月別アーカイブ: 2016年8月

こだわりのノベルティグッズ

「ふくし」の原点に立ち返り

受験生の皆さん、いよいよ受験大学を絞る時期になってきましたね。各大学で開催されているオープンキャンパスや入学説明会の会場では、趣向を凝らした色々なノベルティグッズが配布されていると思います。今回、日本福祉大学は「ふくし」の原点に立ち返り、こだわりのノベルティグッズを作成しましたので、ちょっとご紹介したいと思います。

キットパス5色


こだわりのノヴェルティグッズに選んだのは、日本理化学工業株式会社の新商品「キットパス」というマーカーペンです。なんと縁起の良い語呂なのでしょう。キットパス → きっとパス → きっと合格!

日本理化学工業株式会社は、学校で使うチョークやラインマーカー製造を主とした会社で、チョークの国内生産の3割を占める、業界ではトップ企業です。従業員の7割が知的障がい者であり、障がい者が働ける環境作りに早くから取り組んできました。

同社の事業目的・意義には、つぎのことが掲げられています。
当社は、あらゆるコミュニケーションギャップを埋めるためのノウハウ、商品、サービスを開発し、発信していくことと、徹底的に障がい者雇用にこだわり、社内でも相手の理解力に合わせてコミュニケーションギャップを埋める活動を通じ、全従業員の物心両面の働く幸せの実現の追求をしていくことにより、よりよい地域社会、そして皆働(共生)社会の実現に貢献する。
この会社は、人間としての生き方、社会・国のあり方に至るまで、知的障がい者からたくさんの気づきをもらい、それを多くの方に伝えることを使命としているのです。その取り組みは、法政大学大学院の坂本光司教授著作の日本で一番大切にしたい会社」(あさ出版)という本の中では、トップバッターで紹介されています。

福岡県の障害福祉サービス事業所 「JOY倶楽部」が主催するアトリエブラヴォのメンバーは、このキットパスを実際に使って、こんなに素敵なイラストを描いてくれました。このカードを同封して、こだわりのノベルティグッズは完成です。ところで、毎年好評のアトリエブラヴォ作「2017年カレンダー」も着々と準備が進んでいるようですので、ご興味のある方は是非 アトリエブラヴォHP ☞ http://atelier.joy-club.jp/

ノベルティイラスト


こだわりのノベルティグッズには、「つうのらしのできるあわせ」の原点に立ち返り、障がい者と健常者がともに協力し支え合う社会の実現への願いが込められているのです。

受験生の皆さん、東京サテライトは、首都圏在住の皆さんの身近な相談窓口です。どうぞお気軽に進学相談にお越しください。お越しいただいた方には、こだわりのノベルティグッズを差し上げます♪
きっとパス(合格)間違いなし!です。

日本福祉大学セミナー(東京会場)開催のお知らせ

日本福祉大学と日本福祉大学後援会は、『日本福祉大学セミナー』を全国各地で開催しており、東京では以下の日程で開催を予定しています。
当日は、一般の方にも参加いただける「文化講演会」を予定しておりますので、皆様お誘いあわせの上、ぜひご参加ください!

1)開催日 : 2016年9月18日(日) 受付 12:30~

2)会場  : 飯田橋レインボービル

3)文化講演会(13:00~14:20)

講演:『高齢者とのコミュニケーション再考』
コミュニケーションは、意思・価値観・知識・感情等を含めた人と人とのかかわりです。本講演では、コミュニケーションの基本の理解をもとに、自分のコミュニケーションの傾向や特徴を知ることの意味や方法を見ていきます。また、認知症の方とのコミュニケーション、回想法やライフレヴューの基礎的な方法についてご紹介したいと思います。

講師: 野村 豊子(のむら とよこ・日本福祉大学社会福祉学部教授)

