日本福祉大学災害ボランティアセンター : 2011 : 8月 : 05

夏期ボランティアの全体研修会を実施しました

 84日(木)の6限に、萩の花といわてGINGANETの両プログラム参加者を対象に全体研修会を開催しました。7月下旬までに美浜・半田それぞれのキャンパスで説明会を行い、参加を決意、希望してくれた仲間の新しい出発点です。

 

 

 

 

 

 

 

 富田事務局長から夏のプログラムの趣旨説明があり、続いて原田副センター長による災害ボランティアの研修です。被災地の様子やボランティアの心構えをスライドで説明しながら、野尻先生も途中から合流。ボランティアの具体的なレクチャーはお二人の先生による対談形式で進められ、とても分かりやすく聞くことができました。

 

 

 

 

 

 

 活動への意欲と参加に対する意気込みが高まったところで、萩の花プロジェクト(宮城県)といわてGINGA-NETプロジェクト(岩手県)の二手に分かれて、班別の説明と自己紹介が始まりました。それぞれが出身地やニックネームを紹介しながらプロジェクト参加への決意なども話し、初顔合わせながら早くもあちこちで打ち解けた雰囲気になっていました。

 いずれのプロジェクトも、現地の状況が刻々と変化するため、具体的な活動内容も出発直前まで確定しない部分があります。今後は、それぞれのプロジェクトや班で打ち合わせや確認を重ねて、充実したボランティア活動に結び付けます。

 

 また、ボラセン本部の運営についても、スタッフを募集しながら拡充していきます。現在ボラセンでは、学内外の活動やプロジェクトの情報をボラセンにつなぐ役割の「企画班」と、ボラセンの取り組みをウェブサイトや新聞の発行を通じて発信する「広報班」のスタッフを募集中です。現地活動の大切さはもちろんのこと、それを支えるボラセン本部の役割も重要です。多くの仲間に出会えることを期待しています!