enjoyed visiting local culturally significant sites around the city. The highlight of the stay was a two-day homestay at a Kampong or village where they are experienced some traditional Malaysian cultural activities, such as a wedding and various activities. All of the students made many new friends and even more memories that will last a lifetime.

【国際FW】Malaysia Fieldwork Program マレーシア研修

Thirteen International Welfare Development faculty students and one caregiver

enjoyed a two week program at the Universiti Sains Malaysia located in Penang city,

Malaysia from February 11th to the 26th. Students enjoyed a variety of lectures given

by USM professors and took part in culture classes. They also enjoyed visiting local

culturally significant sites around the city. One of these included a World Heritage site,

Georgetown. The highlight of the stay was a two-day homestay at a Kampong or village

where they experienced some traditional Malaysian cultural activities, such as a wedding

and various games. All of the students said they had a wonderful experience and could

make new friends.

国際フィールドワークの体験をラジオで!

国際福祉開発学部1年の山本大貴(インド)、宮崎康利(マレーシア)と

伊藤優作(カンボジア)が東海市の地域ラジオ番組(FM83.4 メディアス

エフェエムクラブ)で国際フィールドワークでの事を話しました!

今日の放送を逃した皆さんは3月10日(日)の20:30、11日(土)の19:30からの

再放送をきいてください。以下のサイトでアプリをダウンロードすると

スマホでも聞けます⇒http://www.medias.fm/info/saimal.html