カテゴリー別アーカイブ: 02.東京オフィス周辺ではこんなことが

2017年 始動!

今年もよろしくお願い致します

新しい年が始まりました!関東地方は、暖かくお天気に恵まれたとても穏やかな三が日でした。大学受験の受験生の皆さん、国家試験の受験生の皆さん、いよいよ本番ですね。体調万全で実力を出しきれますように・・・東京サテライトは応援しています。

地元の芝大神宮と烏森神社にも、みなさんの代わりに初詣でお参りしてきました。



今年もお世話になりました

東京サテライトの2016年

毎年恒例、清水寺で発表される今年の世相を表す漢字は「金」に決定しました。RIOオリンピックの金メダルラッシュに沸いた2016年、みなさまにとってはどのような一年でしたでしょうか?
東京サテライトは、年末最後のイベントとして、12/26(月)に【合格者の集い】を開催しましたので、その様子をご紹介します。入学広報課からの入学前事前課題説明の後、サテライト主催の交流会に移りました。
  • 愛知県のこと、日本福祉大学のこと、知っているかな?〇×クイズ
  • 動物に例えると私は〇〇です~自己紹介
  • 在校生との交流タイム
  • 知多半島、岬巡りのスライドショー

最初は緊張した面持ちの合格者の皆さんも、この日のために美浜キャンパスから駆けつけてくれた在校生との交流タイムでは笑顔がこぼれ、色々な質問やアドバイスの場になり、LINEの交換などもしていました。参加して下さった合格者の皆さん、お手伝いに名古屋から来てくれた3人の在校生の皆さん、本当にありがとうございました。


 その他、東京サテライトの2016年のトピックもご紹介します。

◆通学課程 入学支援◆
  •  新入生交流会、2回開催(2016年度入学者 2017年度入学予定者)
  •     首都圏版パンフレットの作成
  •  美浜オープンキャンパスのバスツアーのサポート
  •  首都圏開催の進学相談会参加と個別入学相談の実施
◆通学課程 就職支援◆
  •  東京ビッグサイト「福祉機器展」見学と東京就活スタディツアー主催
  •  Uターン就職ガイダンスへの参加
  •  エントリーシート、履歴書添削等

◆通学課程 学生活動支援◆
 東京ビッグサイト「エコプロ展」のサポート

◆通信課程◆
  •  首都圏の「卒業を祝う会」への参加協力
  •  新任の先生着任による実習サポート強化
  •  首都圏開催の入学説明会の応援
 ◆同窓会◆
  •  各種同窓会のサポート
◆その他◆
  •  新橋愛宕地区の防災訓練に参加
  •  「リオオリンピック・パラリンピック凱旋パレード」が近隣で開催
  •  事務所の整備(防犯設備、非常食設置など)

東京サテライトは、12/27(火)が年内最終業務となり、新年は1/5(木)業務開始の予定です。

この一年間の皆さまのご支援・ご協力に深く感謝致しますとともに、2017年も引き続きご厚誼を賜りますよう、お願い申し上げます。

どうぞ穏やかな年の瀬と、希望に満ちた新年をお迎えください

平山佐知子議員のところへご挨拶

日本福祉大学卒業生でこの夏の参議院選挙で静岡選挙区から初当選された平山佐知子参議院議員。
民進党の1年生議員として日々いろいろな課題に取り組んでいらっしゃいます。
その平山議員の国会事務所にご挨拶に伺ってきました。
dsc02567
場所は、参議院議員会館の8階。
残念ながら国会終了後だったこともあり、ご本人は地元の静岡に戻られていましたが、秘書の方に大学の資料をお渡しして、今後のご活躍を期待している旨をお伝えしてきました。

