3.11

<![CDATA[未曽有の災害となった東日本大震災から今日で5年となりました。
このブログを書いている私は、その時都内のお茶の水で仕事をしているところに地震が発生し、周辺のビルが大きく揺れている姿を目にしました。
都内では交通機関が全面ストップして、その日は仕事を終えた後、途中、テレビから流される津波の光景に言葉をなくしながら、お茶の水から自宅まで6時間近くかけて歩いて帰ったことを思い出します。
日本福祉大学の学生・教職員も、がれきの撤去を始め、現地の子どもたちの支援や震災時のソーシャルワーカーの取り組みのインタビューなど、これまで様々な形で復興支援に関わってきました。
DSC03351DSC03397
それでもまだまだ、住み慣れた土地に戻れない方々、仮設住宅での生活を余儀なくされている方々、以前の生活を取り戻せない方々が多数いらっしゃいます。
被災地ではまだまだ復興の途上。
これからも震災のことを忘れずに、何らかの形で復興支援に関わらせていただきたいと思います。
そんなわけで、今日の筆者のランチは、三陸の牡蠣を使った「かき牡蠣セット」。
かきこやとびうめ新橋カキ牡蠣セット(カキフライ)かきこやとびうめ新橋3.11のチラシ
この店は三陸の牡蠣を食べることで、現地の復興を支援しようということがコンセプト。
写真にあるような復興支援イベントも本日開催されるそうです。
ほんのちょっとだけですが、今日の日を忘れない取り組みをさせていただきました。]]>