月別アーカイブ: 2013年8月

暑い日のランチはやっぱりスパイス補給

このカテゴリーでは、東京オフィスの周辺環境や周辺での出来事、東京オフィスに来訪された際に楽しめそうなランチの店などをご紹介します。

第4回目は、カレー激戦区の東京オフィス周辺でも最もスパイシーと言われるカレーのランチのご紹介です。

東京オフィス周辺は、実はカレー激戦区でもあります。
コクのある欧風カレーやスパイスの効いたインドカレー、野菜をたくさん使ったカレー、蕎麦屋さんが提供する和風カレー、はたまた動物性のものを一切使わないマクロビテックのカレーのなど、各店がその個性を競っています。
その中で、ガツンとスパイスの効いたカレーの店として多くのお客さんを集めているのが、第1回で紹介したビクター音楽スタジオの並びにある「ヘンドリクスカリーバー」。
ヘンドリクスカリーバー千駄ヶ谷店頭

ランチには4種類のカレーメニューが登場します。
ヘンドリクスカリーバー千駄ヶ谷ランチメニュー

ある日はキーママトンカレー
粗挽きの羊肉のスパイシーなカレーです。
ヘンドリクスカリーバー千駄ヶ谷キーママトンカレー

そしてまたある日は、日替わりのポークカレー
軟らかく煮こまれた大きな豚肉の塊。
けっこうボリューム感があります。
ヘンドリクスカリーバー千駄ヶ谷ポークカレーとハーフナン

野菜カレーには素揚げされた季節の野菜がたっぷり。
この日は、ズッキーニ、ブロッコリー、おくら、茄子、にんじんなど10種類ぐらいの野菜が入ってました。
へんどりくすかりーばー千駄ヶ谷野菜カレー

辛さは、激辛ということではないですけど、どのカレーもしっかりスパイスが効いていい汗がかけます。
昨日と一昨日はいくらかしのぎやすかったですが、今日からは再び暑さが戻るとか。
まだ暑い夏を乗り切るには、こういうメニューが強い味方です。

ヘンドリクスカリーバー
渋谷区神宮前2-13-2 ユハラアネックスビル 1F
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130901/13007422/

東京にもある富士山!

このカテゴリーでは、東京オフィスの周辺環境や周辺での出来事、東京オフィスに来訪された際に楽しめそうなランチの店などをご紹介します。

第3回目は、富士山の世界遺産登録を記念して、東京オフィスの近くにもある「富士山」をご紹介します。

『江戸名所図会という』、江戸時代後期の天保年間に出版された、江戸市中とその周辺の名所を挿絵で紹介する出版物にも登場する「鳩森八幡神社」(千駄ヶ谷八幡神社)は、東京オフィスのある日本青年館から歩いて10分ほど。
JR中央・総武線の「千駄ヶ谷駅」から真っ直ぐ南に5分ほどのところにあります。
鳩の森神社1鳥居

鳩森八幡神社のホームページには、

『江戸名所図会』によると大昔、此の地の林の中にはめでたいことが起こる前兆の瑞雲(ずいうん)がたびたび現れ、ある日青空より白雲が降りてきたので不思議に思った村人が林の中に入っていくと、突然白鳩が数多、西に向かって飛び去った。この霊瑞(れいずい)に依り 神様が宿る小さな祠(ほこら)を営み鳩森『はとのもり』と名付けた。貞観2年(860年)、慈覚大師(円仁)が関東巡錫の途中、鳩森のご神体を求める村民の強い願いにより、山城国石清水(男山ともいう)八幡宮に宇佐八幡宮を遷座し給うた故事にのっとり、神功皇后・応神天皇の御尊像を作り添えて、正八幡宮とし尊敬し奉ったと伝えられている。

と、その由来が記載されています。
http://www.hatonomori-shrine.or.jp/
1,100年以上続く歴史のある神社ということですね。
鳩の森神社5本殿

しかし、みなさんご存知でしたでしょうか?
この鳩の森八幡神社には、なんと「富士山」があるのです。

もちろん、先日世界遺産に登録された富士山がこの場にあるわけではありません。
富士信仰にもとづいて、富士山に似せて作った富士塚が境内に存在しています。
本物の富士山は世界遺産ですが、こちらは東京都指定の有形民俗文化財
鳩の森神社4富士塚説明看板

1789年の築造と言われるこの富士塚は、円墳形に土を盛り上げ、富士山の溶岩も頂上近くに配されています。頂上に至る登山道は自然岩を用いた階段になっており、途中には烏帽子岩や洞窟まであるという本格的な造り。
当時の人々が、いかに富士山を大切にしていたかがよく分かります。
鳩の森神社6富士塚登山道

