去る10月の3連休、言語聴覚士科学生の1年生を中心に、

日本LD学会第19回大会の、お手伝いにいってきました!

学会実行委員である、本学言語聴覚士科学科長の指揮のもと、

朝早くから、会場の愛知県立大学に集合し、前もって分担された仕事を行います。

久しぶりのスーツ姿に、スタッフの腕章をつけ、スタッフ証を首からさげて、

案内図やポスターを貼り付けたり、各会場で必要な備品の仕分けをしたり。

開場時間ともなると、全国から多くの方々がいらっしゃっており、

会場案内係をはじめ、忙しい3日間でした。

そんな中でも、発表やシンポジウムを、開場のすみっこで拝聴できるようにと、

学生さんの仕事は振り分けられていますから、

会運営のお手伝いをしながらでも、知識が増えます。

今年の大会テーマは、

「通常学級における特別ニーズをもつ子どもの支援 - 子どもの学びを保護する連携 -」。

卒業して、臨床現場に出たときは、是非この日に得た知識を活用してくださいね!

そして、この経験を生かして、将来所属する学会に、しっかり貢献できるといいですね!

そして尚且つ、近い将来スタッフではなく、発表者として壇上に上がり、

社会に貢献するのも、楽しみな事ですね!

 

 

良い経験をさせていただいた3日間でした!

No コメントがあります。

Subscribes to this post comment rss or trackback url