4)お申し込み方法

本セミナーのお問い合わせ、お申し込み方法は、日本福祉大学後援会のホームページをご参照ください。
開催日1週間前を目安にお申し込みください。
https://www.netnfu.ne.jp/kouen/event/seminar/h28/20160918/tokyo/

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

オリンピックと台風一過

次はパラリンピック♪

連日熱戦を繰り広げ、感動と勇気を与えてくれたリオオリンピックが閉幕した8/22(月)、関東地方を台風9号が直撃しました。関東直接上陸は2005年以来11年ぶりだそうです。電車のダイヤは終日乱れ、大雨による河川の増水や家屋の浸水など、たくさんの爪痕を残して去っていきましたが、皆さんの地域は、大丈夫でしたか?
大雨で線路近くの斜面が崩れ、土砂で傾いた西武多摩湖線の車両=22日午後、東京都東村山市

引き続き、9/8からはリオパラリンピック が開幕します。日本福祉大学の卒業生、宮島徹也さん(情報社会科学部卒)が、車椅子バスケットボール に出場しますので、オリンピック同様、熱い声援を送りたいと思います。

そして・・・4年後の東京パラリンピック 強化指定選手には、本学の学生・卒業生5名が選出されています。今後ともご支援・ご声援をよろしくお願いします!!

 

夏季休業のお知らせ

暑中お見舞い申し上げます♪

夏本番です。皆様お元気ですか? 8/11(木)~8/18(木)の間、東京サテライトは夏休みを頂きます。ご不便をおかけしますが、よろしくお願い致します。夏バテなどなさいませぬよう、ご自愛くださいね。

↓ 山梨県 明野 のひまわり畑も、夏満開です♪

ひまわり

 

半田市の新スポット

本学の半田キャンパス がある愛知県半田市は、古くから海運業、醸造業などで栄え、「蔵のまち」としても知られています。
そして昨年、半田赤レンガ建物、ミツカンミュージアム、旧中埜半六邸と、新しいスポットが次々オープンしました。休日を利用して訪ねてまいりましたので、ご紹介いたします。

半田赤レンガ建物は、明治31年にカブトビールの製造工場として誕生しました。
関東でも馴染みのある横浜赤レンガ倉庫や日本橋(装飾部)を設計した、明治建築界の三巨匠の一人、妻木頼黄の設計による建物です。
100年以上の時を経て、耐震補強などの整備が行われ、ちょうど1年前の2015年7月、リニューアルオープンしました。
本学の学生がつくる「日本福祉大学半田赤レンガ建物保存活用委員会(COA)」も、建物を紹介するホームページの刷新や、記念イベントに協力しています。

IMG_1320 IMG_1330

館内では、赤レンガ建物の構造や当時のビールづくりの工程など、様々な展示がされ、歴史に触れることができます。実際にアーチ型耐火床や5重の壁などを見ることができ、当時の建築の技術と美しさに驚かされました。
館内のカフェでは、復刻したカブトビールや地元の食材を使った美味しいおつまみが楽しめるそう。また、レンタルスペースもあり、この日も様々なイベントや展示が行われ、沢山の来場者で賑わっていました。

JR半田駅から少し歩いたところに、半田運河があります。
運河沿いには黒板囲いの醸造蔵が建ち並び、江戸の面影を残していました。海が近く、潮風から壁を守るため、コールタールで塗られているために、黒色をしているのだそうです。写真右側の黒い建物は、昨年リニューアルオープンしたミツカンミュージアムです。
この日は大変暑い日だったのですが、運河を渡る風がとても心地良く、爽やかでした。

IMG_1340

運河の近くには、江戸から明治にかけて繁栄した豪商の邸宅もあり、市民の交流の場や観光の休憩所として昨年オープンした旧中埜半六邸では、庭園の見学も可能です。
この他、半田市には、「ごんぎつね」や「手袋を買いに」の作者として知られる新美南吉記念館など、沢山の見どころがあります。
機会がありましたら、是非尋ねられてみてはいかがでしょうか♪