日本福祉大学災害ボランティアセンター : 2013 : 7月

半田キャンパス七夕祭(7月6日)にて写真展を実施

本日(7月6日)、半田キャンパスでの『七夕祭』で災害ボランティアセンターから写真展を出展させていただきました。

写真展では休憩スペースをメインにしてこれまでに行ってきた「萩の花プロジェクト」「岩手銀河ネットプロジェクト」「福島大学連携プロジェクト」の写真を見て何かを感じてもらうことと、東日本大震災を風化させない、半田にボラセンを広める事を目的に活動させていただきました。

半田キャンパスの学生や近隣の小中学生や地域の方、愛知県内の市役所の方や半田市出身のシンガーソングライターの方、たくさんの年齢や職種が違った方とお話しができて多くの事を勉強させていただきました。

感想
今回は普段あまり活動の無い半田キャンパスで行われるということで、ボラセンの知名度もあまり高くないし成功するか不安に思っていたが、今までに活動に参加してくれた学生、今回の写真展で興味を持って来てくれた学生、地域の方が自分たちの企画に参加してくださったおかげで無事に活動を終わらせる事ができました。今回、企画に携わってくれた皆さん、ありがとうございました。
(健康科学部 2年 為本)

今年初めて参加しました。
様々な年代の方々が来てくださり、お話をすることができました。しかし、まだまだ災害ボランティアとしての認知度は低いな、と感じました。
このような活動を通してもっとボラセンを知ってもらえたら嬉しいと思いました。
(国際福祉開発学部 2年 笠井)

最後に振り返りを行い、今回の良いとことこれからの改善点を挙げました。
これからも半田でできることを見つけ活動していきたいです。