24時間の街「新橋」の防災訓練

訓練に終わりなし、継続と反復は力なり(芝消防署所長のコメント)

10/12(水)新橋愛宕地区の大規模な防災訓練が開催され、東京サテライトも町内会の一会員として、訓練に参加してきました。会場の「桜田公園」は小学校の跡地で、お馴染み新橋SL広場のすぐ裏手にあります。繁華街のど真ん中での大規模な消防訓練は、他ではあまり類を見ないそうです。消防、警察の指導のもと、664人もの地元商店会や企業からの参加者は4つの班に分かれ、以下の防災訓練メニューを体験してきました。

  • 放水訓練 (ホースを持って放水する体験)
  • 煙体験ハウス (無害な煙で充満したテントの中を通過する体験)
  • ロープ結索講習 (決してほどけないロープの結び方の体験)
  • 救急講習 (AED・圧迫人工呼吸の救命体験と、三角巾での応急処置の体験)
  • 首都直下型地震想定動画の視聴 (内閣府HP 防災情報のページより)   ☞http://wwwc.cao.go.jp/lib_012/syuto_all.html

 

〆は、「芝消防署」の災害救助隊と「愛宕警察署」のレスキュー隊の、息を飲む救助活動のデモンストレーション。隊員たちの日々鍛錬された動きに釘付けになり、災害現場での彼らの活動に、改めて頭の下がる思いでした。

首都圏で30年以内に大規模地震が起こる確率は、70%を超えるといわれています。非常時には、家庭においても職場においても、地域の連携が不可欠です。「新橋」は、有数の繁華街でありながら、地域が非常に密着していることを、今回消防訓練に参加して感じました。【備えあれば憂えなし】の言葉通り、日々の防災意識が減災に繋がることを、しっかりと胸に刻んできました。