カテゴリー別アーカイブ: 未分類

24時間の街「新橋」の防災訓練

訓練に終わりなし、継続と反復は力なり(芝消防署所長のコメント)

10/12(水)新橋愛宕地区の大規模な防災訓練が開催され、東京サテライトも町内会の一会員として、訓練に参加してきました。会場の「桜田公園」は小学校の跡地で、お馴染み新橋SL広場のすぐ裏手にあります。繁華街のど真ん中での大規模な消防訓練は、他ではあまり類を見ないそうです。消防、警察の指導のもと、664人もの地元商店会や企業からの参加者は4つの班に分かれ、以下の防災訓練メニューを体験してきました。

  • 放水訓練 (ホースを持って放水する体験)
  • 煙体験ハウス (無害な煙で充満したテントの中を通過する体験)
  • ロープ結索講習 (決してほどけないロープの結び方の体験)
  • 救急講習 (AED・圧迫人工呼吸の救命体験と、三角巾での応急処置の体験)
  • 首都直下型地震想定動画の視聴 (内閣府HP 防災情報のページより)   ☞http://wwwc.cao.go.jp/lib_012/syuto_all.html

 

〆は、「芝消防署」の災害救助隊と「愛宕警察署」のレスキュー隊の、息を飲む救助活動のデモンストレーション。隊員たちの日々鍛錬された動きに釘付けになり、災害現場での彼らの活動に、改めて頭の下がる思いでした。

首都圏で30年以内に大規模地震が起こる確率は、70%を超えるといわれています。非常時には、家庭においても職場においても、地域の連携が不可欠です。「新橋」は、有数の繁華街でありながら、地域が非常に密着していることを、今回消防訓練に参加して感じました。【備えあれば憂えなし】の言葉通り、日々の防災意識が減災に繋がることを、しっかりと胸に刻んできました。

今年も国際福祉機器展が始まりました

東京ビッグサイトを会場に、今年も国際機器展が始まりました。
第42回国際福祉機器展は、10月7日(水)から10月9日(金)まで開催されています。
DSC09302東京ビッグサイト2IR
福祉車両、車いす、自助具、介護食、義肢装具、入浴機器、リハビリ・介護予防機器、福祉サービス運用システム、杖、歩行補助具、トイレ・おむつ用品、コミュニケーション・見守り機器、衣類・着脱衣補助用品、建築・住宅設備機器、障害者用スポーツ・レクレーション用品、感染症予防機器など、あらゆる福祉用具・福祉機器に関わる企業が一堂に出展しています。
DSC09305DSC09310
出展企業の中には、日本福祉大学卒業生の方が説明員として参加している企業もいくつかあり、ご活躍の姿を見ることができます。
最終日には、愛知から学生も見学に来る予定。
福祉用具・福祉機器の商品情報を集めたり、技術を知ったり、福祉機器ビジネスを調べるためには重要な機会です。
ご関心のある方は、開催期間中にぜひ会場にお越しください。
DSC09306DSC09309
第42回国際福祉機器展についての詳しい情報は、以下のURLをご参照ください。
https://www.hcr.or.jp/exhibition/exhibition2015.html

日本経済を支えている「中小企業の実力」は福祉社会づくりにも貢献

10月30日から11月1日まで東京ビッグサイトで、「中小企業総合展」と「産業交流展2013」が開催されていました。
DSC02123
医療福祉分野のビジネスの情報収集やら、学生の就活上参考になりそうな企業情報の収集といった目的で会場を見学。
DSC02124
日本の経済を支えているのは中小企業の力だなということが実感できます。
金型製造技術や切削・研磨・加工技術を駆使した製品は眺めているとホントにきれいな仕上がりだなあと感心します。
この技術が、自動車や家電や通信機器や環境機器など日本の製品のあらゆるところに使われているという訳ですね。

自動車のエンブレムや携帯電話の部品にも使われている技術

自動車のエンブレムや携帯電話の部品にも使われている技術
通常こういう製品は写真を撮らせてもらえないんですが、この会社は気前よく撮影OKを出してくれました。

通常こういう製品は写真を撮らせてもらえないんですが、この会社は気前よく撮影OKを出してくれました。

医療福祉関係ビジネスを見ることが今回の目的の一つだったのですが、福祉分野との関係を作りの点では、機械や部品などのメーカー系企業の方にその意欲を感じました。
上の写真の精密小型ダイカスト製品を展示しているのは、東京都豊島区に本社がある株式会社エーケーダイカスト工業所という企業。
トヨタの自動車のエンブレムを始め、精密機器部品や自動車部品を作っているこの企業では、高齢者や障がい者でも使いやすいキャップオープナーも作っていました。

持ち手のところがしっかりした造りで握りやすい缶オープナーです。

持ち手のところがしっかりした造りで握りやすいキャップオープナーです。

「これは亜鉛ダイカストですけど、もっと軽いアルミでも作ることができますよ」とご担当の方。
手に持って、とてもしっくりとする質感がさすがです。
缶オープナーってプラスチックの簡易なものがよくありますけど、こういうしっかりしたものがあると、末永く使えるような気がします。

北海道の旭川市からやってきた旭川機械工業株式会社は、堆肥製造プラントやベルトコンベアなどを製造する産業機械製造メーカー。会場では、CNC木工旋盤という機械を展示していました。
DSC02129
この木工旋盤のどこが社会福祉と関係するかというと、木工製品政策上では複雑な3次元加工を簡単な操作で行うことができる設計にしたことから、障がいを持つ人でも簡単に作業ができるようにしたこと。
長崎県島原市にある社会福祉法人悠久会の作業所「きらり」では、就労継続支援事業として、県の補助を受けてこの機械を導入。木のぬくもりを活かした木加工品として 「きのこ携帯ストラップ」「ペン立て」「 積み木」「パズル」などを製作しているそうです。
この木工旋盤を使って、高付加価値な木工製品を製作して販売することで、知的障がいを持つ方々の自立を支援しようという取り組みを進めたいという、公益性のあるビジネス展開を構想しているところが同社の特徴です。
http://www.asahikawakikai.com/3d_machine.html

愛知県の春日井市から出展していた、電車・航空機・発電設備部品の超合金加工技術をもつ株式会社タムラの方は、その技術を福祉分野にも活用できないかと考えていらっしゃるそうで、日本福祉大学にその相談をすることができるかとの問い合わせもいただきました。

春日井市の株式会社タムラさんのブース

春日井市の株式会社タムラさんのブース

日本福祉大学には、名古屋オフィスで地域連携事業にも取り組んでいますので、ご相談があれば承りたいと思います。

岡崎商工会議所のブースで岡崎市内の企業のPRをされていたご担当者の方は、本学職員ともご友人とのこと。

岡崎商工会議所のブースでは市内の優良企業を紹介

岡崎商工会議所のブースでは市内の優良企業を紹介

岡崎商工会議所では、商工会議所内に学生の就職相談窓口も設け、市内の優良企業と就職を希望する学生とのマッチングを行っているとのことで、「ぜひ学生さんにお知らせください」とのアドバイスもいただきました。
岡崎市内の企業への就職を考えている学生のみなさんは、一度利用してみてはいかがでしょうか。
http://www.okazakicci.or.jp/trainingtop.html