【エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展~】が東京ビッグサイトで開催

日本福祉大学がブース出展

日本最大規模の環境ビジネス展示会である「エコプロ2016 ~環境とエネルギーの未来展~」が、来る12月8日(木)~12月10日(土)の3日間、東京ビッグサイトにおいて開催されます。
この展示会は、1999年の第1回開催以来、環境配慮型製品やサービスの普及を目的に、「エコプロダクツ展」という名称で開催されていましたが、この間、地球環境をめぐる問題は大きく変化をしています。
そのため、今年から、「地球温暖化対策と環境配慮」「クリーンエネルギーとスマート社会」を2大テーマに掲げ、今回から展示会名を「エコプロダクツ」から「エコプロ~環境とエネルギーの未来展」に改称し、アジアを代表する環境・エネルギー の総合展示会として開催されます。
dsc02331
日本福祉大学は、今回初めてこの展示会にブース出展することになりました。ブースを担当するのは、半田キャンパスにある 健康科学部 福祉工学科 バリアフリーデザイン専修 環境共生コース の学生2名です。
二人とも、大手ハウスメーカーへ就職が内定しており、大学で学んだ次の研究テーマについて成果を発表する予定です。

◆発表予定のテーマ◆

  • 愛知県で進みつつある、開発に伴う代償として計画されているアニマルパスウェイ等について、開発計画地周辺の緑地の哺乳類調査をした上で、それを考慮した提案を紹介する。
  • 解体木材に対する消費者の選好とその要因について、解体木材に関する基礎的な知識、解体木材の廃木材や古材のサンプルを紹介しながら説明を行う。

本学は東1ホールの大学・教育機関コーナーの中にある、E-14のブースで展示を行っております。
12月8日と9日は10時から18時、10日は10時から17時が開催時間。
学生たちの応援を兼ねて、日本福祉大学の取り組みを是非ご覧頂きたいと思います。皆様のお越しをお待ちしています。
dsc02332

エコプロ展2017のご案内 ☞ http://eco-pro.com/2016/