日本福祉大学災害ボランティアセンター : 2013 : 8月 : 26

いわてGINGA ーNET 活動報告 5日目

5日目(8月25日)の活動は平田第一仮設住宅でした。

午前10時半から体育館を開放して、子どもたちと高齢者の方と体を動かしました。

11時になり、みんなでラジオ体操をしました。

それから高齢者の方と卓球をして、子どもたちはバスケをおこなってから、

13時まで自治会長さんのお話をききました。

被災の体験談を具体的に教えて下さいました。

津波から危機一髪で4人の人を助け出したことをきいて、とても驚きました。

今そうやって話ができるのは生きているからだと、自治会長さんも生きている

実感を感じているようでした。それから、談話室でお茶っ子サロンをしました。

UBさん含め3人の高齢者の方がいらっしゃって、みんなでお話をしました。

楽しいお話をしてにぎやかな雰囲気でした。今日で最終日というのもあって、

帰りのバスで帰るときに子どもたちと高齢者の方たちが送り出して下さいました。

最後まで手を降ってくれました。すごくたくさん汗をかいて子どもたちや

高齢者の方と運動できて、気持ちよかったです。

平田の皆さんは銀河をすごく大事にしてくださってると感じました。

(なつみ)

いわてGINGA ーNET 活動報告 4日目

4日目(8月24日)の活動は先日と異なる仮設住宅へ訪問させていただきました。

これまでの仮設住宅と異なり、住民の方も多く、たくさんの人と関わることができました。

午前中は体育館で子どもたちとスポーツをしながらかき氷を食べました。とても素直

で人懐っこい子どもたちで、子どもパワーをもらうことができました。

午後は住宅街を散歩しながら住民の方とお話させていただきました。

たわいもない話でしたが、明るい住民方のお話をうかがえてよかったです。

人の温かさを感じることができた1日だったのではないかと思います。

(なな)