月別アーカイブ: 2015年8月

9/26◆日本福祉大学セミナー(東京会場)開催のお知らせ

東京地域並びに近郊にお住まいの同窓生の皆さま。
日本福祉大学は以下の日程で公開セミナーの開催を予定しております。
当日は一般市民の方を対象とした参加無料の福祉文化講演会を予定しております。
皆さまお誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。
ご参加を心よりお待ちしております。

【日時】2015年9月26日(土) 受付12:30~

【会場】飯田橋レインボービル
(東京都新宿区市谷船河原町11番地 TEL: 03-3260-4791)
※JR総武線飯田橋駅西口または、地下鉄有楽町線・南北線・東西線・飯田橋駅
神楽坂 B3出口より徒歩約5分
※会場アクセスはこちら

【内容】
① 文化講演会(12:30~受付開始)  13:00~14:20
演題:『高齢者の社会的孤立をめぐる地域福祉実践の評価と課題』
講師: 斉藤 雅茂  (さいとう まさしげ・日本福祉大学社会福祉学部准教授)
概要: 近年、独居高齢者の増加等により、高齢者の社会的孤立やその帰結
としての孤立死・孤独死問題への関心は高まっています。こうした中、国内では全国的に社会的孤立の軽減にむけた様々な地域福祉実践 が展開されておりますがその実績や課題の評価はほとんど蓄積されておりません。
これまで自身が取り組んできた限られた研究活動の経験を踏まえて、高齢者の社会的孤立に関する研究の到達点とともに、今後の社会福祉領域で求められる
であろう能力・視点と「ふくし」教育の実際を取り上げます。

② 大学説明会(大学近況・就職)   14:30~15:15
※通学課程在学者保護者を対象とした相談会も予定されています。

【参加申し込みの際のお願い】
住所・氏名・連絡先・参加催事番号(①~②)・同窓生ID、在学生の方は学籍番号を明記(一般の方は不要)の上、ハガキまたはFAX、以下の参考リンク先内の申込フォーム、
E-mail(以下ご参照)で1週間前までにご連絡ください。

【お問い合わせ先・お申し込み先】
日本福祉大学 後援会
〒460-0012  名古屋市中区千代田5-22-32 3F
TEL:052-242-3045  FAX:052-242-3046
E-mail:seminar-a@ml.n-fukushi.ac.jp

参考リンク先  日本福祉大学セミナー(東京)

9月開催予定の進学相談会のお知らせ

通学課程への入学を希望される高校生の方、保護者の方を対象とする進学相談会のご案内です。
日本福祉大学は、9月に東京と横浜で開催される下記の進学相談会に参加します。

9月4日(金)15:00~18:30 横浜新都市ホール(横浜そごう9階)
 国公立私立 大学・短期大学進学ガイダンス

9月5日(土)13:00~17:00 新宿NSビルB1階イベントホール
 国公立私立 大学・短期大学進学ガイダンス

DSC07642DSC07785
首都圏での今シーズンの進学相談会参加はこれが最後になります。
当日はAO入試へのアドバイスもいたしますので、ご希望の方は会場までお越しください。
この相談会以降に、入学についてのご相談を希望される方は、日本福祉大学東京サテライトで対応いたします。
事前にお電話で相談日・時間をご確認の上お越しください。

日本福祉大学東京サテライト
東京都港区新橋6-9-6 12東洋海事ビル3階(JR新橋駅から徒歩8分)
電話:03-5777-2447

福祉の理想と現実を結ぶ

2013年に創立60周年を迎えた日本福祉大学では、今年が同窓会設立60周年。
関東地方の各都県でも同窓会設立60周年を記念して地域同窓会総会と記念講演会が開催されています。
7月18日(土)には、さいたま市で埼玉県地域同窓会の総会と記念講演が開催されました。

総会の開始時からほぼ満席の会場は、記念講演が始まると一席の空席もないほどの大盛況。
満席の同窓生のみなさんを前に、綿祐二福祉経営学部長が「福祉の理想と現実」と題して講演を行いました。
DSC08362DSC08363

自らも社会福祉法人を経営するとともに大学教員でもある綿先生は、教育の現場では、「権利擁護」とか「自己決定」とか理想の姿を教えるものの、社会福祉の現場では理想とは異なる現実があり、目の前で起きる「現実」の中で、どう「理想」を追及するのかお話しいただきました。
参加された卒業生のみなさんは、実際に体験されている「現実」を踏まえたお話であったことから、共感の表情で聞き入っていました。
DSC08367DSC08368
総会と講演終了後には恒例の懇親会。
そこでも講演者の綿先生に、卒業生の方からたくさんの質問が寄せられ、参加者のみなさんの熱心さが伝わる会となりました。
当日は、東京サテライトに7月から配属された2人の助教の先生方も、みなさんの前でご挨拶。
実習巡回でお世話になっている卒業生の方々と、これからさらに協力関係を深めて関東地方での通信教育部の学生支援を進めていくことが紹介されました。