東京スタッフ目線の東海キャンパス見学

東海キャンパスに行ってきました♪

先日、スタッフ研修で東海キャンパスに行ってきました。2015年春に完成したばかりの新しいキャンパスです。新幹線のぞみは、箱根山を抜けると、富士山、茶畑、大井川 天竜川 浜名湖と次々と車窓の景色を変え、新横浜から1時間20分ほどで名古屋駅に到着。その後、名鉄線に乗り換えて17分ほど南下し、名鉄常滑線【太田川】駅で下車します。常滑といえば、常滑焼の急須はあまりにも有名ですね。三階建ての【太田川】駅舎は、国際線が就航する中部国際空港の玄関口にもなっています


駅前には細井平洲と上杉鷹山の対面の像がありました。

DSC_0712                              ☞ 細井平洲記念館へのリンク

上杉鷹山はなせばなる、なさねばならぬ なにごとも 成らぬは人の なさぬなりけりという有名な言葉を後世に残した米沢藩主です。
あのケネディ元大統領が「最も尊敬した日本人」は上杉鷹山だと語ったことは、非常に有名な話。そして上杉鷹山に影響を与えた儒教の先生が、ここ東海市出身の細井平洲なのだそうです。


  • キャンパスは、駅から徒歩6分ほどの距離
  • まるで空港のような開放感溢れるロビーはとても明るく
  • サークル活動の紹介や、セミナーの案内も、スクリーンで電光表示されていました

そしてとにかく驚いたのは、充実の障がい者用トイレ! さすが福祉の大学です。
この他にも様々なバリアフリー環境が整備されているのが日本福祉大学キャンパスの特徴です。

DSC_0716


東海キャンパスでは、経済学部・国際福祉開発学部・看護学部の学生が学んでいます。このような近代的で綺麗なキャンパスで学べる学生さんは、本当に幸せですね♪

学生食堂ではカツどん定食(410円)を頂きました。味噌という名前はついていなかったのですが、普通のソース味ではなく、これがご当地名古屋の味なのですね。美味しかったです。(写真撮り忘れました・・・)

機会がありましたら、受験生のみなさんもぜひ東海キャンパスに足を運んでみてください。

☞東海キャンパスのページ