鳩の森神社2富士塚子どもが登る

この鳩の森八幡神社の近くには、日本将棋連盟の本部がある東京将棋会館があり、神社の境内には
「将棋堂」という建物もあります。
鳩の森神社7将棋堂
お近くまでいらっしゃる機会があれば、一度「富士登山」に、挑戦されてはいかがでしょうか。
本物の富士山に登頂するのと同じ霊験があるそうですよ。

鳩森神社
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ケ谷1-1-24
TEL.03-3401-1284
日本青年館から徒歩10分

他大学の学生との交流も可能なキャリア支援のセンターが誕生

8月に入って夏も本番ですね。
暑い中でもまだ就活を続けている4年生の学生もいることでしょう。
また、そろそろ就活を考えようかなという3年生も出てきているかもしれません。
そんなみなさんの就活を支援する場所が、東京の御茶ノ水に8月1日誕生しました。
キャリぷら東京入口
キャリぷら東京というのがその場所。
「キャリアぷらっとフォーム」というのが正式名称。
学生が無料で使える街ナカのキャリアセンターです。
すでに大阪では2011年から開設されていて、NHKの「おはよう日本」などで報道されたこともあるので、ひょっとしたら「聞いたことがある」という人もいるかもしれません。
大阪には名古屋圏の大学の学生も何人か訪問しているようです。

キャリぷらの大きな特長は、「ぷらっとフォーム」という名前の通り、これからの就活の土台となる場所になること。
就職活動中の学生はもとより、これから活動することになる1年生や2年生、内定済みの4年生、若手社会人、企業の採用人事担当者、キャリアや就活を支援するキャリアコンサルタントや講師、大学の職員、各業界の第一線ではたらく社会人が集って、「はたらく」ということを共に考え、情報交換し、交流をする場です。

昨日の8月2日に行われた開催記念イベントには、企業の人事・採用担当者、大学の職員、すでに内定を獲得した4年生、就活中の4年生、学生の就活相談に乗ってくれるコンサルタントの方など、60名以上が集まりました。
私が、日本福祉大学という愛知の大学の職員だと分かると、「名古屋圏で採用したいんですよ」とか、「今年もまだ名古屋で採用したいのです」と声をかけてくれる採用担当者の方が複数ありました。また、「今年日本福祉大学の学生さんがエントリーしてくれましたよ」と教えてくれる担当者の方もいらっしゃいました。

つまり、ここでの出会いや交流が、就活にとって大事な関係を作っていくことにつながるということです。

・将来のキャリアを考えたい、専門家に相談したい、学んでみたい
・さまざまな業界で働く社会人に会いたい、話してみたい
・首都圏以外への就職(Uターン、Iターン)を考えたい
・首都圏での就職活動の拠点にしたい

と考えている学生なら誰で無料で利用可能

そんな若者たちと出会いたいと考えている、企業関係者の方々と本音の出会いができる場。
就活で東京に来た際に、ぷらっと寄っていろんな交流ができる場です。

・今日面接があったんだけど、こんなこと質問されちゃった、こんな受け答えでよかったのかな?
・今日の面接を通過したら、次はどんな準備が必要なのかな?
・このエントリーシートだとどんなことを質問されるのかな?

東京で就活をするときの疑問や思いついたことを、何でも自由に質問し情報交換することができます。
そして、この場では社会人の方はもちろん、他の大学の学生とも情報交換が可能
美浜や半田にいるだけでは分からない様々な情報が獲得できます。
他大学の学生たちと交流することで、日本福祉大学で取り組んできたみなさんたちの活動の良さが再確認できるかもしれません。
逆に、足りないところやもっと努力しなければならないことが分かるかもしれません。

ここでの出会いを土台にして、新たにやるべきことや、自分の強みや弱みが分かってくるかもしれません。
東京に就活に来たときに、帰りのバスまでの時間や、企業訪問に向かう前の待ち時間などに、ぜひ「ぷらっと」寄っていろんな情報交換をしてきてはいかがでしょうか?

キャリぷら東京の所在地は下記の通り。
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-45 お茶の水茗渓ビル5階
TEL.03-5280-7066 FAX.03-5280-7067
JR「お茶の水」駅から徒歩2分の場所です。
利用時間は、月曜日から土曜日の10時から18時30分だそうです。

詳しい利用方法は、下記のURLを参照してください。
http://c-pla.com/tokyo.html