日本福祉大学災害ボランティアセンター : 2011 : 8月 : 19

活動3日目、そして地震

◇石巻チーム3日目の活動です。

午前中はCLCのお手伝い、今日は渡波地区の住民さんのお宅の部屋の片付けをしました。
そうめんを振る舞って下さり、美味しく頂きました。

午後は各グループに分かれ、以下の活動を行いました。
A:門脇中(避難所)  被災者の方とコミュニケーションをとった後、子ども達と遊びました。

B:南境仮設住宅  個別訪問(扇風機配り)、その後子ども達とジャポン玉・風船で遊びました。

C:蛇田北部2号仮設住宅  子ども達と水風船・折り紙などで遊びました。

今日は震度5弱の地震が起きました。連絡を下さった方々、ありがとうございました!!
全員無事でしたが、情報共有が徹底されてなかったことからスムーズに確認が取れませんでした。

 

◇仙台チームの活動です。

朝9時に宮城県亘理郡山元町の災害ボランティアセンターに行き、そこでボランティア登録を行いました。

センターのコーディネートにより、われわれ6人と、宮城県刈田郡蔵王町から来た方(甥は田園調布学園大学で社会福祉士をめざす学生)2人とともに、ある民家のお宅の庭の土砂撤去作業を行うことになりました。

 午後2時半過ぎ、やっときれいになって片づけ作業の途中に震度5弱の地震に見舞われ、避難しました。ゆっくりとお別れできなかったのが心残りですが、ともあれ作業が完了したことで気持ちとしては区切りをつけられました。

8月19日の地震について

8月19日(金)の14時36分頃、福島県沖を震源とする地震が発生し、活動先の仙台・石巻エリアでも震度5弱が観測され、津波注意報(予想高さ0.5m)も発令されました。

仙台班および石巻班のメンバーはただちに活動を中断して連絡を取り合い、間もなく全員の無事を確認しました。

グループによっては本日の活動を切り上げたり変更するなど、それぞれの状況に応じて対応し、また明日以降に備えていきます。