平山佐知子議員は、参議院経済産業委員会の所属。
社会福祉と経済産業振興には、深い関連があります。
町おこしなどの地域振興、医療・福祉ビジネス、障がい者雇用、障がい者や高齢者でも使いやすい製品やサービスの開発、雇用創出による貧困の解消などなど接点はいろいろある分野。
日本福祉大学で学ばれたこと、卒業後にアナウンサーとして体験されたことなどを活かして、ぜひ福祉社会の発展のためにこれからもご活躍いただきたいと思います。

なお、平山佐知子参議院議員の公式ブログは以下の通りです。
http://hirayamasachiko.com/

日本福祉大学学生、エコプロ展にデビュー

12月8日(木)から東京ビッグサイトで開催されている、国内最大の環境ビジネスの展示会「エコプロ2016」に日本福祉大学が初出展。
半田キャンパスにある健康科学部福祉工学科バリアフリーデザイン専修環境共生コースの内藤摩惟さんと
近藤 大河さんが、学部での取り組みを説明しています。
dsc02357dsc02374
2人とも同学部の4年生。就職先も決まって、今は卒業研究の追い込みの時期。
今回は、愛知県で進みつつある開発に伴う代償として計画されているアニマルパスウェイ等の提案と、解体木材に対する消費者の選好とその要因にについての2つの研究成果を紹介。
会場では廃木材の見本を提示して、来場者にどの廃材がよいと思うかについてのアンケート調査も行っています。
dsc02381dsc02384
開始1時間で10名以上の方がブースを見学しに来ていただくなど、なかなか好調な出足。
他大学の学生も「どんな研究なんですか?」と訪れていただいたり、名古屋から参加したという中堅企業の方からは、「廃材を使って何を作るかというビジネスが大事、ロールモデルを選んでその方向けの商品を開発するとよいのでは」と助言をいただいたり、リフォームを得意とするある企業関係者の方からは、「廃材をただ見せるだけでなく、商品になった時にどうなるかという見せ方も大事」とのご指摘もいただくなど、出展したからこその反応をいただき、学生たちも刺激を受けていました。
dsc02403dsc02399

エコプロ2016は、10日(土)の17時まで開催中。
お時間のあります方は、ぜひ東1ホールE-14の日本福祉大学ブースにお立ち寄りください。

【エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展~】が東京ビッグサイトで開催

日本福祉大学がブース出展

日本最大規模の環境ビジネス展示会である「エコプロ2016 ~環境とエネルギーの未来展~」が、来る12月8日(木)~12月10日(土)の3日間、東京ビッグサイトにおいて開催されます。
この展示会は、1999年の第1回開催以来、環境配慮型製品やサービスの普及を目的に、「エコプロダクツ展」という名称で開催されていましたが、この間、地球環境をめぐる問題は大きく変化をしています。
そのため、今年から、「地球温暖化対策と環境配慮」「クリーンエネルギーとスマート社会」を2大テーマに掲げ、今回から展示会名を「エコプロダクツ」から「エコプロ~環境とエネルギーの未来展」に改称し、アジアを代表する環境・エネルギー の総合展示会として開催されます。
dsc02331
日本福祉大学は、今回初めてこの展示会にブース出展することになりました。ブースを担当するのは、半田キャンパスにある 健康科学部 福祉工学科 バリアフリーデザイン専修 環境共生コース の学生2名です。
二人とも、大手ハウスメーカーへ就職が内定しており、大学で学んだ次の研究テーマについて成果を発表する予定です。

◆発表予定のテーマ◆

  • 愛知県で進みつつある、開発に伴う代償として計画されているアニマルパスウェイ等について、開発計画地周辺の緑地の哺乳類調査をした上で、それを考慮した提案を紹介する。
  • 解体木材に対する消費者の選好とその要因について、解体木材に関する基礎的な知識、解体木材の廃木材や古材のサンプルを紹介しながら説明を行う。

本学は東1ホールの大学・教育機関コーナーの中にある、E-14のブースで展示を行っております。
12月8日と9日は10時から18時、10日は10時から17時が開催時間。
学生たちの応援を兼ねて、日本福祉大学の取り組みを是非ご覧頂きたいと思います。皆様のお越しをお待ちしています。
dsc02332

