月別アーカイブ: 2018年6月

第53回全日本学生アーチェリー女子王座決定戦【結果報告】

6月16日(土)・17日(日)に全日本学生アーチェリー女子王座決定戦決勝トーナメント(静岡県つま恋レンジ)が開催されました。

16日(土)にランキングラウンドが行われ、予選14位で決勝ラウンドに進み、翌17日(日)決勝トーナメントでは前年度覇者の長崎国際大学(予選3位)と対戦、惜しくも敗れはしましたが全国9位という結果をのこすことができました。

【女子王座決定戦に出場メンバー】
選手:松浦 由真( 子ども発達 3年)
選手: 伊東 和子(スポーツ科学 2年)
選手: 荻原 紗良(子ども発達 2年)
学生コーチ: 板谷 好美 ( 社会福祉 3年)

大会の様子➀

大会の様子②

大会の様子③

開催地が静岡県ということもあり、主催:全日本学生アーチェリー連盟、競技主管:東海学生アーチェリー連盟ということで
選手以外にも、実行委員には東海学生アーチェリー連盟の副委員長の今井 愛美(子ども発達 4年)、学連競技役員として全日本学生アーチェリー連盟兼任の小林 典広(社会福祉 3年)、および東海学生アーチェリー連盟の佐藤 嘉希(スポーツ科学 2年) が大会運営の裏方として本学の学生が活躍しました。

なお、結果等の詳細は全日本学生アーチェリー連盟ホームページ(http://www.student-archery.jp/)でもご確認頂けます。

当日は、1年生・2年生の部員が中心となり、応援に駆け付けました。
全国大会という場の雰囲気を各部員が感じ、来年度は男女ともに王座決定戦に出場することを大きな目標として、改めて認識できました。

全国大会出場に伴いまして、多大なるご支援・ご寄付、数々の応援・エールを多くの方々から頂きましたことをこの場にて厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

今度とも、本学アーチェリー部の活躍・躍進にご期待くだされば幸いに存じます。

新ユニフォーム、王座出場記念の1枚

 

第53回全日本学生アーチェリー女子王座決定戦【経過報告】

現在、日本福祉大学アーチェリー部は、2018年6月16日・17日 第53回 全日本学生アーチェリー女子王座決定戦(静岡県つま恋リゾート)に出場中です。

本日はランキングラウンド(※)が行われました。
時折小雨振る中の試合となりましたが、出場した3名の選手は72射に熱意を込めて打ち切りました。

現地には1年生8名と2年生2名が応援に駆け付け、出場した選手にエールを送りつつ、他大学の射型や応援を観察し、吸収していたようです。

全国大会ならではの雰囲気や大学それぞれが強い想いを持って参加している様を肌で感じ、明日のトーナメント戦に向け、高まる気持ちが本学の部員にも溢れています。

17日は8:50~ 1/16イリミネ―ションラウンドより出場します。

※ランキングラウンド
決められた距離・本数を行射し、順位を決める競技方式。
王座決定戦では、70mを72射し、大学毎に上位3名の合計得点を以ってトーナメントの組み合わせを決めるためのラウンドです。