日本福祉大学災害ボランティアセンター : 2011 : 5月

5・22福島原発農産物風評被害に勝つぞ IN 名古屋を開催しました

経済学部の佐藤皓一ゼミ生らによる実行委員会が運営する農産物の販売イベントが、5月22日(日)に栄のオアシス21で開催されました。JAの後援をいただいて、福島県をはじめ茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉の各県から安全な野菜を19品目取り寄せて販売し、風評被害に苦しむ生産者の皆さんを応援しようという取り組みです。これらの野菜はすべて、安全性について各県が証明書を発行したり、JAグループの安全基準に基づいて全農が保証したものばかりです。

 

 

週末にはたくさんの人が集まるオアシス21が会場だけに、事前に何度も打ち合わせや準備会を行い、ステージや販売スペースの設置は前夜のうちにアメリカンフットボール部の仲間が会場入りして完了!当日は7時前からⅠ部サッカー部やラクロス部も集まり、野菜や資材・機材の搬入がスタート。準備万端で8時45分の開会式に臨みました。阿形紀洋実行委員長(福祉経営学部3年)の開会宣言を受けて、Ⅰ部サッカー部が「頑張ろう!」の三唱で気勢を上げ、いざ販売開始となりました。

 

 

昼過ぎまでは時折強い雨が降り、天候にはあまり恵まれませんでしたが、9時から16時まで元気一杯で販売が続けられました。午後からはお客さんの数も増え、学生のセールストークも板についてきて?売り上げも尻上がりに伸びたようです。頑張って終了時までにほとんどの野菜を売り切ることができました。

 

 

ステージ企画もライブ演奏やパフォーマンス、佐藤教授と学生らのトークショーなどが次々に繰り広げられました。沖縄県出身の大道芸人、奥原優君(経済学部1年)のパフォーマンスは、とても見ごたえがありましたよ。来場者向けのアンケートコーナーでは、農業・農産物に対する意見や今後の支援のあり方などについて、購入者の方々が丁寧に回答を書いてくださいました。

報道機関の取材も多数あり、NHKテレビや名古屋テレビ、地元の知多半島ケーブルネットワークで放送されたほか、中日・朝日・読売・毎日・中部経済・農業新聞にも掲載されました。

 

 

 

 

これからの取り組みを考える-ボランティア活動報告会(6/2)

5月11日(水)午後8時から、ミーティングを開催しました。

冒頭、5月22日の「福島原発農産物風評被害に勝つぞ in 名古屋」に取り組んでいる福祉経営学部学生から報告がありました。http://www.n-fukushi.ac.jp/news/11/110511/11051101.html

引き続いて、半田・赤レンガでのチャイリティーフリーマーケットの活動報告、そして5月6日に帰ってきた「萩の花プロジェクト」の振り返り会が行われました。

学生がそれぞれリフレクションシートに記入した後、思いを1文字の漢字に表現し、発表しました。

翌12日、社会福祉学部総合演習Ⅰ村上・野尻合同クラスでは、萩の花プロジェクトメンバーの学生が、1年生を前に被災地支援活動の発表をしました。

災害ボランティアセンター活動報告会を、6月2日(木)午後2時半から、510教室(美浜キャンパス)・101教室(半田キャンパス)で開催することになりました。

これからの支援活動の取り組みを考える集いとして、地域の方々と学生・教職員によるディスカッションも予定しています。

萩の花プロジェクトE班報告

 名取市にある特別養護老人ホーム「うらやす」についてです。

 

 

 部屋のなかには、外から流されてきた車や木の枝や鉄の塊など様々なものが入っていました。

 思い出探しをするのと同時に倒れたベッドや棚の片付けをしました。泥の中からは、アルバムや通帳、財布など様々なものが出てきました。

私たちにとってはごみと思ってしまうものも、利用者さんにとっては大切なものだということをしっかり頭に入れて協力しながら、みんなで作業をできたと思います。

 休憩時間を利用して、日和山に行きました。

大正時代、見張り・見晴らし台として人工的に作られた日和山ですが、この大震災による被災者の方々の慰霊の場になっています。

 

 かつては神社も祀られ、地域の方々の心のよりどころでもあったはずのこの山。それを超える大津波がここに来たのだなと思うと本当に心が痛くなりました。

 この震災により多くのかたの命が奪われた一方で、生まれてくる命もあります。次の時代を生きる子どもたちにどのように伝えていくべきなのか、生きるための知識を共有するなどまだまだ沢山の問題があると思いました。

 

 次に、石巻市の避難所「ビッグバン」についてです。

 ビッグバンでは、初日にこいのぼりをつけさせてもらいました。子どもたちも喜んでいるようでした。

 

 

 避難所として500人もの人たちが利用しているので、様々な問題がありながらも楽しいひと時、考えさせられるひと時、人と人との関わりの大切さを実感するひと時など、沢山のことを学ばせていただきました。

 私たちは、お風呂の掃除や炊き出しのお手伝い、高齢者のかたとの交流(お茶っ子会を含む)など本当に短い間の活動しかできませんでしたが、それぞれにこの活動の意義を考えることができたのではないかと思います。

 

無事到着

萩の花プロジェクトのバスが、6日朝6時半に無事、美浜キャンパスに到着しました。全員元気に帰ってきました。

大学の近くのホテルでお風呂と朝食をとりました。加藤学長よりねぎらいのお言葉をいただき、プロジェクトの丹羽リーダー、各班のリーダーから、それぞれ振り返りの発言がありました。

*サブリーダー 遠藤(宮城県出身)より*

皆と一緒にボランティアできてほんとに良かったです!
ありがとう(^O^)
ゆっくり休んでください!

