日本福祉大学災害ボランティアセンター : 2014 : 8月

ふくしま子どもリフレッシュサマー体験ツアー2014

2012年夏からはじめた福島大学災害ボランティアセンターと本学災害ボラセンとが共同して取り組む「ふくしま子どもリフレッシュサマーキャンプ」は、今年で3回目となりました。2014年度は「サマー体験ツアー」として、8月20日(水)~22日(金)に、名古屋城、南知多で海水浴とバーベキュー、常滑散歩道・めんたいパーク、名古屋港水族館など、子どもたちの体験プログラムが実施されました。

20日の夕方に、例年の「レシーア南知多」で福祉大の災害ボラセンの学生がお出迎えし、山海の海岸にてビーチハイクを演出しました。21日は内海にて地引網、海水浴とスイカ割りを行いました。例年より子どもが10人少ないこともあったせいか、ややおとなしめの感じでした。

地引網スイカ割り

 

 

 

 

 

 

それでも、夜になって美浜町・小野浦バーベキュー場に到着後は、慣れてきたため、こどもたちは「おにごっこ」や「かくれんぼ」などで遊ぶようになりました。例年、せっかく地引網でとった魚をホテルで調理してもらっても、子どもたちは余り食べませんでした。そこで今年は、子どもたちにアルミホイールでバターと醤油を加えた魚の切り身を包ませ焼くと、とてもよく食べてくれました。鈴木典夫先生のねらいがみごとに「的中」しました。

 

10616064_656119817813086_8133070289874149532_n10540413_656119734479761_2134412599608612256_n

 

 

 

 

 

 

22日は常滑散歩道を歩き陶芸体験、そして名古屋港水族館見学で、名古屋港にて子どもたちと福祉大生はお別れでした。毎年のこととはいえ、船から叫びあう子どもたちと学生の姿には泣かされます。

 

おわかれさようなら

 

 

 

 

 

 

今年が3年目としてひとつの「区切り」を迎えますが、福島大学と日本福祉大学との協働・交流は今後も形を変えて継続されることでしょう。

南知多の地域の方々の暖かいご支援に改めて御礼を申し上げます。