エコプロ展2017のご案内 ☞ http://eco-pro.com/2016/

 

国際福祉機器展見学+第12回東京就活スタディツアーに3名の学生が参加

10月12日(水)から14日(金)にかけて、東京ビッグサイトで第43回国際福祉機器展が開催されました。
dsc01948
今年の国際福祉機器展にも、何名かの卒業生の方がお勤め先の会社のブースで説明員として元気に活躍されていました。
左は、アビリティーズ・ケアネット株式会社のブースでデンマーク製の車いすを実演紹介していた、社会福祉学部卒の久保和美さん。
右は、株式会社ミクニライフ&オートのブースで、恩師の渡辺崇史健康科学部教授と再会した健康科学部卒の柴辻将史さんです。
dsc01975dsc01983
14日と15日には、この国際福祉機器展の見学と、これからの就活について学ぶ東京就活スタディツアーが開催され、子ども発達学部と健康科学部の3年生3名が参加しました。
この企画は、日本福祉大学東京サテライトと東京在住の日本福祉大学卒業生の方とで、「実行委員会」を作って毎年国際福祉機器展の開催に合わせて実施しているもの。健康科学部の渡邊崇史教授にもご協力をいただいています。
この「実行委員会」になって4回目、それ以前にキャリア開発課との共同で開催していた当時から通算すると12回目の開催となり、参加者の中から多くの学生が優良企業に就職してきました。
dsc01978dsc01980
今回参加した学生たちは、久保さんや柴辻さんがお勤めの企業のブースはもちろん、自分の関心のある車いすメーカーや介護用ベッド関係メーカー、共有玩具を展示する株式会社タカラトミー、TOTO株式会社やLIXIL株式会社等の住宅設備メーカーなどのブースを熱心に見学していました。
dsc01994dsc01995
東京サテライトに戻ってからは、株式会社タカラトミーを題材に企業研究と志望動機作成のトレーニング。
翌日にはその成果を各自が発表し、模擬面接形式で志望動機作成のポイントを実践的に学びました。
その後は、東京在住卒業生への質問タイムを中心とする懇談会。
「仕事でめげるような経験にはどのようなことがあったか?」、「ブラック企業ってどういうところがブラックなのか?」、「これからの日本はどうなると思うか?」、「文系の新卒者はなぜ営業職に回されるのか?」、「企画職にはなぜ新卒はすぐに就けないのか?」、「生活できる給与はどのくらいか?」などなど、先輩だからこそ本音を聞ける率直な質問で、自分たちの働くイメージを徐々に考えていきました。
dsc02000dsc02003
東京サテライトでは、今回の参加者に対する就活のフォローはもちろん、東京方面で就活をしている4年生、これから就活を計画している3年生の履歴書添削や自己PR作成のためのアドバイス、企業の採用情報の提供等の支援を行います。
東京での就活の際には、東京サテライトをぜひご活用ください。

24時間の街「新橋」の防災訓練

訓練に終わりなし、継続と反復は力なり(芝消防署所長のコメント)

10/12(水)新橋愛宕地区の大規模な防災訓練が開催され、東京サテライトも町内会の一会員として、訓練に参加してきました。会場の「桜田公園」は小学校の跡地で、お馴染み新橋SL広場のすぐ裏手にあります。繁華街のど真ん中での大規模な消防訓練は、他ではあまり類を見ないそうです。消防、警察の指導のもと、664人もの地元商店会や企業からの参加者は4つの班に分かれ、以下の防災訓練メニューを体験してきました。

  • 放水訓練 (ホースを持って放水する体験)
  • 煙体験ハウス (無害な煙で充満したテントの中を通過する体験)
  • ロープ結索講習 (決してほどけないロープの結び方の体験)
  • 救急講習 (AED・圧迫人工呼吸の救命体験と、三角巾での応急処置の体験)
  • 首都直下型地震想定動画の視聴 (内閣府HP 防災情報のページより)   ☞http://wwwc.cao.go.jp/lib_012/syuto_all.html

