山梨県内の福祉実践を交流

8月のお盆が終わった最初の土曜日は、恒例の日本福祉大学山梨県地域同窓会。
今年も8月20日(土)に、甲府市内で開催されました。
会場の山梨県地場産業センター(かいてらす)には、県内各地から約30名の同窓生が参加。
総会では、高橋会長のあいさつの後、大学の近況報告や同窓会の活動報告・活動方針の紹介が行われ、今年度も活発に同窓生の交流や在校生の就職支援等の活動を行うことが確認されました。
DSC01680DSC01688
総会が終わった後は懇親会。
ここでは、参加した卒業生の方がそれぞれ近況をスピーチ。
高齢者施設で、病院で、公務員として、教育の現場で、障害者の施設で、地域福祉の現場で、様々な福祉の現場で活躍される卒業生の方々が、それぞれの取り組みと思いを語り合いました。
1年に一度の貴重な経験交流の場に、参加されたみなさんは日頃の実践や悩みを時間一杯語り合っていらっしゃいました。
DSC01691DSC01689
今年は、通学課程の在校生の参加がありましたが、地域同窓会はどこでも現役の在校生の参加は大歓迎。
山梨県ではこの地域同窓会に参加して、先輩たちと知り合いになったことをきっかけに就職先を決めた方も多くいらっしゃいます。
来年は、卒業生の方々はもちろん、山梨県出身や在住の通学・通信両課程の在校生のみなさんにもぜひ多く参加していただきたいものです。