これからが本番だね。村上先生がおっしゃってたこと大切だよね~!愛知に残ってた人にもちゃんとお伝えしたいっちゃね~。
宮城いいとこだべ~~~(^o^)/  <以上、東北弁でした>

 

加藤幸雄学長に出迎えられ、活動概要の報告も行われました

加藤幸雄
</p>

<p class= | 2011年05月06日 12:02 | 未分類 | コメント&トラックバック(0)

石巻公民館16:45出発

萩の花プロジェクト、最終日です。5月5日16:45に石巻・桃生公民館樫崎分館出発です。

桃生小学校で活動していたC班、遊楽館で活動していたB班は、桃生公民館樫崎分館に戻り、ビッグバンで活動していたA班を乗せ、仙台の「八幡みんなの家」でD・Eチームと合流し、大学に戻ります。

[C班] 午前中、昨日に引き続き地域支援チームに同行させていただき、午後より桃生小にお伺いしました!
その際、避難されている方のズボンの裾を直したものを持っていきます。
また、昨日桃生小に避難している子どもたちと一緒に、大学から持ってきた絵手紙を一緒に壁に貼る作業をしてきました。皆さんの心のこもった絵手紙、現地の方にも気持ちが伝わったかなぁーって私は思います。(遠藤)

 桃生小学校(体育館:福祉避難所)

[B班] 遊学館にて8時から朝ごはん、10時頃からお散歩をしました♪

おばあちゃんたちと笑ったり、冗談を言い合ったりお茶っ子を飲んだり楽しく活動しました。お散歩して、コイノボリの歌を歌って少しレクをやりました。今日の活動を終えて公民館に向かいます。おじいちゃん、おばあちゃんとお別れしてきました(ノ_・。)
凄く仲良くなったから、寂しいです。
たくさん良い言葉をかけて下さって何回も泣きそうになりました。とっても良かった活動でした。(中村)

 遊楽館(福祉避難所)
[A班] ビッグバンで朝食の配給、風呂掃除、10時から子どもたちを対象に、読み聞かせとレクをやらせていただきました!!

ビッグバンで活動していてメンバーそれぞれが考えさせられる場面に遭遇しました。子どもと関わっている中で、震災遊びのようなことをする子がいて、専門家によるメンタルのケアの必要性が見えてきたり、床が掃除出来ないためにダニによる肌の荒れが出ているかもしれない子もいました。
また、攻撃的な言動がある子も多くいました。
しかし、被災していない地域にも攻撃的な言動をとる子どもがいることを考えると、必ずしもその言動が被災によるものとは言い切れないとも感じました。

本当に学ぶことや考えさせられること、未熟さを思い知らされる出来事が多くありますが、またより多くのことを得られました。(安井)

 ビッグバン(石巻河北総合センター避難所)

[D・E班] 特養「うらやす」も最終日です。今日は風が強いので、車の中で休憩しました。廊下をはじめ、だいぶ綺麗になっています!
お昼休みは昨日に続き、地域の慰霊の場となっている日和山に行ってきました。14:30で活動を終えました。(竹下)

 特別養護老人ホーム「うらやす」正面

5月4日の活動報告

石巻C班 丹羽俊策

石巻C班は、地域支援チームとして石巻市内渡波地区にて活動をさせていただきました。

渡波地区は、海に近く津波が直撃した状態でありテレビで見るのと同様な光景がところどころに広がっていました。

地域サロンを開こうと、一軒家を解放してくれたかたのお部屋の掃除と、そのご友人の方のお部屋掃除をさせていただきました。

名取に続き、津波の勢いを本当に思い知る一日でもあり、言葉にならない思いをたくさんした一日でもありました。

 

石巻B班 荒井佑介

石巻B班は遊学館にて食事の配膳や避難者の方々とお話をさせて頂きました。

B班は避難者の方々と交流するのは今日が初めてだったので、メンバー全員がとても緊張していたのですが、逆に避難者の

方々から声を掛けて頂いてこちらも非常に活動しやすい環境でした。

避難者の方々に対して寄り添うことしかできない私たちですが、明日も今回の反省生かしていきたいと思います。

石巻A班 活動先:ビッグバン

こちらで子どもと関わっていて、震災の影響が強く感じられます。言動が攻撃的になったり、専門家のメンタルケアの必要性を感じることもあります。ただ、被災の影響と言い切られるかというと確信もなく、学ぶことの多い活動になりました。残り一日ですが、明日は読み聞かせやレク活動を予定しています。