 

〆は、「芝消防署」の災害救助隊と「愛宕警察署」のレスキュー隊の、息を飲む救助活動のデモンストレーション。隊員たちの日々鍛錬された動きに釘付けになり、災害現場での彼らの活動に、改めて頭の下がる思いでした。

首都圏で30年以内に大規模地震が起こる確率は、70%を超えるといわれています。非常時には、家庭においても職場においても、地域の連携が不可欠です。「新橋」は、有数の繁華街でありながら、地域が非常に密着していることを、今回消防訓練に参加して感じました。【備えあれば憂えなし】の言葉通り、日々の防災意識が減災に繋がることを、しっかりと胸に刻んできました。

オリンピック・パラリンピック凱旋祝賀パレード

沿道が一つに!

10/7(金)東京晴れ 「リオオリンピック・パラリンピック」のメダル受賞者の凱旋祝賀パレードが、東京銀座で催されました。それに先立ち、虎ノ門ヒルズ前の特設スタジオで行われる出発式の後、パレード会場の銀座に移動する車列の写真を収めに、東京サテライトから徒歩15分の、西新橋2丁目交差点でスタンバイ。

「はい!こちら、西新橋の環状2号線(新虎通り)の沿道は交通規制が敷かれ、観客、警備、取材の人の波で、異様な熱気に包まれています。 運よく、最前列をゲットできました。 前方にそびえる虎ノ門タワー前の、特設会場でのセレモニーの音声が聞こえてきます。 レスリングの吉田沙保里選手の挨拶に続き、小池東京都知事のご紹介も聞こえましたので、選手たちと一緒にバスに乗るのでしょうか? あっ!いよいよ車列がやって来ました!! 先導のオープンカーに続き、車椅子のパラリンピックの選手が、2台のトレーラーに分乗して笑顔で手を振っています。 続いて二階建てオープンバスが見えてきました! 吉田沙保里選手、体操の内村航平選手の姿が見えます! 選手の皆さん、笑顔で沿道の「おめでとう!」の歓声に応えています! この臨場感、なんともいえない一体感をお伝えできないのが残念です。 赤いブレザーはオリンピック、白いブレザーはパラリンピックの選手ですね~ 水泳の萩野公介選手も満面の笑顔です! あ~ぁ、行ってしまいました・・・興奮冷めやらぬ中、以上、西新橋2丁目交差点より中継でした。」

dsc_2057

%e3%83%91%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89%e2%91%a0

%e3%83%91%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89%e2%91%a1

%e3%83%91%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89%e2%91%a4

%e3%83%91%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89%e2%91%a5

DSC_2055

GO!TOKYOの横断幕のとおり、2020年はここ東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます。日本福祉大学は、2017年4月に「スポーツ科学部」が開設になりますし、東京オリンピック・パラリンピックには、本学の学生及び卒業生も、強化選手としてエントリーされています。

健常者も、障がい者も、スポーツマインドは一つです。ふくしの総合大学は、スポーツをする人、見る人、支える人、どんな人のどんな関心にも360°応えられる学部をめざし、スポーツ実践の現場はもちろん、産業・行政・教育などあらゆる分野で応用できる能力を、スポーツを題材とした大学教育を通じて養います。

首都圏求人イベントのご紹介

まだまだこれから!

