日本福祉大学災害ボランティアセンター : 2014 : 9月

第7次萩の花プロジェクトを終えて

今回は1年生6名、3年生1名の合計7名で8月25日から29日にかけて行いました。

参加者もおり、災害ボラセンも新しい世代が入っての萩の花プロジェクトでした。

より、石巻市立門脇小学校の教職員、児童・生徒による震災の

証言が収録されたDVD「3月11日を生きて~石巻門脇小・人びと・ことば」

を視聴しました。

8月24日夜名古屋を出発する高速バスで仙台に向かい、25日午前中に

石巻市開成にある福祉仮設住宅あがらいんに到着しました。

到着後、石巻・開成のより処「あがらいん」を運営するCLCのスタッフさん

より、あがらいんの活動概要、仮設住宅の状況などについてオリエンテーション

を受け、その後、市内に行き、門脇小学校跡、大川小学校跡などを視察してきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

26日活動2日目は、開成団地内に惣菜の移動販売(キッチンカー)の

活動に参加しました。あがらいんの利用者さんも一緒になって、出来立ての

惣菜を販売しました。

27日活動3日目は、地元NPOと一緒になっての子育てサロン、同年代の

お母さんと子どもたちが集まってのカフェに参加しました。

28日活動3日目は、地域食堂と八百屋さん、団地の人たちが野菜を買いがてら

お昼ご飯を食べていきます。その日のメニューはちらし寿司と暖かいそうめん。

29日活動最終日は、2日目に同じく移動販売をおこない、夕方には

1週間の活動を終えて、お別れとなりました。

仮設住宅でのコミュニティ支援の取組みに参加する中で、次は自分たちで

どのような企画をつくれるか、あがらいんで過ごした1週間は、1年生にとって

次につながりそうです。今、仮設住宅から復興公営住宅への移行が進む中で

あらたな課題も生まれてきていることも学びました。3.11の日に何があったかを

お話ししてくれたこと方々に感謝しつつ、私たちはこれからも開成団地の動き

から復興の過程を見つめていくことになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわて銀河ネット活動3日間の報告

こんにちは!災害ボランティアセンタースタッフの丸茂歩基です。

いわて銀河ネットでの活動3日間の報告をいたします。

参加したみんなは、漁業と菜の花プロジェクト、学び遊びチームの2つにわかれて活動しました。
活動日1日目は、菜の花プロジェクトに参加してきました。

活動日初日は、菜の花の種が入っているもみ殻から種を取り出す作業をしました。

そして、さらにもみ殻とゴミをわけて、とうみを使い、ゴミと種をわける作業をしました。
菜の花は、塩分を吸い取る作用があり、花が咲いていると気持ちが暖かくなることがわかりました。
岩手県の豊かな自然にふれて、岩手県の魅力を発信していきたいなと思いました。
IMG_9765IMG_9720
2日目には、菜の花プロジェクトに参加し、代表の山田さんの話を聞きました。
山田さんは、バイオディーゼルエンジンを使い、旅の途中で震災にあったみたいです。
そのバイオディーゼルは、廃油を使って動くので、震災のときだけ動いていたみたいです。

私は、山田さんの人生がいろいろな偶然が重なっていることがわかりました。

菜の花をつくることで、油になり、地域の活性化のためにも活動しており、自然と人間はこれからも共存していかなければならないのかなと思いました。
午後は、その菜の花の種をまきました。
初めて種をまいて、とても楽しかったです!!
まだまだ、書きたいことなどあります!帰ったらまた伝えます。
写真は、種をまいているのと、種とゴミをわけている写真です!