名取DE班 活動先:うらやす

広大な施設ですが、ようやく全域に手が入った感じです。廊下に積もった土砂の除去も進んで、白い床がみえてきましたし、居室に残っていたベッドや家具、その他の大きな備品も出し終えることができました。その過程で、時折お写真や形見となりそうなものも見つかり、片付いてきても、ここで暮らしていた方々のことを、面識のない私たちでも強く感じることがしばしばです。

本日の活動を終えてから、うらやすから数百メートルのところにある、慰霊碑のある標高10mちょっとの丘を訪れ、犠牲になった方々の御霊に手を合わせてきました。

チャリティ・フリーマーケット成功裡に終える

被災地で活動している「萩の花プロジェクト」と並行し、連休中の5月3~4日に、半田市赤レンガで開催された日本福祉大学国際福祉開発学部生グループ「All 4 One」主催(日本福祉大学災害ボランティアセンター共催)による、東日本大震災支援チャリティ・フリーマーケットが成功裡に終わりました。

初日は約2,500人、本日4日は赤レンガがハイキングコースとなっていたこともあり、倍以上のご来客をお迎えすることができました。

多くの方々が本フリーマーケットの趣旨をご理解くださった暖かなご支援に、深く感謝申しあげます。

2日間の売上げは、全額日本赤十字社に義援金として寄付させていただきます。

5月3日の活動報告

今日も、AB班は名取市の「うらやす」で清掃・整理活動に入りました。

津波がもたらした大量の土砂の除去も進み、館内に散乱する備品の運び出しもはかどりました。介護ベッドや引き出し類など、利用者の方々が使っていたものを運ぶ際には、いろいろな感情が去来します。

活動初日の画像ですが、大切な品々も回収されました

活動初日の画像ですが、大切な品々も回収されました

作業の合間に、うらやすの4階屋上に上がらせていただき、周辺の被災地を一望しました。一望という言葉は、美しい景色に対して使うべきかと思います。この光景に、切なさ・やりきれなさを感じるばかりでした。

津波の猛威を痛感しました

津波の猛威を痛感しました

一方、石巻エリアで活動するCDE班は、それぞれ避難所での支援を継続しています。こちらは人と向き合うことが多く、被災された方々の様子に気を配りながら、お話し相手や遊び相手も務めました。お年寄りやお子さん、この震災から受けたものも様々で、学生も丁寧に接することに努めています。河北インターから近い避難所「ビッグバン」では、早朝からの朝食準備作業などもあります。活動開始から3日目となり、疲れも出てくる頃なので、メンバーがお互いの様子にも目を配り、後半の活動に向けて折り返しました。

石巻ビッグバン

石巻の状況です!

避難所ビッグバンでは多くの人たちがストレスを感じています。 特に子どもの中には夜泣きをする子や乱暴な子もいます。

子どもだけでなくお年寄りまで様々な人がいます。

だからこそ、人との関わりを大切にすることを、これからくるメンバーには意識しておいてほしいです!
来れば分かると思いますが、辛い場面に出くわすこともあると思います!!
僕らも辛い気持ちはあると思いますが、もっと辛い人はたくさんいます!!

だからこそ、人との関わりや笑顔を大切にして、明日からも元気でいきましょう!

 

写真のとおり、本日、岡ゼミや災害ボランティアセンターの皆さんが作成した絵手紙を、避難所に掲示させていただきました!

被災地のこども達や高齢者みなさんが大変喜んでいました♪

5月2日の石巻エリア活動報告

本日、石巻エリアには3~4名で構成される3班が入り、それぞれ活動しました。その概要を報告します。

 

班・・・<桃生小学校>

 桃生小学校には、様々な地区から避難されている方々が多く、そのなかで本日より5日まで活動させていただきます。初日の今日は、炊き出しの手伝いや配食の準備を行いました。ハローワークからの求人票が入るなど、日々状況は変化する中での活動になりますが、しっかりと動きたいと思います。

  

D班・・・<遊楽館>

 遊楽館は、主に要介助のお年寄りが避難しているコンサートホールです。今日の午後から活動開始!!サロンに来ているお年寄りと雑談したり、ベッドにいる方の所へ話に行ったり。他にも時間が来たら一緒に歌を歌ったり、体操したりと楽しく過ごさせていただきました。夕飯の補助や後片付け、お掃除などもさせていただき、とても有意義な一日でした。

 

 

 

E班・・・<ビッグバン>

 ビッグバンは3階建ての大規模な施設です。今日はまず、施設の概要、避難されている方々の状況について、説明をしていただいた後、館内の見学を行いました。ここでは、地域ごとにまとまってスペースを確保され、コミュニティの維持を図られています。美浜キャンパス・災害ボランティアセンターのみなさんから寄せられた鯉のぼりの掲揚、メッセージカードの掲示などを行いました。絵本は、明日以降、読み聞かせ活動などの中で活用できればと思っています。