半田市の新スポット

本学の半田キャンパス がある愛知県半田市は、古くから海運業、醸造業などで栄え、「蔵のまち」としても知られています。
そして昨年、半田赤レンガ建物、ミツカンミュージアム、旧中埜半六邸と、新しいスポットが次々オープンしました。休日を利用して訪ねてまいりましたので、ご紹介いたします。

半田赤レンガ建物は、明治31年にカブトビールの製造工場として誕生しました。
関東でも馴染みのある横浜赤レンガ倉庫や日本橋(装飾部)を設計した、明治建築界の三巨匠の一人、妻木頼黄の設計による建物です。
100年以上の時を経て、耐震補強などの整備が行われ、ちょうど1年前の2015年7月、リニューアルオープンしました。
本学の学生がつくる「日本福祉大学半田赤レンガ建物保存活用委員会(COA)」も、建物を紹介するホームページの刷新や、記念イベントに協力しています。

IMG_1320 IMG_1330

館内では、赤レンガ建物の構造や当時のビールづくりの工程など、様々な展示がされ、歴史に触れることができます。実際にアーチ型耐火床や5重の壁などを見ることができ、当時の建築の技術と美しさに驚かされました。
館内のカフェでは、復刻したカブトビールや地元の食材を使った美味しいおつまみが楽しめるそう。また、レンタルスペースもあり、この日も様々なイベントや展示が行われ、沢山の来場者で賑わっていました。

JR半田駅から少し歩いたところに、半田運河があります。
運河沿いには黒板囲いの醸造蔵が建ち並び、江戸の面影を残していました。海が近く、潮風から壁を守るため、コールタールで塗られているために、黒色をしているのだそうです。写真右側の黒い建物は、昨年リニューアルオープンしたミツカンミュージアムです。
この日は大変暑い日だったのですが、運河を渡る風がとても心地良く、爽やかでした。

IMG_1340

運河の近くには、江戸から明治にかけて繁栄した豪商の邸宅もあり、市民の交流の場や観光の休憩所として昨年オープンした旧中埜半六邸では、庭園の見学も可能です。
この他、半田市には、「ごんぎつね」や「手袋を買いに」の作者として知られる新美南吉記念館など、沢山の見どころがあります。
機会がありましたら、是非尋ねられてみてはいかがでしょうか♪