月別アーカイブ: 2019年5月

全国大会出場決定を報告しました

学校法人日本福祉大学理事長、日本福祉大学学長へ2019年6月15・16日と静岡県掛川市 つま恋リゾートで行なわれる「第58回全日本学生アーチェリー男子王座決定戦」「第54回全日本学生アーチェリー女子王座決定戦」への出場を報告しました。
冒頭、アーチェリー部 尾形結熙主将(社会福祉学部 3年)、荻原紗良主務(子ども発達学部 3年)より、東海地区の王座位出場校決定戦で男女ともに準優勝し、全国大会への出場が決まったこと、男子は昨年度3位とあと一歩で悔しさを味わったため、今年出場できたことで大きな自信をもつことができたことを報告しました。

続いて王座出場校決定戦に出場した選手の飯田康太(子ども発達学部 2年)、安藤壱起(社会福祉学部 2年)、伊東和子(スポーツ科学部 2年)、佐藤百音(スポーツ科学部 1年)、山本奈生子(社会福祉学部 1年)が自己紹介の後、全国大会を決めた当日の様子や心境、アーチェリー競技について理事長、学長に説明・報告をしました。

理事長・学長からは「持てる力、実力を如何なく発揮し、全国大会での活躍を期待しています」と激励の言葉を頂き、全国大会へ向けての気持ちを今一度引き締めることが出来ました。

☆祝☆全日本学生アーチェリー王座決定戦に男女揃っての出場決定!!

4月21日(日)王座出場校決定戦の本戦が開催され、以下の結果となりました。

【東海地区】東海学生アーチェリー王座出場校決定戦(本戦)

【男子】 準優勝

【女子】 準優勝

上記結果を以って、冒頭タイトルで既に告知のとおり、

全日本学生アーチェリー男子王座決定戦
全日本学生アーチェリー女子王座決定戦への出場が決定しました!!

本年度、女子は2年連続11回目、男子は14年振り2回目の王座決定戦への切符を手に入れることができました。
男女揃っての王座決定戦出場は14年振り、本学アーチェリー部念願かなっての出場です。
女子は昨年に引き続き準優勝ながら、決勝戦ではS.O.(シュートオフ)までもつれ込む接戦を演じ力強さを見せつけています。
男子は昨年度3位と確実に地力をつけていることが伺えていましたが、今年度しっかりと
一歩一歩着実に勝ちを重ねての結果となりました。

団体戦の駆け引きは精神面も大きく影響します。
個人個人の修正点、反省点はあれど、着実に積み重ねた成長を個人個人だけでなく、部員全員が感じてもらいたいと思います。

2019年6月15日・16日
第58回 全日本学生アーチェリー男子王座決定戦
第54回 全日本学生アーチェリー女子王座決定戦(いずれも静岡県つま恋リゾート)に出場、まずは初戦突破を目指します。
全国大会にて、更なる経験を積んで参ります。

応援して下さった方々に感謝申し上げます。
今後の部員の活躍にもご期待ください。

【OB・OGの皆さまへ】
日本福祉大学アーチェリー部が王座決定戦に出場します。大学アーチェリーの目標の一つともいえる王座決定戦、OB・OGの方々も特別な思い入れがあろうかと思います。
学生自身も大会に向けて弓具の整備費用や遠征費等を工面していますが、高額なため、経済的に苦しい状況となっています。
OB・OGの皆様方におかれましては、日ごろからご支援頂いているところではございますが、是非とも、全国大会へ挑む学生たちに、ご寄付・ご支援頂ければ幸甚に存じます。
ご支援に係るお問い合わせは下記までお願い致します。

※OB・OG専用問い合わせ先
yoshizw*n-fukushi.ac.jp (送信時は*を@に変えてください。)
日本福祉大学アーチェリー部 監督 吉澤智文 宛

東海学生アーチェリー王座出場校決定戦(予選)が開催されました

3月24日・4月8日に王座出場校決定戦の予選が開催されました。
第2戦目の4月8日(日)は気候に恵まれ、新入生は初陣を非常に良いコンディションで飾ることができました。

以下、上位の結果となります。

【東海地区】東海学生アーチェリー王座出場校決定戦(予選)

【男子】 5位・587点 9位・565点

【女子】 5位・574点 7位・551点 8位・551点

以上の学生は、東日本大会(北海道キロロリゾート)への出場も決定しています。
上位者のうち、男子1名・女子1名は新入生が占める結果となり、期待の新入生が今年も入部してくれたことを感じています。

上級生も新入生に負けないよう、お互いに刺激し合い高め合える関係を構築し、練習に取り組んでいきます。