10月に入り、多くの企業の来春入社予定者の「内定式」の様子が、新聞やTVで報道されています。
でも、まだまだ、これからも、採用活動を続けている企業もたくさんあります。
東京サテライトでは、首都圏求人のお役立ち情報を、逐次発信していきます。

 

<イベント情報>

■10/6(木)栃木県合同会社説明会(就職応援ナビ2017)
http://www.shukatsu-ouen.jp/2017/event10/event161006.html

■10/7(金)群馬県合同会社説明会(就活応援ナビ2017)
http://www.shukatsu-ouen.jp/2017/event10/event161007.html

■10/28(金)よこはま新規大学等卒業予定者・既卒者就職面接会(神奈川ハローワーク)
http://kanagawa-hellowork.jsite.mhlw.go.jp/list/yokohama_shinsotsu/_119959.html

■11/3(木)U・Iターン合同企業説明会in群馬 (群馬県若者就職支援センター)
http://www.wakamono.jp/recruit/detail.php?id=909

 

<注目サイト>

■「新卒者・既卒者の皆さまへ」(東京ハローワーク)
http://tokyo-hellowork.jsite.mhlw.go.jp/kyushokusha/_120809.html

■「魅力ある中小企業を紹介します」(東京商工会議所)pre open
http://www.tokyo-cci.or.jp/gakusei/

 

東京サテライトは、首都圏での就職支援を行っております。首都圏での就職をお考えの方は、お気軽にご相談下さい。

【通信教育部】在校生の活動のご紹介

「美容」の力で笑顔に

7/26(火)TBSテレビで「心の傷を抱えた若者~壮絶、引きこもりの実態~」という特集が放映されました。ある引きこもりの青年を追ったドキュメンタリです。

NPO法人の代表者は、母親の依頼を受け、部屋に籠ったきりの青年のもとに何度も足を運びます。頑なに社会と関わりを避けていた青年が、少しずつ心を開き、問いかけに応じるようになり、部屋の外、やがて家の外に出ることができるようになり、遂には福祉施設で働く母親の元で、アルバイトができるようになり、青年の笑顔で番組は終わります。引きこもりの実態は、全国で70万人にも上るとのこと、驚愕の数字です。

本学通信教育部の在校生の廣田純也さん(神奈川県在住)はこのNPO活動に賛同し、美容師という職業を生かして、このような引きこもりの若者や高齢者に寄り添う活動をしているそうです。この鏡の中の笑顔の青年が、今回の特集の主人公です。廣田さんにお話を伺いました。image3


  • Q1. この活動を始めたきっかけは何ですか?
  • A1. 以前から、「美容」の可能性を考え、医療や福祉と連携できないかと考えていました。この活動を知り、心を閉ざした若者に対して「美容」の力で何か働きかけることができるのではないかと思いました。

  • Q2. 活動の場や頻度・回数を具体的に教えて下さい。
  • A2. 茅ケ崎市で美容院を経営しているので、地元の湘南地域での活動がメインです。高齢者施設、児童養護施設、精神病院、自宅などを月に15日ほど訪問し、髪の毛のカットの間、色々と話しかけてコミュニケーションを図っています。

  • Q3. 活動を通して、変化をどのように感じていますか?
  • A3. 訪問回数を重ねるごとに、コミュニケーションが取りやすくなり、心が接近してくるのを実感します。鏡に向かってたわいもない会話を重ねることで、心に風を通してあげられているように感じます。少しずつ笑顔が増えてくるのも嬉しいです

  • Q4. 今後の活動や展開はどのようにお考えですか?
  • A4. 就労支援施設やリハビリテーション病院等との連携を図り、もっと活動の場を広げていきたいです。  

  • Q5. なぜ日本福祉大学に入学したのですか?
  • A5. 美容を通した精神ケアをする上で、PSW(精神保健福祉士)の資格が必要と感じたからです。専門知識を持って、サポート活動を継続・拡大していきたいと考えています。

引きこもりの若者も、障害のある方も、高齢者も、サポートが必要だという点では変わりません。身だしなみを整えることによって、笑顔が増え、明るくなり、前向きになっていく姿を、廣田さんは実感するといいます。引き続き、廣田さんの活動を応援したいと思います。

※東京サテライトでは、今後も首都圏の在校生、卒業生の方々の様々な活動や取り組みをご紹介していきたいと思います。次回はあなたのことかもしれません。