皆さん、こんにちは。

本校(日本福祉大学中央福祉専門学校)併設施設

ことばと聴こえの支援室さくらの言語聴覚士、村上真知子先生が

本日(12月2日)の中日新聞・くらし欄で構音や訓練についてアドバイスされています!

img_2797

言語聴覚士が行う訓練の中でも、子どもの機能性構音障害は、

適切な時期に、適切な方法で行えば改善します。

反対の言い方をすれば、言語聴覚士の腕が試されることになりますが、

本校では、そんな機能性構音障害に

対する治療方法についても、学生は日々勉強しております。

この機会に言語聴覚士に興味を持たれた方は是非、本校のオープンキャンパスにご参加下さい!

 

 

No コメントがあります。

Subscribes to this post comment rss or trackback url